FC2ブログ

ドライブ感を現代的に乱高下させながらフォーマット

傍らでやっていた地獄少女とか禁書目録とかどうでも良くなる程に恐ろしく興味深くて戦慄。無数の才能という名の鈍器で殴打され続ける感じ。一生かかってもあの領域には到達できない様な気がする。酒を用意しなかったことが悔やまれる。
良い刺激になったし、向こう1ヶ月ぐらいの目標は目に見えてるから頑張ろう。創作意欲を向けるべき対象があるのは良いことだ。
スポンサーサイト



  1. 2008/11/23(日) 07:14:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

825

再出題からちょうど丸一日ぐらいで解かれた。今回は怒られなかったし個人的には理想的解答ペース。問題パクられたりして嬉しい。

解答
ムジナ・ムジナ・ムジナ・バ=アル・フェニックスアムル・マナ(→チャリオット)

1ラウンド
自分:空き地にバアル(60G+マナ生贄)設置
A:アーマースミス(無意味)orマナ使用
B:HW1を自分に使用
2ラウンド
自分スペルターン:チャリオット(50G)でバ=アルをシーフへ。フェニックスアムル使用でアイテム盗み発動。シーフ撃破&Aの手札に復帰。代償でムジナ破壊。
自分土地ターン:ムジナ(50G)召還。A手札6枚により(ST60+10/HP60)で先制に耐えリザードマン撃破。
A:エレメンタルラス使用
B:エレメンタルラス使用(バ=アルHP10・ムジナHP10)

解法
スペル1はどうせアーマースミスでタイガーローブにされること請け合いなので、生け贄用と割り切ってマナで確定。
このラウンドは設置しか出来ず、また次ラウンドで二つ奪わなければならないので次ドローもチャリオットで確定。(パウダーとテレキで可能性が無くはないが、先制60/70・アイテム盗み20/50をアイテム1枚で殺すとか不可能)
なんでここ不確定にしたんだろうね。混乱招くだけだ。
次に使用クリーチャーはエレラス2連という鬼畜攻撃が待っているので、対リザードマンは水or(先制)HP50以上、対シーフは地orHP50以上、もしくはスペルHP減少無効クリになる。
対リザードマンでノーアイテム撃破が出来るクリはカリブディス・べヒーモスがいるが、どちらも高コスト。使用するにはアイテム使用可能だがシーフを20Gで撃破しなければならない。チェンジソルブ(0G)を渡せばST30で事足りるのであとは地orHP50以上を満たせばいいが、該当はなく、恐らく最安値はピラーフレイム+チェンジソルブの30G。正直ここまで考えてなかったが、かなり絶妙な魔力設定だった。
対リザードマンでアイテム使用撃破可能でエレラスを耐えるクリの最安は恐らくバ=アルだが、この場合はシーフを50Gで撃破しなければならない。こちらの最安はバ=アル・サイクロプスなどで、しかしバ=アルは次戦アイテム持ち越し不可、サイクロプスは後手ダメでエレラス耐えられずでデスゲイズの70Gまで繰り上がって20G足りない。逆に考えて40Gアイテム有りでリザードマン撃破しようとしてもやはり無理。50Gならベルオブロウデコイが頭をよぎるがエレラス耐えられないし、ドッペルヌンチャクは僅か10Gだが変身で固定されたりしないからやっぱり無理。
次は有り余るクリ4枚を利用して、1戦目アイテム・2戦目援護を使用する方法。1戦目は最安30Gであることがわかっているので残り80G。ブラッドプリン+フードラムなんかは僅か50Gで撃破してエレラスに耐えられるように見えるが、これは枚数的に必ずどちらかがアーマースミスされる仕組みになっている。つまり同種カードによる援護を考えなければならないが、最も高ステで低コストなのはドラゴノイドの40G30/30。これは倒せはするがエレラスで死ぬ。やはり無理。
次に考えるのは戦闘中ST変化で、地属性には安いコアティがいる。しかし配置クリの獣がターンウォール喰らったかの如く壁一色なのでST上がらず。水にはムジナで、御誂え向きに敵カードはスペルだらけで戦闘中使用不可のため高STHPが期待できる。とはいえ敵ターンで使われると5枚になり足りない。そこで1戦目で無理矢理引かせる。色々回りくどいことをいってきたが、ここがこの問題の肝で、敵がシーフであることを利用してフェニックスアムルを押し付けて撃破して手札を無理矢理増やす。恐らく今回唯一の相手強制カード増加手段。ちょうどチャリオット(50)+バ=アル(60G)+フェニックスアムル(0G)+ムジナ(50G)でコスト的にも問題ない。

経緯
前回相手にリンカネ使う問題とか書いたけど、リンカネは使用者のみだった。相手にも使えるならドロースペルかつ相手手札破壊手段にもなる壊れカードだよね…。
それでもどうにかして相手にカードを引かせようとした結果がこの擬似アイテム押し付け。この場合戦闘→戦闘を1ターンで行う必要があるために、チャリオット使いつつ目的のマスに止まらねばならず、相手にHWを使ってもらわねばならなくなった。ちょっと問題が不自然で最善手をとらない形になったけどまあ仕方ない。あとチャリオットを直踏み戦闘感覚で投入したために配置制限無視や防御型侵略などのチャリオットのメリットを失念するというポカをやらかしてしまった。というかアンサモンで十分だとだいぶ経ってから思った。
最初はべヒーモスでしかシーフを倒せないから、2戦目に1枚しかないアイテムは持ち越せず、ノーアイテム50Gではムジナしか出せないというのをメインに据えて考えていた。他にリザードマンを倒せる素ST60はべヒーモスやカリブディスぐらいだが、これは第3者のチャリオット侵攻で防がれる仕組み。しかしべヒーモスのみに絞ったつもりが、パラディン・ドラゴン・終いには10G安いマントラップと別解でまくりでどうしようも無かった。
更に言えばターンオーバーリザードマンがバ=アルだったりガーゴイルだったりしたが、これは先制ST50でどうにかできる各属性強打クリ(Fジャイアント・Sジャイアント・ダークエルフ・エルフ)がFジャイアントしかいなかったので、出題前に水しかないことに気付けた。
本当はエレメンタルラス2連が初期型で、第3者チャリオットが改良型だった。でもエレラスじゃすぐ水しかないことに気付かれそうだったのでチャリオット型で行こうと決めた。実際にはエレラスぐらいでムジナに簡単に辿り着くような問題じゃなかったみたいだけど…。
あとはフードラム+チェンジソルブが安すぎて怖かったのでシーフにもターンオーバー掛けようとしてやめたりした。掛けたら更に別解ライオンメインが…地属性だから大丈夫か。

先制50/50で脅威の低コスト60Gかつ次戦にカード持ち越し不可のバ=アルは何気なく詰めカルドでの汎用性高いなー。実戦ではまったくお目にかからないが。

ムジナが解答に登場したりした時点でもうすぐ気付かれると思ったのになー。出題側と解答側の感覚の乖離を考慮して問題の難易度を設定するのはとても難しい。
  1. 2008/11/23(日) 20:28:33|
  2. カルドセプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0