FC2ブログ

ジェヴォーダンの獣やってた

シルバースキン!
スポンサーサイト



  1. 2009/02/21(土) 04:35:33|
  2. その他漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍60ミリ雑感

6cm!
なんだこの1日1ミリペースは。年内に追いつけるんじゃね?


・アメリカーン
セルフ感染しても眼鏡をかけた男が生きてたから自分の力でコレクション化阻止出来るというだけで嬉し泣きという病みっぷりを見せ付けた童顔の男を超える狂気は難しそう。自分から堕ちたという事実まで含めて個性なら有りかも知れないけど。
むしろ伸ばすべきはアメリカ人キャラなんじゃないかな。ハンバーガーには野菜が入ってるからヘルシーだぜ!とか言ってれば良いと思う。

・眼鏡をかけた男
一見衝撃の展開のように見せかけて、にやけた男の眼鏡の男殺害の目的はコレクション化にあったのだから、眼鏡の男のコレクションとしての復活は至極当然の流れである。完全催眠だから今までの全部嘘だよ!などという世迷い事を言い出した本編の何倍も筋が通っていると思う。奇跡的だ。ここは期待通りで良かった。
再登場から数分の間の本当に生き返ったのではないかと思わせるような演出も、狙って行われたかどうかは定かではないが見事。
欲を言えばネクロフィリアの男の弟が正気を取り戻してしまった所為で、コレクションの術が神龍並みに生命の価値を冒涜する存在と化しているのが問題ではあるけど、そこは信者思考によって全力で目を逸らしたい。いや、問題を解決する展開があると信じる。

・にやけた男
全ての女を恋人にするという主人公と、全ての人間をコレクション化するというにやけた男、の対比的な構図によって、非常に分かりやすい形で示される物語の大枠。恋愛思想バトルが基本となるこの世界において勝負は野望に懸ける想いの大きさで決するに違いない。しかし飽く迄も相手の意思を尊重する主人公に対し、殺害により相手の存在自体全否定するネクロフィリア思想は根本的な恋愛の否定に他ならず主人公に及ぶべくも無い…と思ったけど普通に昔ネクロフィリアの男&コレクションという全く同じ感じのコンビに負けてた。いや、今の成長した主人公なら勝てるよきっと!という感情論。

・白髪の男
きっともっと早く積極的な行動に出ていれば童顔の男を救えたかもしれないという自分自身に対する悔恨の念もあるのだろうと思う。すごい頑張ってて熱い。
でも折角羽生やしたりして新しいことやってたっぽいのにスルーされて可哀想。

・ネクロフィリアの男
主人公の気まぐれのおかげで労せずしてななこゲットかと思われたが、そうは問屋が卸さないとばかりに大ピンチの前門の虎後門の狼。やっぱり正々堂々と挑まないと駄目って事だね。教訓。

・死人に弔いをかける男とコクジーン
コレクション化した眼鏡をかけた男の再始動と連続殺人にいち早く駆けつけたのは、眼鏡をかけた男を直接弔っていて、人間の死に最も関わりが深いと思われる死人に弔いをかける男。
忍者学校の掟を犯して逃亡するネクロフィリアの男に一番に追いついたのは、執行部隊筆頭の雰囲気を醸し出しているコクジーン。
実際全くの偶然なんだけど、なんだか熱い符号。


これまでの展開の蓄積が一気に収束し、物語が急速にドライブ。
端的に言えば、とても面白かった。
ここから暫くも面白そうな映像展開が続くと思うたぶん。期待!
  1. 2009/02/21(土) 04:46:29|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0