FC2ブログ

うそだ……… ポケモンを……………知らないなどと……… ウソをつくなああああああーーーッ!!

最初はもうどうしようもなく出オチ臭が漂っているというか、タイトルと動画説明辺りでもうオチてるんじゃないかと思えてならなかった。
でも見たら意外と興味深い部分が多かった。

ミリしらにおいて知ってるのに知らない振りをするという行為は、最初に思いついた言葉を飲み込んだ上で、それを避けた発想で台詞を当てる事を意味すると思われる。この場合アフレコに一つ余計なステップが増えてしまい、その浪費時間分だけ展開を萎縮させる枷にしかならない。この動画は「知ってるだろ」「知ってたら出来ねえよ」という不毛な論争に対する答えのような気がする。とっくにこれは解決してるのか最近そんな人見ないけど。
ともかく、純粋にストーリーを見る限りは劣化忍☆忍に過ぎないわけだが、知らない振りをしていることをこちらが認識することで、更に上のメタレベルから動画を見ることが出来、そこに新たな付加価値が生まれる。
要はピカチュウが喋る直前に生まれる”間”の中に含まれるにこさんの葛藤を想像しながら見ると楽しい。

迷ったのは米付け。4月1日付けで米するなら乗るべきだろうと思った。問題はどういう形で乗れば面白くなるのか…。
一つ、忍☆忍1ミリの米を改変コピペしてそれっぽい雰囲気を作るというのを考えた。でも1日中に都合500米も書き込むのは労力的にも時間的にも不可能っぽかったので諦めた。というかこれ単に「いけてAGまでだろうなww」って言いたかっただけだ。
結局2日以降にエイプリルフールの外の視点に立つ形に妥協する。


細々とした部分について
・開始3分にして諦観
一番面白いところ。そりゃオリジナル口上とか思いつかないわ。
完璧に暗唱してるっぽい辺りに愛を感じる。
と思ったけど、私も無印のなら案外覚えてた。何十回と聞かされると自然に身に付いてしまうものなんだなー。

・鳴き声脊髄反射
人間がどんな事を喋るのかはある程度考えなければ分からないが、単純な鳴き声はすぐ想起されるので酷い事になっていた。とくに戦闘に入った後半15分辺りからは怒涛の本編鳴き声ラッシュ。

・名前
見終わってから気付いたけど、ムサシコジロウニャース以外誰一人として名前付いてない。
いや、猿とか蝙蝠とか鳥とかは名前なのか。

・全然アフレコ内容と関係ないけど
マンムーvsボスゴドラってボスゴドラに勝ち目無くないか…。種族値130のタイプ一致4倍弱点じしんはどう考えても確1だ。というかボスゴドラはどう使って良いのかすら分からない。
割とマンムーは優秀だったから育ててた。300匹ぐらい産んで
H:28 A:31B:30 C:28 D:30 S:14 ゆきがくれ いじっぱり 物攻252 物防16 特防240 じしん、こおりのつぶて、ゆきなだれ、のろい
だった。たぶんガブリアスを恐れていたんだと思う。大概の場合礫で先制確1は素晴らしい。防御系はHPに振るより硬くなるので特殊寄りで、フーディンのきあいだま2確調整。物理は積みでカバーする感じ。積む暇あるのか知らんけど。
…うん、何が言いたいかと言うと、ゲームのデータばかりが先行して、ポケモンを純粋な目で見るのが無理っぽいんだ。無印を見てるときも似たような事を考えてた気がする。イワークに電気技とかどう頑張ってもダメージ0だろ、とかさ。


ネタバレ全開可の感想って気遣わなくて良くて楽だ。
まあそんなこんなで、どんな作品も受け手の楽しみ方次第なんだなーということを再確認。
スポンサーサイト



  1. 2009/04/05(日) 02:18:21|
  2. 全般感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍91ミリ雑感

いっけええええええ


maru.png
大爆発って言った時点で「だいばくはつ」な予感はしたけどさ!
この研究が今後どういった形でストーリーに絡んでいくんだろうか…。

・主人公の覚醒
正義超人の結束力的な力に負けそうだった主人公、出番やらなんやらの雑念をかなぐり捨てて、ようやくななこへの想いを思い出す。そうだった、これが主人公の本来あるべき姿だよ。ただひたすらにななこへの愛に生きてくれるとこちらとしても嬉しい。いかにも主人公らしく主人公してる主人公は格好良いぜ!
そして真の愛の力に目覚める事で、なんか退化していた刀も再び進化。一定条件下でのみ発揮される能力だったらしい。真の愛があるなら虚偽の恋かなんかもあるんだろうきっと。カレー少女的に考えて。

・インテリ野郎の復活
ついに!主人公同様、ここまで誇らしげに告白されると圧倒されてしまう。みんな愛愛言い始めて、主人公勢にも活気が戻り始めた。
ただ、遅過ぎた。もう少し早く気付いてさえいれば、ワルワルの思いを受け止めてやれていれば、そもそもこの悲劇を避けられたのかも知れないという、悔恨の念も否めない。
ところでインテリ野郎はななこに対する想いとの狭間で揺れていたはずなんだけれど、この問題はどこへ行ってしまったんだ。主人公同様に一夫多妻制度的思考で両方好きだとするのか、ななこに対する想いは気の迷いだったとするのか。気になるところ。

・黒猫
酷薄な主人公勢によるインテリ野郎殺害計画も彼女の仲介あってなんとか終焉。やっぱり友情は存在しないけど物々しい雰囲気は解消。
一般的な正常が異常になるような狂気の世界の中にあって、こういうまともな行動が取れるキャラは一種の救いになる。思考プロセスの是非はともかくとして。
悪魔女の中のオーナー然り、忍者学校の中での白髪の男然り、主人公罵倒展開での巨人然り。



惰性バトル展開を切り抜けてやっと盛り上がってきた!
と思ったら何故かコーポレーションの方々はどっか行っちゃって肩透かし。もう決着つければいいじゃんねー。どこまで続くのか悪魔女編。
次回は忍者族がわんさかっぽい。
  1. 2009/04/05(日) 06:35:06|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0