FC2ブログ

ですそーす

あっという間にヴィシャスヴァイパーとようやくサドンデスソースを使い切ったので新しいのに手を出したレビュー。

・AFTER DEATH SAUCE(アフターデスソース・死後・アフデス)(38,500スコヴィル)
アフデス

使いまわし画像。空ける前から既に賞味期限過ぎてるけどまあ大丈夫だと思う。
サドンデスの下位互換と見せかけて、噂通りかなり味が良くなっている。
成分比較すると

アフデスの成分:赤ハバネロ・オレンジハバネロ・食酢(含む小麦)・カエインペッパー・にんにく・チポトレ・唐辛子エキス・ライム果汁・コリアンダー・ハーブ・香辛料
サドンデスの成分:赤ハバネロ・カエインペッパー・食酢(含む小麦)・大豆油・ペッパー樹脂・蜂蜜・ライム果汁・朝鮮人参・香辛料

大きく異なるのはおそらくにんにくと朝鮮人参の有無で、
アフデスはにんにくによって味に深みが備わっているのに対して
サドンデスの朝鮮人参は強い臭みと癖を生み出している。
あとサドンデスに比べて圧倒的にさらさらしていて使いやすい。ついドバドバとかかってしまうが、かなり辛さは控えめなので問題ない。


・Wanza's Wicked Temptation(ワンザの邪悪な誘惑)(?スコヴィル)
wanza.jpg

CaJohns製のソースはVicious Viper<Wanza's Wicked Temptation<Z -nothing beyond...<Black Mambaという辛さランクになっていて、WDSCでは下から250,000・2,000,000・4,000,000・?スコヴィルと表記されているが、これは明らかに間違っている。
ワンザとあの世の説明では原材料にこのスコヴィル値のものを使用しているとしか書かれていない。
マンバで100万行くか行かないかぐらいらしいので恐らく数十万スコヴィルレベルだろう。体感ではヴィシャスの25万もかなり怪しい。

今回買ったのはワンザ。本当はあの世を買うつもりだったけど売り切れてたのでこっち。
栄養ドリンクみたいなZよりワンザ嬢が睨みを利かせるこっちの方がネーミング的にもデザイン的にも好き。
まあどうせ使い切ったらもう一方を買うことになるんだから同じことだけど。

使ってみた感じは、ヴィシャスと全然変わらない。
辛さは上がっているはずだが同時に試して比較したり出来ないのでわからない。
成分比較すると

ワンザの成分:葡萄酒・ハバネロペッパー・カプサイシンの油・トマト・マスタード(葡萄酒・水・#1グレードのマスタードの種・塩・ターメリック・パプリカ・香辛料)・パパイヤ・グァバ・パイナップル・バナナ・水・砂糖・パッションフルーツジュース・グァバ果汁
ヴィシャスの成分:上記カプサイシンの油→唐辛子抽出液に変更したのみ

全く同じ…。
個人的にはこのフルーティーで甘辛いのが好きなのでそれはそれで良し。
カレーに一番合うと思う。


・ULTRA DEATH SAUCE(ウルトラデスソース・ウルデス)(1,170,000スコヴィル)
ultra.jpg

サドンデス系列の中で現在最辛。同社の更に辛いソースにはブレア氏の午前~シリーズがあるがそこまで行くと別物になってくる。

このソースはやたらと安い。
ミリオンスコヴィル越えかつ150mlでありながら2000円以下は単位スコヴィル辺り値段を考えると破格過ぎる。

味もまずまず良好。スコヴィル値がで勝ってる割に狂犬より辛くないような気がしないでもないが、味付狂犬として使用するのに申し分ないレベル。
成分は

レッドハバネロさや・ナーガジョロキア・カエインペッパー・ホワイトビネガー・自然唐辛子香辛料(大豆油含む)・トマトピューレ・ぴりぴり唐辛子・ライム果汁・塩・香辛料

で、強烈な辛さの中にトマトの香りが漂っており、タバスコと同様イタリアンに合いそう。

しかしながら欠点として粘性が異常という点が挙げられる。
常温保存したものを逆さまにして5分間放置しても落ちてくる気配すらなかったりする。ぶんぶん振り回すと突然ぼとっと全体が落ちてくる漢字。常時逆さにして保存すべきかもしれない。


これで現在使用中はマリーシャープス(中辛)・アフデス・ワンザ・ウルデス・狂犬でなかなか良い感じに役割分担できている。
消費ペース考えると次買うのは1年後ぐらいになりそうだなー。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/15(月) 03:34:50|
  2. 激辛料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2