FC2ブログ

どの辺が21世紀的なんだ

デビルバスターRYOHEI!!について。
作者は綾瀬はやとで連載は進研ゼミ。
この漫画に関する記述がWEB上に一つたりとも存在しないからもっとマイナーだと思ってたけど、さっき調べたら1学年につき受講者30万人とか居るんですね。その辺のマイナー誌よりずっと多いんじゃないか。じゃあ知られてても全然不思議ないなー…。というか同年代には年がバレる。

なんだかこの漫画すごい好きだったんですよ。
単行本化なんてしないから切り取って保存してあるし、すごく気持ち悪いことを書いたファンレター3通ぐらい送ったし、人気投票送ったら100名限定の直筆サイン入りポストカード貰えたし。
これ。
デビバRYO
ティリエルの髪の色赤とかねーよ。連載時黒ベタだったのに…。
人気投票は応募総数書かれてないけど、6位までだけで数えたら計2747票ありました。天下のジャンプ連載の勇者学の人気投票の応募総数3043通と同レベルじゃないか。基本的に運無しの私がこの3~4%程度の当選確率を潜り抜けてたのは奇跡だ。
ナイトメアが1話ちょいしか出てきてないのにイケメンというだけでティリエル差し置いて2位だったとか懐かしいなー。女性人気の方が高かったんだきっと。

この漫画のストーリーの曲解含む要約は「本から美少女悪魔が出てきて同棲生活」です。学習誌掲載とは思えない。
そしてこの悪魔ティリエルが可愛い。主人公のパジャマ着たり、主人公のために謎の料理を作り出したり、クラスのアイドルのことしか頭に無い主人公に嫉妬したり、セーラー服着て学園祭に紛れ込んだり、色々破壊力抜群のイベントがいっぱい。
それでいて主人公亮平は一切ティリエルに対してムラムラしたりしないというのが重要なポイント。
私はこの、バトル漫画という体裁上萌えに対して完全には開き直ることが出来ない、という微妙にもどかしい展開に惹かれる傾向があるんだと思います。
これは一人の人間をオタにするのに十分な力を持っていました。いや読む前からオタでしたけど。

綾瀬先生は今でも進研ゼミで描いてるんだろうか。ウルジャンの綾瀬ハヤトって人は多分別人だと思う。
ゼミの漫画って、密かにしりあがり寿なんかも描いてて、そういう人のは単行本化されてたりするんですけど、一般には無名の人のも同様にすればそれなりに売れるんじゃないのかなー。ノスタルジィに浸れるとかで需要ある様な気がする。

こんなもんで史上初かもしれない綾瀬はやとファンブログ的活動終わり。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/11(土) 00:50:08|
  2. その他漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うんこ回線

よし、今日は一人寂しく酒を煽りながらうpろだラジオ聞くぞー。

基本的にラジオ聞くのは回線があまりに細過ぎて辛いので、ファッキンラジオ終了以降はあんまり聞けてなかったんですよ。
昨日あったらしいファッキンのロマンチカ凸ラジオとか、事前にどれに行くかわからないラジオはまず絶対に無理です。
毎週のコメンタリーラジオは事前告知あるので2時間前ぐらいに思い出せば準備できますが、それでもゲスト枠の存在の所為でぎりぎりです。2作品目行く前にゲスト枠教えてもらってそこから落とし始めて行けるか行けないか。落としてる間はラジオの方がバッファリまくりでものすごく聞き辛い。その上ゲスト枠が数十分前に知らされるかどうかはかなり気まぐれな節があるからそのときはもう…。
一ヶ月分まとめうpので聞けることは聞けるけど、チャット読めないと面白さ半減だし如何ともし難い。ちなみにこのあいだのまとめうpのは300MBぐらいまで6時間程かけて落としたところでダウンロード失敗してました。ファック!

普段ミリしら見るときも回線の影響を多大に受けていて、最近は専ら、見たいミリしらを落とし始める→30分ぐらいかけてご飯を作る→半分ぐらい落とせてる→ちょうど見ながら食べながらで全部落とせる、という形で視聴してます。
あとは4つぐらい見たいのをまとめて落とし始めてから、寝たり出かけたりで4時間以上放置して一気に見るということも。5つ以上落とそうとしたり、落としてる途中でネット使おうとすると途中で止まって全てが台無し。ぞおめは重い上にニコニコよりもこの途中で止まる確率が5割り増しぐらいになってるので更に困る。

とにかくこれ、見始めてから全然自分の想定してた方向性の作品じゃなくて肌に合わないと気付いたときのダメージがすごく大きいんです。
だから見る作品はどうしても自分が好きなミリしらーの作品か、米が大量についてる作品のような、安牌へと走りがちです。
要は私が新人の発掘をするのは厳しいものがあるので、そのあたりはミリしら視聴検定1級の人達に一任して、私は甘い汁だけを吸いたいということです。
みんな頑張れ!
  1. 2008/10/11(土) 21:36:01|
  2. 全般感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0