FC2ブログ

新人ミリしらーの事を2ミリ

今焼きたて!!ジャぱんをキッズが放送してて、そのテレビ欄の紹介見たら「週刊少年サンデーで好評連載中、橋口たかし原作…」って書いてあった。嘘乙。
まあそれは関係ないけど、この間このアニメのミリしらがうpされてた気がするのに、今探したら見つからないのはやっぱり瞬獄殺されてるからなんだろうか。確かガンダムがいっぱい出てたし。
あとイナズマイレブンとかも同様。知ってる作品のが上がってたら見たいけど最近あんまり出会えないなー…。削除避けの所為で気付けないのも含めて。



ほたるこ

前々からぽつぽつ話題に出てるから興味はあったけど視聴には至ってなかったからこの機会に見れて良かったさん。

・ウテナ
全体的に演劇でも見ているかのようにすごく芝居がかったアフレコ。なんでこう女性には演技力チートが多いんだろうね。内容的にも、当然のように行われる人身販売に立ち向かう少女という構図が首尾一貫して分かりやすく、演技力と合わせて普通にアニメを見てるような気持ちになった。
うろ覚えということで若干ミリしり的な要素もあるので、本編知ってる方が楽しめるような気がする。私はたまたま中途半端にどっかの1話だけ見たのと、EDが意味不明ぐらいしか知らないから、コメントの雰囲気と合わせて置いてけぼりを食らった感。視聴継続すれば話が外れていってこの感じは解消されそうではある。
ウテナは同性愛者でもなければ女性らしい長髪も維持しているのに男装趣味ってどういうことなんだろう。常識に対する反抗とかそういう類の主張なのかな。中二病だから記憶喪失設定にしてたらほんとに思い出せなくなったのには自己暗示力の激しさを感じる。
あとはラピュタに対する印象がおかしかったりとか。及川光弘とか覗き山覗き男とか魅力的な予感のするキャラも多く、以降にも期待が持てる。


じゃこ

ほんとにミリしら。

・伯爵と妖精
なんかすっげーほたるこさんに声似てるなー。と思っていたら投稿者がほたるこさんだった。何を言ってるのかわからねーと思うが(ry

拍車区とか
こっちだよ…ね…?
終始低めのテンションというか、ものすごくおっとりした雰囲気で、状況にアフレコが付いて行っておらず、あんまり物語は進行していない気がするが、やたらと設定付けはしっかり為されていくし、細かい部分のネタは面白い。起承転結の起としては申し分無い出来なので次ミリ以降の安心感は大きい。
ミステリ展開(?)で主人公山田(女)と言うとどうもTRICKが思い浮かぶ。影響あるんだろうか。少女漫画的セオリーに流されずに、常に展開に対して疑問を呈し続ける姿勢は探偵らしい部分。実際には詐欺師紛いの事しかしてないとしても。G氏のハルヒでも思ったけど、ツンデレが自分で「ツン!」と言うのは可愛いかもしれない。
ピーターと関係ないのに名前被ってる人と、ピーターの兄弟なのに名前被ってない人の、人型どこでもドア能力って何だろう。道具なんだから人をワープさせるべきなのに、どこでもドア自体がワープしてたらそれは単なる瞬間移動能力者なのでは。
ちょいちょい挟まれる「へい!」という掛け声の意図するところが謎。「美形!」「探偵!」とかでライミングしてるのか。


美術館(いかさん)

今までよくわかってなかったけど
美術館=いかさん=亜種スレ426=ikakas.exe=割と忍☆忍見てる人
でいいのかな。
モロさん的な癒し系。低声がたまにロリコムっぽい気がする。

・チーズスイート・ホーム
私はこのミリしらが嫌いだ。
私は猫が嫌いだ。
そんな戯言は良いとして、各話最後に死ぬ天丼が安定して面白い。やっぱりこの猫は1000000話で二度と生き返らなくなるのかな。何の因果か灰色のトラ猫だし。1000000話つったら1秒も休まずアフレコしても6年弱掛かるけど。
短い中でもちゃんとキャラが立ってる。特にほのぼのしてると見せかけてお母さんの残虐振りが怖い。
あとOPを歌おうとしても、いつも中途半端な感じにしかならないという3分アニメならではの現象とか。どうやったら3話が攻殻であることに気付けるのか。


かんなぎ組

ラジオをまさに老害死ねラジオたらしめていたあせさんとせてつさん。あのパフォーマンスは中々真似出来ないよ素晴らしい。

・かんなぎ
こ(ry
チームリミット以来の奇跡的な連帯感が生み出す笑いはとんでもなく良質。
しかし如何せんちゃんと1話分丸ごとのうpで無いのが気になる。何でも面白くない部分をカットしているらしいが、だとすればカット部分のストーリーは彼らだけが知っていてコメント人間には伝わっていないという状態な訳で、その部分を把握しないままに見続けるには些か気持ち悪さが拭えない。
どうも私は作品を途中からとかで享受するのは苦手なんだ。というか大半の人はそうなんじゃないのかな。出来ればノーカット版がうpされる事を希望する。


ゆっくり和江

第11回ファッキンラジオを思い出して懐かしい気持ちになった。

・ミリメイク外伝 すごいよ!!和江さん
特筆すべきは2,3オクターヴ差はありそうな声の使い分け。敵キャラの台詞の時の低音には、女声の域を超えた類稀なる天性の声帯というものを感じさせる。低音を訓練で伸ばすのは難しいらしいし。多分イントネーションの問題でちょっと聞き取り辛い部分が多々あるから、その辺が改善されればもっと良くなると思う。
内容としては、疾走感のあるアフレコだが、映像展開が速過ぎる所為か、序盤の割と面白そうな設定があまりそれが生かされていないのが勿体無い。もうちょっと落ち着きが欲しいところ。
あとどうしても巨大虚に反応して親近感を覚えてしまうけど、あれは大きさ的には通常虚だし、見た目的には大虚に近いと思う。




これでやっと半分。続きはそのうち。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/11(月) 00:39:21|
  2. 全般感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0