FC2ブログ

先週と今週のアニメ感想45

遅れまくったからいっそまとめて。



DARKER THAN BLACK-流星の双子-

第9話 出会いはある日突然に…

この二人の事だからギャグ回かと思ったらそうでもなく、重要ポイントが詰まってた回。
銀と紫苑が出会うと大変な事になるとか何とかは完全に出会うフラグ。

これなんとなく1期同様2クールアニメだと思ってたけど、1クールだったのか。そりゃギャグとか悠長にやってる暇ないよな……。
スピード展開が熱いからちょうどいいと思う。

・黒
大食らいだけじゃなく、髪切って髭剃って、見た目も完全復活。そしてその姿が初出になるシーンと霧原との邂逅を重ねる演出も上手い。
やってる事はただの誘拐だけど。

・腐女子
普通にいい奴だった。
もうちょっと自己利益追求して動くようなキャラだった気がしたけど気の所為か。

・葉月
合理性合理性言いながら、結局家族問題で動揺しまくって本来の実力を発揮出来ずに秒殺される契約者。
もう契約者は全体的に普通の人間と同じって事でいいよ。

そしてラストで急展開。
一瞬東京マグニチュードを思い出した。黒、あのね…で消滅。
単に母親が死んだと思い込まされてるだけという可能性を考えると衝撃を受けるのはまだ早いんだけど、こんだけ大々的に引きとして扱われている以上そんな生易しい展開であるはずも無く……。



第10話 偽りの街角に君の微笑みを…


・黒&蘇芳
今の蘇芳は紫苑の能力によって生まれた蘇芳コピーというきっつい展開。
でも黒が良いこと言った。第一話からずっと不幸続きの蘇芳だけど、黒がいる限りは精神的な問題の解決に関しては安心感がある。当の黒が銀に夢中なのは置いといて。

なんで蘇芳が撃ってない事に気付かなかったんだろうと思ってたけど、蘇芳の撃ってないという主張を信じなかった事によって蘇芳が受けたショックから黒に抱く微妙な感情に気付く、という展開に必要な部分だったのか。
ここまで恋心が前面に押し出されるとは思ってなかった。

・猫
1期で出て来なかった人間形態猫がさらっと登場した。足首だけで人間を見分けるとか、なんというフェチシズム。
それにしても前回の腐女子との再開と言い、猫の人間関係には偶然が重なり過ぎだ。契約者は引かれ合うというやつか。いや、相手契約者違うし。

・葉月&曜子
また容赦の無い展開による犠牲者が……。流石に黒が曜子を殺してるわけがないが、これはそう勘違いせざるを得ない。
葉月は曜子に相当執着していたようだし、復讐心が生み出す力によってとんでもない強敵として黒の前に立ちはだかりそう。普通に人間だ。


ラストは月が出た。偽りの空には月は無いんだっけ。
銀の動向が気になるところ。



戦う司書
第10話 変人と母親と黒蟻の巣

多人数能力者バトル!

・ハミュッツ
ミレポックの合図と共に一気に駆け出す場面が熱い。
ただでさえ最強なのに因果抹消攻撃までてにしたらもう手が付けられない感じ。

・モッカニア
ハーヴェスト的に蟻を使役する能力。こういう数の暴力って意外と並の能力じゃどうにもならない強さがあるよね。
不意の反乱と言っても、そもそも信用されてるという描写が無かったから意外性に欠けるという所はある。

・イレイア
ザ・ワールド的時間停止能力。自身を時間停止で絶対不可侵領域形成したりとか。
おばあちゃんにほぼ最強能力備わってるとか燃える。それでいて老齢ゆえの体力不足を弱点としてバランスを取ってる。体力無いと言っても完全に常人レベルは超えてるけど。

・フィーキー
オアシス。
でもあんまりいいところを見せられないまま死んでしまった(´・ω・)
何者かに唆されての反乱という司書側の認識と事実の相違が作戦失敗を齎すのが面白い。


若干中だるみの感があったけど、この展開は文句なしに面白い。
こういうのって相当書くのが難しいと思う。



第11話 弱者と迷宮と女王の指し手


故人と全く同じ記憶を植えつけた他人は、もはや故人そのものなのではないか、いうDTBに似た問題にぶち当たっている。

結局さほど意外性のあるオチはなかったし、やっぱり感情論で決着しすぎてる気がするな。主人公があんなんなのに、この作品の目指す着地点はそこでいいのかと、違和感を覚えてしまう。そういうものなのかね。

次回はハミュッツの過去話という事で良いんだろうか……。あまりにも雰囲気違いすぎて全然関係無い別の人といわれても驚かないわ。



BLEACH
[先週と今週のアニメ感想45]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2009/12/12(土) 04:51:23|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大会後記その11

一体どこまで行くのだろう……


2+vsしほね




マンムーvsビーダル
威張り済みのマンムー礫はゲンガーシャドボに性格補正が付いた先制技と考えると恐ろしい。
耐久ビーダル→マンムーは滝登り乱数2だから、ビーダルはステロ滝登りで半分程度削って死ぬのが限界か。タイプ的にはビーダル優位なはずなんだけどね。
次手は死に出しから地震無効ムウマージ鬼火守るでギリギリマンムーは倒せたはず。プラさんにはユキメノコサンダースと抜ける奴が揃ってたから、そこから即痛み分けは無理だったろうけど。


活躍しなかったポケモンが可哀想だから、VIPERが威張らなかった場合のその後の展開予想してみる。

サンダースvsムウマージ
サンダース:10万V
ムウマージ:死亡

サンダースvsグライオン
サンダース:ギャラドスに交換
グライオン:地震ミス

ギャラドスvsグライオン
ギャラドス:竜の舞
グライオン:とんぼ返り→ミカルゲ

ギャラドスvsミカルゲ
ギャラドス:滝登りダメ60%前後
ミカルゲ:催眠術ギャラドス眠り→シャドボ25%程度ダメで起きる前に倒しきれず

ギャラドスvsエテボース
エテボース:猫だまし
ギャラドス:死亡

ユキメノコvsエテボース
エテボース:しっぺ返し50%程度ダメ*2
ユキメノコ:冷凍ビーム60%程度ダメ→死亡(引っ込めたらステロにより2度と出て来れない)

ドラピオンvsエテボース
エテボース:とんぼ返り→グライオン
ドラピオン:辻斬り30%程度ダメ

ドラピオンvsグライオン(同速だけど多分陽気ASvs意地っ張りHA)
ドラピオン:氷の牙
グライオン:死亡(予想外)

ドラピオンvsピクシー
ドラピオン:辻斬り40%程度ダメ*2→死亡
ピクシー:空元気30%ダメ→毒発動→2倍空元気60%ダメ

サーナイトvsピクシー
サーナイト:サイコキネシス
ピクシー:死亡

で残り2体プラさん勝利ってところかな。
ムウマージにサンダースorユキメノコ、エテボースにユキメノコorサーナイトorドラピオン、ドラピオンにダブルアタックorトンボ辺りが判断分かれそうだけど、多分全体的な火力の差でプラさん有利は変わらないと思う。
  1. 2009/12/12(土) 06:32:30|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0