FC2ブログ

カブトボーグ脊髄反射感想4

同。

第14話
・これを最終回と呼ばずしてなんと呼ぶのか。息つく暇も無い過去キャラ総出演での「俺を置いて先に行け」展開が熱い。バーローズとか石田母とか勝治祖父もちゃんとリュウセイらに手を貸したんだろうけどばっさり省略してしまうこの驚異的密度。
・悪の老舗団体って、なんともいえない言葉だ。
・ビッグバンとの血縁関係発覚に対するジョニーの良いリアクション→ふぅ。すごくいいひとに見えた。
・ビッグバンがなんか良く分からんけど良い感じのポーズで大見得切って対峙した癖に地上はくれてやると。何考えてんの。
・ケンの回想で1話作れるわ。
・その語尾でCMに入られても何の謎も漂わなくて困る。
・人数分あるわけじゃなかった肉まんの意味は図りかねる。冷めてもおいしい肉まんなんだろうか。
・リュウセイさん市長って呼んでるけど、あなたが辞任に追い込んだので米田元市長です。
・時計に関するやり取りが本気で無意味。
・ベネチアンパスタクラッシュって自爆技だったの?
・最上部まで完全に破壊された扉が次の瞬間には半分ぐらい修復されてた。
・セカイヲ…セカイヲスクッテクダサーイ
・同じわだちを踏むって言葉はないよね。前車のてつを踏むか前轍を踏むか。
・総帥の説明時の映像の意味が全く分からない。
・臨機応変。
・30分で114億(1秒に633万)のカブトボーグを用意するとか無茶じゃね?…と思ってたけど、ゴキボーグは一定環境下にて30分に1匹子供を生む性質を持つ、とかでこの疑問は解消される気がした。
・まさかの完。
・予告解決はほんとに斬新過ぎた。この十数秒に通常アニメ濃度の何倍の物語が詰まってるんだ。
・メインキャラ総登場過ぎてモブ女キャラいないので大川朝美涙目。

第15話
・ビッグバンのおかげで世界崩壊の危機は免れたので当然のように何の変哲も無い開始。
・ベアナックル佐久間・ブラックハット堤・ラブシックガイ伊部・小林重三・パーシバル福田・サリン原田とこんだけ訳の分からないネーミングのキャラを並べて何の意味も無いとか。
・特にシャングリラ小川にはかなり注目してたくせに捨てキャラだからね。
・悪の組織がVIP席の大会って大丈夫なのか。
・ジョニーザパワーバンドの修行。極寒でウォッカでハラショーでコサックというロシア観がマジで頭悪過ぎる。
・し野原しんのすけ。
・「見た目がやけに可愛いっ…!」って有り得ない今際の際の一言だ。
・ライバルが咬ませ犬はまあありがちかな。
・バブーじゃ必殺技かどうか分からないから不意打ちになって卑怯だとか、言ってる意味が全く分からないがそういうことらしい。
・レイニーデイエンドイットダーリングとシャイニーデイサドンリーシーユーアゲインのどう見ても昼ドラっぽい感じが母親の趣味丸出しで良い味出してる。
・リュウセイさんの精神攻撃が初めて公に言及された感じ。
・とても後にシンガーソングボーガーデビューする奴の歌とは思えない。
・バブーで必殺技が卑怯だけど子守唄は問題無いなんてどうかしている。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/09(土) 00:14:39|
  2. カブトボーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍99ミリ雑感

ついにつくもミリかー。


・オーナー
相変わらずとても心優しいとは思えない行動取りまくりで、言い訳に悪戦苦闘する感じが面白い。
協力者の仮想空間住民をトルネードで吹き飛ばす→「餃子は置いてきた。ハッキリ言って(ry」
木の棒をぶっ壊してせっかく持ち上げた地面を戻す→強度確認
宇宙から落ちて来て忍者学校壊滅させる作戦→痛みを感じる間もなく殺してやれる
もうちょっとやり方ってものがあるだろうと。

・さちこ
女が増えるとそれに群がる男も増えて、つまり恋愛も増えるから、性転換は阻止したいらしい…。ルコンは恋愛をしないという前提が無いと成り立たない理論なんだけど、一体どこからルコンに対するそんな信頼感を得たんだ。
そして世界全体から見て約30億分の1というあまりに些細な効果の為にルコンの監視はいつまで続けるつもりなんだろう。完全無視するか一生涯付き添うかの二択なんじゃないかと思う。
そもそもぶっちゃけルコン(女)に群がるのは寛大過ぎるストライクゾーンを持った主人公しか居ないと思うんだ…。うん、さちこはさっさと主人公を殺すべきだ。

・みんなの居場所
懇切丁寧にどこにいるか説明してくれてるけど、見た目じゃ分からないとかややこし過ぎる…。見事に勘違いしてたよ。
一応間違ってるかもしれないまとめ。

仮想空間

主人公サイド
主人公・巨人・インテリ野郎・ネクロフィリアの男・セイヨウ・ウサ丸・緑太郎・チャラい男・派遣された多数の忍者族←(地面)→さちこ・ルコン・流魂街住民・片目に傷を付けた男・ピンクの少年・モミアーゲ

悪魔女サイド
オーナー・ゴリラ・シャベルー(カタメーと一緒に居たから移動したかも)

忍者学校

忍者族サイド
校長先生・髪のはねた男・死者に弔いをかける男・ネクロフィリアの男の弟・狼男・ピンクのおっさん・白髪の男(一瞬で仮想空間から移動)・変な顔の男・女みたいな男

悪魔女サイド
カタメー・ジジイ(オーナーと一緒に居たけどいつの間にか変な顔の男と同じ場所に)


こんな感じかな。
この先辻妻合わせられるのかすっげー不安。

・髪のはねた男
この男はキャラが増えると密度が薄まって話が面白くなくなるのが嫌なんじゃなかったっけ。既存キャラが個性を深めたのに怒るというのは何かがおかしい。とにかくキャラを減らしたくて仕方ないという欲にのみ従っているような。手段が目的と化しているというか。様々なキャラから恐れられるのも仕方ない。


確かにgdgdで全然何が起こってるのか分からなかったけれど、それはそれとして面白かった。
さて、100ミリでは一体何が起こるのか…・。
  1. 2009/05/09(土) 02:36:54|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0