FC2ブログ

忍☆忍40ミリ雑感

遂に4cmかー。
若干本編展開も交えた話も書きたいけどどの程度までならネタバレに当たらないのか…。とりあえず個人的裁量で大丈夫だと思う範囲は普通に書いてみる。ネタバレ全開は背景色で。

・殺し屋ブラザーズ
この二人の関係は奇特過ぎて素敵。かなり感情移入したのでシリアスにまとまった死亡描写には切なさを覚えた。
まずピンクの少年が倒れた二人を見て最初にとった行動が、主人公を斬るとかじゃなく、兄の血を観察する為に別の場所に運ぶというものだった意外。殺人は手段であり、飽くまでも目的は血を見るということらしい。特殊な性癖だなー。
ここでの片目に傷を付けた男の本気で生命の危機を感じてそれを訴えるもピンクの少年には伝わるべくもないというやり取りがすごい面白い。ただリアルにこんな状態になったらと思うと恐ろしい。今は消えてる動画がちょうどこんな雰囲気だった。
弟の血が見たいという欲求に対して兄が人を殺すならば正常な狂気(なんだそれ)として受け止められるけど、兄が自らの血を差し出すのは狂気に狂気が重なった理解不能な狂気だ。兄が弟を想う気持ちで量れるような事態じゃない。しかし血を見て喜んでる感じがなんだか映像に合ってるのが不思議だ。

・コレクション
この場面で主人公に敵対する人物といえば、ネクロフィリアの男が倒れてる以上、彼に付き従うコレクションしか存在しないと思う。でも本編的にはここでコレクションの男に当たる人が登場する必然性は皆無ではないけど薄めなんだ。別に他の人が来てもおかしくはなかったと思う。それを考えるとこの展開はちょっとした奇跡かなーと。
コレクションは暴走する必要はあったんだろうか。コレクション化された時点で尋常ではないんだから、ネクロフィリアの男と接触を図れない今、純粋にネクロフィリアの男の願望を叶える為に動けば自然この行動になるのではないか。私が何か見落としてるかも。
コレクション化の謎は忍術ということで少し解明され始めた。実際何も分からないに等しいけど忍術ならしかたないな。人はこれを現象に名前さえ付けば安心するの原理と呼ぶ。レベルEより。

・人質男
なんかこいつ主人公からどうでもいい認定受けてる割には設定が多い気がする。
wikiの登場人物紹介はできるだけ出来事の記述は避けてキャラの性質だけを書くような方向性を心掛けたり心掛けなかったりしてるんだけど、この所為で分量がメインキャラに迫る勢いに。これでいいのか。どういう人がどういう目的で読むものなのか分からない以上、どう書くのが正しいかなんてさっぱり分からないけどさー。

・流魂街一の全部自称だ!のトラウマ
ここでいきなり怒るのは順当な反応ではないから処理するのが難しそうだった。
人間嫌いの原因へと繋げたのは割と納得できる流れで巧い。今後この話が掘り下げられることになるに違いないからその時どう処理するかに全てが懸かってるとも言える。期待。
シリアスムードの中声を荒げて知らぬ存ぜぬを主張するななこがちょっと空気読めてない感じ。キャラ的には正しいけど、もうちょっと意気消沈モードが持続して欲しかったかなー。


あと2。
この程度書いて雑感とか感想のハードル高いな。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/11(日) 02:11:43|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0