FC2ブログ

忘年会

ポケモンバトルした。
相手はダイパはやってたけどここ一年ポケモン触ってない友人。


私のPT
ドラピオン@黒いヘドロ
フライゴン@拘りスカーフ
マンムー@達人の帯
カポエラー@食べ残し
ゲンガー@命の珠
エンペルト@ラムのみ

ダイパとのワイヤレス通信ではフラットバトル出来ないからLV51のポリゴンZとLV78のジーランス封印され、エース不在の厳しい状況。
仕方ないのでマンムーゲンガーエンペルトと決定力高めのポケモンでカバーする。


バトル詳細
バトルビデオ録りたかったのに、A押した瞬間にはい・いいえの表示が出て録れなかったから記憶頼り。この録り逃しやすい仕様どうにかして欲しい。


ドラピオンvsエアームド
とりあえず6on6というとこうなりがちだよね。
毒びしとステルスロックを撒き合い、更にエアームドが撒きびし撒いてる間に吹き飛ばす。

ドラピオンvsガブリアス
ここまでガチとは思ってなかった。
しかし多分地震が来るし、幸いにもふりゃがスカーフだったので、これはガブリをふりゃで倒す千載一遇のチャンスだと思い、交換。地震スカし成功。

フライゴンvsガブリアス
ガブリは最速スカーフじゃなかったので流星群が先制で入る!
しかし……
外れた……
当たってれば毒ダメージ込みで確実に倒せてたのに! 悔しい!
逆鱗で返り討ち。

マンムーvsガブリアス
エンペで逆鱗は受け切れそうにないので、逆鱗で交換不可のところに氷の礫一撃に賭ける。
ヤチェが発動したからダメかと思ったが、何故か撃破。

マンムーvsエアームド
とりあえずステルスロック。
そしてカポに交換してもそのターンにすぐ吹き飛ばされそうだったから雪雪崩撃ってみた。しかし等倍威力60物理は流石に殆ど通らない。
結局カポへ交換する機を失ったままどんどん撒きびしを蓄積された上で吹き飛ばされ、ゲンガー出現。

ゲンガーvsエアームド
こっちが10万V持ちかどうかは確定じゃないから、交換読みは必要ないだろうとそのまま10万V。撃破。

ゲンガーvsギャラドス
このギャラドスはミスっぽい。
ソクノだから通常の状況なら不一致10万には耐えて無双出来なくもないんだけど、今は命の珠とステロがあるからソクノだろうと積まれる前に普通に撃破。

ゲンガーvsメタグロス
なんかもうガチガチ。
先制思念の頭突きでゲンガー死亡した。スカーフ確認。
普通に考えて次はエンペになる。
しかし、ここで私がスカーフなのに思念以外(地震米パン)が飛んでくる事を想定するという意味不明の思考に走り、勝手に絶望していた。そんなどうしようもない状況有り得ない。

マンムーvsメタグロス
コメットパンチが外れることを祈って地震しかないと思った。
しかしそれ以前にステロと撒きびし*3でHP半減するから普通に思念の頭突きで死ぬ。

カポエラーvsメタグロス
スカーフ思念メタグロスに威嚇カポエラーとか犬死ににも程がある。
……と思ってたら、なんと威嚇が通った。がんじょうだったらしい。メタグロスの特性って二つあったのか……。知らんかった。
それはともかくとしても威嚇込みだろうと思念の頭突きなど耐えられるわけも無く死亡。

エンペルトvsメタグロス
最速スカーフ70族は抜けるので高速移動。ここで思念の頭突きを食らってようやくスカーフの効果を思い出した。思い出したというか知ってるのに目に入ってなかったというか。とにかくアホ。
ハイドロ1発では倒しきれず、更に1発外れたものの、ステロと撒きびし*3ダメ込みでも威嚇入った思念にはギリギリ3回耐えて激流発動状態で撃破。

エンペルトvsカイリキー
ノーガード爆裂パンチも苦手だ。ヤドランでしか受けれないとか……。
カイリキーはラムで毒びし毒回復した上、ステロのダメージも少ない。かなり厳しいんじゃないかと思ったが……意外と必中の激流ハイドロ一撃だった。

エンペルトvsミミロップ
なにこの最後だけ趣味!
ハイドロ外れたらもう終盤戦できないドラピオンしか残ってないから危なかったけど、当たった!


勝った!
それにしても一撃ゲーだ……。

向こうのPT
エアームド@食べ残し
ガブリアス@ヤチェのみ
ギャラドス@ソクノのみ
メタグロス@拘りスカーフ
カイリキー@ラムのみ
ミミロップ@?

そもそもPT構成の時点で私に勝てる要素無かった気がするんだけど、頑張ったよね私! 誰か誉めろ!


もうちょっと考察
・ふりゃぁ流星群ミス
すっごい悔しい。
しかし倒せてたら倒せてたで特攻ダウン状態でギャラドスに出てこられてほぼ終わってたかもしれない。ガブリの逆鱗を誘えただけで仕事はしたとも言える。

・ガブリ逆鱗
こちらのPTが殆ど未知の状態で撃つのはリスクが大き過ぎると思う。お陰で礫殺し出来たし。
しかしこれ、ガブリがAS振りなのと帯の効果と毒ダメージを考慮しても、HP防御個体値0付近かつ低乱数でしか有り得ない現象なんだけど、マジでか。まあ倒せたからいいや。

・マンムー雪雪崩
吹雪でもない限りマンムーに対してエアームドは撒きびし撒き放題状態だから、3個溜まるまで吹き飛ばす必要が無い。
さっさとカポへ交換してスピン除去すりゃ良かった。

・拘らないスカーフメタグロス
酷い勘違いだったけど、これがあったからこそメタグロスに威嚇という本来有り得ない選択肢が候補に出てきたわけで。仮にすぐエンペ出してたら思念ごり押しに耐えられずエンペ無双始まってない。
結果論的には勝因の一つだったりする何とも言えない感じ。

・カイリキー
計算したらH振りカイリキーへのステロ込みハイドロは中乱数1。たぶんVまでは粘ってないから端から勝ち戦だったらしい。カイリキーは特殊防御高めなイメージあったんだけど、それにも増して激流ハイドロ強いって事か。もうちょっと威力認識高めないとな。


総じて勝因
多分技威力インフレによるゴリ押し最強説の過信。
物理受け特殊受けとかいう概念に無理があるのは確かだけど、6on6における役割理論自体はそこまで完全崩壊はしてない……はず。




代わりにぷよぷよでフルボッコにされたけどね。
十字キー以外使用不可というハンデを貰ってなお、画面を埋め尽くすほどのおじゃまぷよが降り注いで瞬殺され続ける。
私は2連鎖が限界なんだよ!
ぷよぷよ上級者マジキチ。

(12/29追記)
[忘年会]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2009/12/28(月) 11:27:22|
  2. ポケモン(SSプレイ日記)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大会後記その13

久しぶり!

2+vsシナト


何を書くコーナーだったのか忘れた。

補助技だけじゃなくて交換も使ってなかったんだこの試合。
でも全体的に攻撃範囲が広いけど後出しし辛いポケモンが多めだから、実際ほぼ全ての場面で居座り攻撃が最善手だったりする。シナトが5vs5にしたのもこの状況に拍車をかけてる。

うまくまとめられないからやっぱり細かく見ていこう。

マンムーvsゲンガー
礫じゃ死なないし、ステロ封殺出来るからこの大爆発は機能してた。
多分ゲンガー見てゴースト交換とかは無さそうだから大爆発圏内の時は大概問題ないんだけど、道連れ選択して積みとか身代りとかされた時のリスクが怖い。特に今大会はパーティの役割とかバランス考えるより、とにかく好きなポケモンを使う傾向が強かったから、リスクにリターンが見合ってない気はする。でも実際ちゃんと読み道連れも決めてるからすごいよな。

ライチュウvsキュウコン
キュウコンは運任せ怖いからマンムーにしたくなるが、ライチュウは水への交換の可能性があってその場合マンムー不利な上、猫だましで様子見も出来るから止むを得ない。

ライチュウvsマンムー
マンムー雪雪崩は浮遊への交換読みか。氷が有効打になる相手は多分呼ばないし、後攻威力60にしかならないから辛いけど、礫じゃ仕留められないからやっぱり止むを得ない。

サーナイトvsマンムー
礫警戒でラプラスはストーンエッジ食らいかねないからやっぱりサーナイトで良いのかな。
対するマンムーは礫なら後続クチートでサーナイトは倒せてたはずだけど……。マンムーはS振りでサーナイトをH振りと見て先制地震一撃の可能性に賭けたのだろうか。難しいところ。

サーナイトvsクチート
クチートは身代わり張っても仕方ないところだからほぼ不意打ち。
そこでサーナイトは不意打ち読んで鬼火辺りが撃てればなお良かった。ゴリ押しでも勝てるんだけどね。

サーナイトvsキングドラ
サーナイトはCS振り気合玉持ちってとこまで見えてて、すると先制サイキネが痛いからキングドラより半減属性のサーナイトな気がする。ストライクを倒すかラプラスを引きずり出すぐらいは出来たはず。

以下選択の余地無いから特に言う事なし。
  1. 2009/12/28(月) 18:05:32|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0