FC2ブログ

大会後記その12

関係ないけど2kgぐらい作ったはずの白玉ぜんざいが1日で消滅した。


巻き雲vs仮称



ジーランス無双動画。目立たないポケモンだけど無反動一致諸刃強いよね!


フライゴンがスターミーを抜いてるのはスカーフのせい。
最速スカーフフライゴンとか思いっきり技構成の利点を潰してるけど、他に持たせるものなかったんだもの。
まあ一応色々抜けるから弱くはない。


ハッサムは特防特化で特殊に対してそこそこ硬く、ハイドロや珠を持たない火力不足スターミーなら積める可能性がある。
ここで命運を分けてるのは初手10万V。
波乗り連打→積みの甲斐なくハッサム死亡が中乱数
交換リザードン→高速のみで妥協して先制バトンで大文字を軽減したところからジーランス無双開始するも、次の襷ムウマージ10万Vでストップ
で、まだだいぶ希望がある。

タイプ優秀とは言え、素の耐久が微妙な所為で等倍高火力には押し切られるし、炎が来たらすぐ逃げなきゃいけないから、高速剣の舞までバトンするのは意外と難しいんだ。
ハッサムは1回積んでもまだそのまま攻めてくるかバトンするかが読めないという事を活かし、そのまま倒しきれるんじゃないかと判断された所をオボンでぎりぎり耐えてバトン、が上手く嵌らないと多分ジーランス6タテは無理。
先に炎を潰した上で特殊超霊悪氷あたりに当てて積むのが理想なんだろうなー。



ちなみにvs2+さんでのパーティがフライゴン/ドラピオン/フワライド/ハッサム/ジーランス/エンペルトだった場合勝てていたのかどうかについて。

マンムーに対してドラピオン→フライゴン→で、ハッサム礫受け降臨。
しかし防御に振ってない所為で、そこからマンムー地震に2発耐えるのが中乱数の上、次手礫で安定死。
仮にマンムー3手目が地震だったとしても、先制バトン際にジーランスが地震で受けるダメージは防御個体値が糞ってるおかげで90%超となり、やはりステロ込みで安定死。防御Vだったとしても次手の礫で安定死。
バレパンorアイアンヘッド警戒で逃げてくれればいいけど、残り控え的にハッサムへの有効打が無いから居座りの可能性が高い。

要はハッサム以外全員地面or氷が弱点の為、マンムーが出た時点で\(^o^)/状態だったりする。マタドガスミロカロスなら余裕で後出し可能だったけど、ドラピオンとは状態異常競合で入れ辛いと言う問題があったし、気合玉ゲンガーがいたとしても命中と乱数絡みで五分五分と言ったところ。
マンムーへの対抗手段となったカポエラー様様です。
スポンサーサイト



  1. 2009/12/13(日) 22:53:16|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍142,143,144ミリ雑感

これもう先週か……。
もたもたしてたら置いてけぼりを食らってしまう。



・主人公
実際主人公は口だけで手は出してないんだから、主人公の誠実さに関する評価はホモ共の方が正しいと思う。軽い奴だなーとは思われるかも知れんけど、ここまで忌み嫌われてる状況は一種の異常だ。
孤立無援じゃなくちゃんと理解者いてよかったね。主にななことか。

・ななこ
ほんとにななこは主人公に対して過保護だ。密かに看病してた事を全然隠しきれてないし。
そんなこんなで良い感じに同棲生活を送っていたのに、またどっか行ってしまったななこ。遠出する時はちゃんと理由を言ってからにして欲しいものだよ。

・インテリ野郎
何の前触れも無く復活しちゃった! 本編的には撃ち抜かれた時点で問題解決してるから至極当然の流れなんだけどね……。d(*´∀`)b うそですって解決は残念感があるから、もうちょっと無理矢理にでも現実空間で起こり得る範囲内に収めて欲しかったかなー。
新たな武器は弓じゃなくて槍だ!→この槍は弓としても使えるぞ!
という流れは面白かった。槍である意味が皆無!
魂を切り裂くものでも同じ事が起こりそうな予感。

・さちこ
何の前触れも無くいきなり敵アジトに堂々と潜入とか、急展開にも程がある。何考えてんだ。
どう見てもサカゲーに対してゴールデン米使用してるようにしか見えないし、さちこの問題児振りは加速する一方……。
実際は自然治癒だったみたいだけどね。主人公にしてもそうだけど、この世界の自己修復能力高すぎる。

・ネクロフィリアの男
ポケモン世界との関連性がえらい密接だ。そりゃ例の二人が度々登場するのも当然の話かもしれない。

・に組の団長
こいつの最低さ加減は毎回安定してるなー。に組の団長殺害に関していつも皆の心が一つになるから必要悪なんじゃないかとすら思える。
ゴールドエクスペリエンスレクイエムが如く永遠に死の苦しみを味わわせ続けるのは妥当だとしても、忍法蘇生の術はちょっとまずい。ネクロフィリアの術以上にドラゴンボールで生き返らせればおk状態になるし……。
一応殺した相手を蘇生するって説明だったから、個人的には校長が直接殺害した相手のみ蘇生可能と解釈してる。

・花子
さちこが居なくなったとなれば、最も変態として名高い主人公に疑いの目が向けられるのは至極当然の流れだ。
さちこを無視してどっか行った事を度外視すれば、このシーンのシリアスは鬼気迫る感じでなかなかよかった。

・オカマ子
キャラの立て方や演技に気合が入ってたことからして、相当重要キャラだったはずなのにあっさり……(´・ω・`)
仮面の軍勢がほんとに組織として立ち行くのかどうかが心配になってくるわ。



そして144ミリからは修行展開へ……。
なんというか、忍者学校へ乗り込んだ時の轍を踏んでる気がしてならないんだけれど、本当にこれで良いのか!
ミリしら的には問題ないんだろうな。うん。



ついで
実写15ミリ
ななこ……ノリノリでセクシーダンスしてた癖に恥ずかしいってどういう事だ。何を目的として踊ったのか厳しく追及する必要があるな。
というか思いっきり男が混じってるのがとても気持ち悪い。

実写16ミリ
無礼講だから生き返っても良いという論理展開が狂気的だった。
フィナーレの曲が良い感じにフィナーレしてた。

バックステージと初回特典は、サムネとタイトルから予想し得る通り舞台裏インタビューとかっぽい。
多分髪型が素の状態だと誰が誰なのかがまず分からないだろうから、これを忍☆忍のアフレコ動画にする事すら難しいと思う。
普通に第1幕に移行でいいんじゃないのかな。
どうしても苦行を歩みたいと言うのなら止めないけど……。
  1. 2009/12/13(日) 23:38:44|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0