FC2ブログ

今週のアニメ感想42

DARKER THAN BLACK -流星の双子-
第6話 香りは甘く、心は苦く…

早くもなのかようやくなのかわからんけど、銀復活!

・蘇芳
数話前では考えられないぐらいにお互いがお互いを尊重する共同生活になっている。夫ぅ婦か!
初めて黒に名前呼ばれたことを意識するとか、えらい少女漫画的思考を始めてるし、ラストの電柱キックはやっぱり三角関係勃発と見ていいんだろうか。

・黒
しかし当の黒は昔の彼女の事を未練たらしく引き摺ってるわけで……。ほんと、マダムオレイユの言うとおり、殺すとか言ってたくせにこのヘタレ振りと言ったら無い。どんだけ大事なんだよ。
という1.5期のCMで思ったよりずっと進んだ関係を見せ付けてることにビックリした感想。

・銀
お母さんは銀が殺したって事で良いんだろうか。観測霊に殺傷能力なんて無かった筈なのに、水を操る契約者を水で殺す程の力があるって事は、ここ数年の間に能力変化したのか。

・鎮目
良い感じにアホキャラだなー。ドライブモードに変形してそのまま追いかければ良かったのに。
あと知れ渡ったら知れ渡ったでギャグチックになる一般市民視点での契約者の扱いも良し。こんな変態だらけでぶっ壊れた世界にあっちゃ、現実から目を背けたくもなるよ。

・ノリオ
蘇芳にベタ惚れしている中で蘇芳が母親を殺したと言う疑いがどのような心境の変化を齎すのかといったところ。今後の行動如何ではもう1段階上のキャラに化けそう。
お父さんのドライなようでいて深い理解を愛情を含んだ態度は一瞬格好良かった。


なんだこの恋愛アニメ……。



戦う司書
第7話 笑顔と仮面と死にたがりの男

読書によって過去回想を簡単に挿入出来るから時系列把握が大変だ。画面上下部がぼやけるのは救いだけど、回想の中で更に読書とかやめて。

・笑顔
感情の無い人間を通して人生の意味を問うってのが初回からの一貫したテーマっぽい。
前回のエピソードで恋人を殺された人と言い、今回のノロティと言い、ちょっとクサい事を言う人が多過ぎるかもしれない。もうちょっとダークでダーティなバランスに寄っている方が個人的には好み。

・死にたがりの男
絶対防御能力どころか受けた傷を自動回復出来るらしい。どっちかだけでも十分不死身なのに二重に不死身。
そして殺人に走ってしまうのを止められないのが自殺願望の原因か。罪を背負っている上、今後殺戮を犯す可能性があるとなれば確かに死ぬしかない。
更には多種多様の魔法を操る怪物=エンリケ=ザトーだったりもするらしい。どんだけハイスペックなんだよこいつは。
しかしエンリケとザトーじゃ骨格やらトレードマーク(?)の頬のナルト線の有無やら、時は顔つきを変えるってレベルじゃない。前回の髪の毛の伏線関連で、怪物のエンリケを殺したせいでエンリケに精神を乗っ取られかけてるって感じかな。

・仮面
完全に間違った笑顔で以って怪物の完成系の誕生。あまりにもポジティブで性善説シンキングなノロティが覚醒を後押しした形に見えて仕方ない。


サブタイ流用が書きやすいかと思ったが別にそんな事は無かったぜ!


BLEACH
[今週のアニメ感想42]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2009/11/14(土) 18:31:37|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0