FC2ブログ

マクロスF脊髄反射感想7(完)

あれ?25話しかなかった。

第24話
・前々からだけどグレイスの顔芸が演技も相俟って恐ろしいことになってる。
・最終的にロボット戦闘にランカvsシェリルの歌唱力対決みたいな構図を重ねるのが見事。でもどうしても巨大ランカの周りで戦ってるのには吹いてしまう。このとき歌ってた曲は遠い昔にタイトルだけ聞いた事あった。
・そりゃあんだけあからさまに死亡フラグ立てちゃったらアルトだって空気読んで死なざるを得ないだろうと。何考えてんだシェリルは。どんだけ殺したいんだよ。でもあからさま過ぎたのと明確な死亡描写じゃないのとで生きてる可能性の方が高そう。

第25話
・あんまり状況把握してないまま最終回。宇宙征服したいグレイスと、大統領になりたくてグレイスと手を組んでたけど用済みだから消そうとした三島と、二人の真相を知って離反してたマクロスクォーターと、勘違いして人間襲ってただけで共存可能なバジュラと…そんな感じの理解で良いのかな。三島の最終目的が悪に徹していない所為で、この場面での告発に必然性が感じられなくて燃え切れない部分がある。とりあえず標的はグレイスにシフトして、こいつさえ倒せば状態。
・主人公生きてたわ、ランカは正気を取り戻すわ、シェリルの病気はランカが完治させるわ、ブレラはたまたま支配から解き放たれるわ、ナナセの意識復活するわ、バジュラは味方化するわ、人類が新たな居住地手にするわ、ミシェルの意志も取り出して諸悪の根源も絶つわ…たった1話でなんかもう全部解決したよ。これ以上無いくらい清々しくハッピーエンド。
・と思いきや三角関係だけ投げっ放しエンド。主人公の問題に限って未解決ってそれでいいのか!


総括
やっぱり漫画原作のアニメとかと違い、アニメの為のアニメというものは確実に各回に見せ場が用意されていて、安心感がある。とりわけこの作品は映像と音楽の二方向からかなりの高クオリティを誇る演出を見せてくれて、それだけで十二分に楽しめた。
ストーリー的には、前作までを知ってる方がより楽しめるんじゃないかと感じさせる部分がちょくちょくあったり、主人公があんまり成長してないような気がしたり、最後詰め過ぎなような気がしたり、多少不満も残るが、そんなに気にならないぐらい。
ノーザンクロスとトライアングラーに加えて新たにアイモと真空のダイアモンドクレバスとトライアングラー (fight on stage)とWhat 'bout my star?とインフィニティ辺りが好きになった。歌いたい。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/20(水) 04:54:39|
  2. マクロスF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2