FC2ブログ

劇場版忍☆忍2ミリ雑感

果たして狂気とは何なのか……。
正気かそうでないかは所詮相対的なものに過ぎず、みんながみんな変態と言われるような世界にあっては、正気こそが狂気に成り得るというお話。ではない。



・白髪の男
過去尊敬していた先輩の夢を見るなどして精神が不安定だったところに死んだはずの先輩本人が現れた為、まともな世界の創生の為に変態は殺さなければならないという極端な思想に感化されてしまい、忍者学校から失踪を遂げる。忍者学校は雪かきの時期で大変だったので全力で探すも見つからず。最終的には主人公や他の忍者族の介入により、殺害それ自体が狂気的でまともである事を放棄した考えだと思い直し、先輩に対峙する。
という感じか。最初に現れたときはまだ先輩だと認識してなかったから、失踪が時系列敵に矛盾してるけど、その辺は仕方ない。

にしてもこんなキャラだったっけ……。流石に助けてもらっておいてその態度はひどいと思う。嫌々とは言っても助けられたのは事実だし、TPOを考えて礼を逸しない発言をすべき。
一応先輩の影響で変態に対する憎悪が高まり過ぎていたと好意的に解釈しておく。


・先輩
いつの間に名前が決定されたのか気付かなかった。流石忍☆忍。
でも忍者というより陰陽師という気がしてならない。

一旦コレクション化された人間は自然の摂理に従って死ぬべきという考えは全く正しいんだけど、コレクション化からの完全復活を遂げたネクロフィリアの男の弟が存在する以上、助かる道はあるはずだからそう安易に殺す訳にもいかない。
なのに、「変態だからって殺すのは良くない」と声高に叫びながら、みんなして全力で殺しにかかるのはあんまりにもあんまりだと思う。
元はと言えばコレクション化を目論んだ八角形会議の議員が悪いんだから、そいつを引っ張ってでも連れて来て思考を戻してやるのがベストなはずなんだよ。何らかの要因で実際にはそれが無理だとしてももう少し努力する素振りぐらいは見せるべき。

そしてそれ以上に雲の王国の人達は不憫。突然登場したかと思ったら、突然襲撃されて、以降完全無視されるとか……。支配するとか言う話はどこへ行ったんだ。


・主人公
レッドとブルーを非恋愛対象と斬り捨てたのは多少意外。
飽くまで人間の女だけを愛するのが信念なのか。確かに人外の女まで範囲を拡げると本当に収拾がつかなくなりそうだからそれはいいとしても、幽霊の少女にも言い寄ってた以上、一言で割り切れるような問題でもない。
一体主人公は女性の何に対して価値を見出してるかって事だよ。どうも生物学定義での性を絶対視している傾向があるように思えるけど、ならXX染色体を持ってさえいればそれでいいのかと言えば(ルコンを女と認めたことからしても)そうではなく、恐らくもっと感覚的で曖昧な価値基準があるはず。
思うに、女性であるか否かという問題は結局のところジェンダー(社会的性別)の問題に帰着するから、レッドとブルーは式神どうこうに関係なく、やはり女性と見做されるべきなんだ。にも拘らずこの二人よりななこを優先した事は一種の徴候と思えてならない。
だって生々しい事を言えば、ななこにしたって所詮男であるななこの父がやる事をやったから生まれただけの存在に過ぎないんだよ。でも主人公はそれに衝撃を受けてななこの事を嫌いになったりしないだろう流石に。まあ孤児であるななこ出生についてはまだ謎に包まれてるから処女懐胎やキャベツ畑の可能性も否めないけれども……。
要するに主人公はさっさとななこ一筋になってやれとという事です。
今後、性同一性障害の男や女に対してどういう態度を取るのかとか気になる。体は女で心は男でかつホモという二重に捩れて普通に戻ってる人とは何の問題もなく両思いになりそうだ。髪縛り男はこれに近い事をやってたな。

・ななこ
前回のバルーンスカートと言い、劇場版になると普段より私服が可愛くなるななこ。意識しておめかししてるんだっけ。
今回はヒロインなのに他の忍者族と同等の順当な活躍しかしてないのが残念ではあるけど、細かい部分でいくらか良かった点はあった。
口では斬るとか言いつつ、何だかんだでやっぱり同棲生活してるし、常に主人公の後ろ付いて行ってるし。
主人公を殴るネクロフィリアの男を止めようとしたり。
主人公がやられた時の叫びの演技がすごく切実に聞こえる。

・巨人
おめでとう!
単に活躍しただけで呼吸困難になるほどに興奮してるのには笑った。巨人が主役の映画とかあったら開始五分ぐらいで死んでしまうんじゃないだろうか。
確かにこういうスカッとするような格好良い活躍は随分と長らく見てなかったから気持ちは分からないでもない。下手したらムッシュ戦以来とかかも。

・ピンクのおっさん&眼鏡の青年
ドS病ってピンクのおっさん以外を罵っても症状を抑えられないんだっけ。ピンクのおっさんが死ぬと自分も死ぬんだとしたら萌え病やせんべい病とは悲壮感が段違いだ。あんだけ罵った直後にまだ咳してるし、他者の副交感神経系優位状態認識における生理機能影響症より辛いかもしれない。
眼鏡の青年はそうせざるを得ないからいつもピンクのおっさんを蔑ろにしてるけど、実は心の中でピンクのおっさんの存在に感謝してるんじゃないのかな。そしてピンクのおっさんはそれを分かった上で罵られやすいように敢えて変態的行為に走ってるとか。
なんだかピンクのおっさんが良い人に見えてきた。に組の団長は死ね。

・教頭先生
こんな人にまで出番が与えられてる今回の脇役救済ぶりと言ったらないね。
よく校長先生にくっついてたし、雰囲気的にもこのネーミングはぴったりだ。ネーミングって言うかただの役職だけど。

・雪かき
今回のキーワード。サブタイの直訳が細氷の暴動だからすごくあってるような気がする。
雪とか積もってないからその設定は無茶だろうと思ってたけど、実際あの場面はそういう風にしか見えなかった奇跡。
ラストは戦闘終了後すぐにみんなで雪かき合戦したのかな。



総じて
白髪の男と先輩の過去と結末はシリアスストーリーとして悪くないんだけど、前回ほどのドラマチックさが無くて意外性に掛ける。
特に後半(巨人活躍で満足して以降)
映像を無視してる部分が多いのが気になる。服を置いていった意味とか、判子みたいなアイテムの意味とか。口パク傾向も強め。
あとキャラの移り変わりが激しすぎて散漫とした印象の割に、みんな同じことを主張しすぎてくどい。
真っ直ぐな想いでさえあれば何でも許されるって訳じゃないと思うんだ。
CA330368.jpg
こんな感じ。

暴論
白髪の男の話とかどうでもいいよ! もっとななこを出せ!

第3弾に期待しよう。




・OVAについて
内容はジャンプフェスタで放映された映像で、以下の二つ。

BLEACH Memories in the rain:ジャンプフェスタ2004=アニメ放送開始1年前
BLEACH The sealed sword frenzy:ジャンプフェスタ2005=インテリ野郎が初登場した辺り

厳密には、TV放送版未登場のキャラを先立って登場させてたりするから、上記の時期にやると問題あるんだけど、今なら何の問題もなし。
要は気が向いたときでおk。

あとBLEACH カラブリ! 護廷十三屋台大作戦!ってのもあって、公開はジャンプフェスタ2008=153話と154話の間だからちょうど今なんだけど、これの収録DVDは映画第3弾前売り券(ローソン限定)orDVDBOX(完全生産限定15000セット・3万円)の特典で、単体DVDとして発売してない為にレア度が高く、ネット上には上げられてない……と思う。私も見たことない。
  1. 2010/01/10(日) 06:52:25|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっとさくっと作りたかった忍☆忍153ミリぐらい記念

もう某CDで良い元絵が無いからぐぬぬ。



ななこがツンデレである事は周知の事実であることからして、今までもこのタイトルでうpろうとしてたんだけど、いつも直前でななこの目が光って無理矢理ツンツンに書き換えさせられていたんだよ。
でも前回おまけにこっそりデレ要素をくっつけてうpしたら、流石のななこも観念したみたいで顔を真っ赤にして俯いてたから、今回は晴れて名実共にツンデレ台詞まとめとする事が出来たんだよ。
ななこも随分と丸くなったものだよね。


需要あるのか知らないけどマイリス作ったよ。


需要あるのか知らないけど、swfはmp3に変換出来ないから、i-podに入れたりしたい人の為にmp3を斧に上げとくよ。前回のも一緒にあげとくよ。
ななこまとめ.zip
中身
救出編.mp3
救出編おまけ.mp3
悪魔女編.mp3
悪魔女編おまけ.mp3

需要あるのか知らないけど一応作った悪魔女編のおまけは10分制限カツカツだったからこっちに入れておくよ。
何の意味も意図もなくななこの台詞を言った順に並べただけのファイルだから悪用しないでね。

以下台詞文字化だよ。
[もっとさくっと作りたかった忍☆忍153ミリぐらい記念]の続きを読む
  1. 2010/01/11(月) 10:06:46|
  2. 忍☆忍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

和紙の断熱効果は侮れない

寝惚けて腕を突っ込んだ際に出来た都合9箇所ほどの障子の穴から珍しく零下突入してる外の冷気が吹き込んで来る。
助けて。
  1. 2010/01/13(水) 20:43:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大会後記その14

とりあえず動画お疲れ様です。


絶滑vs巻き雲


解説

infi.png

やってる側はたまったもんじゃなかったかも知れんけど大好き。
  1. 2010/01/14(木) 04:04:02|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの方に捧ぐ

よし… 中々の出来栄え…!

pitcher.jpg

スポンジもクリームも白玉も全てが純白の、現在このブログの中で最も美しいと言われる白玉ケーキ。
うさぎさんを自立させるのが大変だった。



CA330375.jpg

斬りにくくてぐっちゃぐちゃになったけど、中身はあんこと更に白玉。
ふわふわのスポンジともちもちの白玉の食感が絶妙な不協和音を奏でてとても食べにくい。
でも味はおいしい。あんことクリームは相性良く、クリームドラ焼きみたいな感じ。



…と、ここまでノリと勢いで作ってから思った。
白玉って要は米だから、冷蔵保存しようにも明日にはカッチカチになってるんじゃないか。ってことは明日までにこれ全部食べないといけない。
すごい甘ったるいから一片で既に満腹なんだけどどうすんのこれ……。
  1. 2010/01/14(木) 21:02:13|
  2. その他料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍154,155ミリ感想

無限リピートで気付いたのは
「あっ、さ、さちこちゃんが助けてくれたのね! あっナイスよ! 流石、流石さちこちゃんね!やっぱり女の子の方が良いわ!」
の2つ目の「あっ」はガチ過ぎるということだ。



それはいいとして、今回は重要エピソード。
というか「お姉様問題に決着が付く=ななこと主人公の間に障害が無い=忍☆忍完」と言っても過言ではなく、つまり最終回にやるべきような内容をまだまだ中盤の時期にやらされてるようなものだ。
ただでさえ映像自体が欺き傾向の中でこれはめちゃくちゃ難易度高そう。


・冒頭巨人
これは本編見てるときも訳が分からなかった。前回までのあらすじの体だったから巨人の戦闘シーンあったのを見逃してたのかと……。なんなんだろうこれ。


・お姉様の顔
まあアニメの登場人物の顔なんてみんな同じに見えるし、唯一の見分けポイントである髪の毛もツンツンの黒髪とありふれたものだったから、気付かないのも無理はない。
でもここに気付く瞬間が一番面白いところだから、それがアフレコ外での出来事になってしまったのは残念。

それにしても今回は特にデリケートな部分を含んでいただけに、コメントや感想の書き方を考えさせられる。
音声なしの映像からどれだけの情報が伝わっているのかいまいち把握できないから、分かってるけど敢えて目を逸らしてる事に気付けない可能性もあって、その場合すっとぼけたコメントとかするは滑稽だし、そもそもいくらネタバレを避けたところで、読まれている限り大なり小なりの影響を与えてしまうのは避けられない。
かと言ってネタバレするからロリコムはスレに来るの禁止とかひどいしな。現状維持するしかない。


・お姉様の再登場
整理しておこう。

肉体は死亡していながら、魂だけは一命を取り留めていた。しかし忍者学校では死亡済みという扱いであり、うかつに姿を表す事は出来なかった為、仮面を被って仮面の軍勢の中に潜んでいた。そして、にやけた男はお姉様を主人公らへの刺客として仮想空間に送り込んだ、かつお姉様はななこを心配して仮想空間にやって来た。

なんとも奇跡染みた展開だ。特に隠れる必要はないので、要因としては醜い姿を見られたくなかった事の方が大きそう。
恐らくにやけた男はお姉様が仮面の軍勢として自軍に紛れ込んでいる事に気付いていない。少し前ににやけた男が仮想空間の様子を仮面の軍勢に見せていた事から、その時にお姉様はななこが男と一緒にいることに気付き、仮想空間行きを自ら志願したと考えれば自然。
仮想空間だから折角お姉様が現れたところで、帽子の助の嫌がらせ程度の意味しか生まれないんじゃないかという危惧はあったが、その辺はもう乗り越えて現実の問題として扱われているらしい。むしろ仮想空間が仮想である意味がどんどん薄れてるのが問題か。


・お姉様に刃を向けるななこ
ななこはお姉様の考えに賛同出来ないからと言って、別に戦う必要は無いはず。
しかし、お姉様には「男は皆悉く殺さなければならない」という過激な基本理念を持っており、当然ななこを騙して傷付けようとしている主人公など真っ先に殺害対象に入ってくる。これは「主人公との同棲生活を通して自分の気持ちを確かめる」という考えとは根本的に相容れない。
つまりななこが自分の考えを貫き通すには、お姉様を倒して進むしかない。
この行動の意味するところは「主人公かお姉様か」という選択肢を前にして主人公を選択したという事だが、ななこにとってのお姉様の存在の大きさを鑑みるに、辛い選択であった事も確かで、ここにななこの強さを見る。いい決断だ。


・ななこにとってのお姉様
49ミリのお姉様は、恋愛とか俗っぽい感情とは無縁の高潔な人という印象があった。しかし今回はお姉様もななこの事を好いていたとか、その想いが届かなかったが故に心を病んでしまっていたりとか、意外にも酷く人間臭く描かれている。
この差異に関しては、49ミリのお姉様は「ななこの回想の形で語られたななこ視点でのお姉様の姿」だったと考えれば合点がいく。恐らく、死という形で閉じられたお姉様の肖像は、高度に神格化された美しい姿のままななこの心に刻まれていたに違いない。
……私の中のななこの中のお姉様と言った方が正確かな。二次創作するにあたってお姉様の立ち位置には随分悩まされた挙句に良く分からないという結論に達したから。


・お姉様にとってのななこ
(多分)初めて「靡かない事を証明する為の同棲生活」の異常性に突っ込んでくれたのは大きい。ななこはそれが愛し合う男女の間でしか為されない行為である事をもう少し自覚した方が良い。

そしてお姉様ヤンデレ。
ななこに対する想いを秘めたままに自分の信念を託すのと引き換えに(肉体だけ)逝って、姿は殆ど化け物と化しながら、その後ずっと仮面の軍勢に成りすまして忍んでいたのに、気付いた時にはななこの心は最も忌避すべき男の方に向いていて、しかも直接出向いて説得しても完全拒否されたとあったら、そりゃ狂いもする。
お姉様視点で見ると、この展開は本当に一片の救いも無い。お姉様の醜い体以上に醜いこの現実世界という表現は秀逸にして的確に思える。ななこにはせめて魂ぐらい救ってあげて欲しいところ。
一体どこで間違ってしまったんだろうか……(A.に組の団長がお姉様を見殺しにした時)


・ななこと主人公
お姉様の「希望の無い世界」という言葉を、主人公の「希望を見せてやる」という言葉で以って否定するななこ。所詮口だけ主人公が口で言っただけで実体の無い言葉なのに、ななこはそこに縋る価値を見出しているらしい。よっぽど救われたのが嬉しかったんだと思う。
約束という表現も双方合意の下というななこの積極的な意思が見えて良かった。

主人公にこのななこを見せてやりたいな。
いや、そしたら主人公はまた調子に乗るだけだから、主人公には内緒で「一部始終主人公に見せたよ」とななこに言ったら一体どんな言い訳をし始めるのか、その様子を観察したい。

最近散々な結果しか残せてないにも拘らず、これだけ想われてるんだから、ちゃんと主人公は応えてあげて欲しい。今度無様な姿を見せたら私が承知しないぞ!



総じて
想像以上に凄惨で精神が抉られるようなお話に仕上がっていた。お姉様があんな事になるなんて。これまでの展開の蓄積も相俟って負の方向に良いエピソード。

ただ、純粋なクオリティとしては微妙な部分もある。映像的に難易度高いとは言え、気持ちが入り過ぎて映像の意味がなくなってるところがあるような気がする。私としてはななこの心理描写ならそれだけで満足出来るから問題ないけど、客観的には良くないかも知れない。事前に考えた設定を放出するだけなら即興である意味が無くなる所、映像のお陰で独り善がりな物語にならないのがミリしらとして重要だと思ってる。
こんなのどう考えても人間業とは思えないけど、平気でやってのけるからミリしらーって悉く変態的に天才だよね。



で、折角お話が盛り上がってるのに次回はインテリ野郎。どういう構成だ。



だいぶついでじゃなくなってる
実写18ミリ
前回の忍者族の方々登場の辺りは、顔見せ的な意味で歌って踊っただけなんじゃないかと思ったけど、実際もうななこ攫われる所まで行ってるのか……? わからん。
回想含みの変則構成である事は確かなようだけど。

・主人公
インテリ野郎の魂が乗り移ってた。
随分成長してるからこのころの立ち位置ってあんまりよく思い出せない。

・ななこ
何がそんなに楽しいのかわからないけど、むやみやたらにハイテンションではしゃぐ姿がかわいかった。あれずっとにこさんの台詞だと思ってたけどななこが言ってたんだ。
しかし……
ななこ「いくらハイキックをしようが絶対に中身は見えない。そういうことになってるのよ!」
9:28
golden.jpg
黒でした。
あと7:52と多分8:02も。
たとえゴールデンタイムであったとしても、アニメではないから魔法は掛かってないんだよ。油断したな!

・さちこ
3話にしてかなり冒険したシナリオだなw っていうコメントが好きだった。
実の祖父と両想いだったにも拘らず綺麗な体を見せる事を諦めており新鮮なお風呂に入っていなかった為に脚が汚かった……とか今考えても全く理解不能。


実写19ミリ
そうか、あの儀式めいた動きは人間嫌いボールをみんなで操作してるの図だったのか。すると本気で最後までインテリ野郎出さない気なのか。何故そんな事に……。
忍者学校に到着したらすぐスキンヘッド戦な事を考えると、もう全部回想で終わってしまう様な気がするけど、回想の順番に関しては、さちこ→巨人→帽子の助&ぬいぐるみの助、で一応順番通りには進んでるっぽい。
  1. 2010/01/15(金) 06:15:25|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴぃ

当然のようにおなかをこわしている
  1. 2010/01/16(土) 20:04:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今気付いた些細な事

azpainterの

テキスト機能を使って普通に文字を描画する。

yokop.png

縦書きにチェックを入れて描画する。

tatel.jpg

tatep.png



……
いや、これ縦書きじゃなくて全体を90度回転させただけだから……。わざわざチェックボックス作って提供する機能じゃないから……。

誰得だよこの仕様。

(同日追記)

tate2.png


やったー出来たー!
  1. 2010/01/17(日) 02:26:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真剣は切れ味がある分扱いやすいし 素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器 対して研無刀は見た目なんかは真剣とほとんど変わらねぇが あえて斬れない様に鋭く研がない分 硬度と重量をかなり増加させて 斬るより破壊を目的とした 玄人好みのあつかいにくすぎる刀 使いこなせないとなまくら刀より弱い ただの鉄くずみたいなもん だってのに何であのガキは

忍☆忍115ミリより、この台詞長いっていうだけの話。

guoooo.png

元ネタは言わずもがな大人気漫画の斬。
さり気なくすぎたんはアングルすごくて真似できなかったから、絵自体は簡単なハヤテのごとく!のパロの方を参考にした。



目の前で主人公が戦ってる真っ最中に、1分12秒の間割り込まれる事なく、漢字句読点含む404文字を使って、長々とこっちが恥ずかしくなるようなプロポーズを試みるななこであった。

ここではたいへん難解な言語を用いて会話が為されているから、些か情緒がなくなってしまうけれど、分かりやすくする為に直訳をつけておくよ。


下僕、あんたは私の下僕なの!
(訳:あなたのことが好きです)

だから前向きに、前を向いて生きてりゃ良いの。あんたは余計な事を考えずに、前だけを見てなさい。
(訳:何事にも前向きに突き進むあなたの姿を見て以来、私の心の内では春風が訪れたかのような躍動がとどまることを知りません)

あんたの事を、あんたの周りを、あんたの周りを監視するのは主人である私の役目なの。だから、だから、あんたは、あんたは私と私の為に戦って頂戴。いつまでもいつまでも、うじうじ考えて、戦力が減るのは困るのよ。
(訳:適当な理由をでっち上げてでも、いつもあなたと一緒にいたいと思ってしまいます)

他の女の事を守るっていうのはね、確かに女の子を守るのは大事よ。だけどそれで私を守るのが疎かになるのは困るの!だから、だから、だから…あんたが下僕であるというのなら、まずは私を守ることを第一に考えなさい。
(訳:あなたが他の女の子の事を考えていると思うと、それだけで私の胸は醜い嫉妬心に支配され、耐え難い苦痛に苛まれます)

その、そのほかのことは、私だって努力するもの。だから、その他のものは、そのほかのものは、そのほかのものは私が第一、あんたが第二で守るの。分かった?
(訳:一つの仕事を二人で頑張って成し遂げることで愛を育んでいきましょう)

あんたが第一に優先すべき事項は、他の女の子を守ることではない。私を守ることなの。いい!?下僕!!分かった!?
(訳:他の女の子にデレデレするのはやめて、私だけを見てください)

下僕!あんたは私の下僕なのよ!一生ね!
(訳:あなたを愛しています。一生添い遂げる覚悟なので結婚してください)
  1. 2010/01/17(日) 16:18:08|
  2. 忍☆忍絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のアニメ感想49

うわー


ダンスインザヴァンパイアバンド(水 26:10~)
第1話 プロムナイト

これシャフト×新房だったのか。センスの方向性が違うような気がしたけど。
西洋ヨーロッパ辺りの舞台を想像していたから、俗に塗れた現代日本舞台のこの始まり方には意表を突かれた。細部への拘りも感じられるし、こういう奇の衒い方は割と好き。

しかしアイディアはともかく、ED静止画と言い、第1話でこの作画クオリティはちょっと辛い。
そして恐らくこの作品の魅力がエログロにある事を考えると、既に表現が日和まくってる現状、アニメ化にあまり意味が感じられない。
地上波だから規制入ったのかな。AT-Xだとアニメ内放送事故のところで首ちょんぱしたりしてんのかな。

今回流れてないOPがフレンズっていうのはなんともミスマッチな気がして気になるから次回の冒頭ぐらいは見てもいいかも。



ひだまりスケッチ×☆☆☆(木 25:55~)
第1話 真っ赤点 ようこそひだまり荘へ

意味不明の涙が溢れて止まらない……!
という作品だと思う。多分特に書く事は無いけど見る。

学校の真ん前というこの立地条件で部屋埋まってなかったのがむしろ不思議なところだけど、よく考えると美術科があるような学校とは言っても、やはり創作ではありがちな高校生で一人暮らし設定なんて実際滅多になさそうだからそんなもんかな。
15歳の娘を手元から放す親って珍しい……よね? それとも私が普通に地元の公立に行ってたからそういう感覚が身に付いてるだけで、実際そうでもないんだろうか。



戦う司書(金 22:00~)
第16話 禁書と腑抜けと聖浄眼

読めばそのあまりの難易度に忽ち精神が崩壊するという大学入試過去問題集を巡って本当の幸福とは何かを説く。

過去浪人生だったミンスは偶然入手した赤本(2009年度東大理Ⅲ)をして「あそこは常人に入れる学部じゃない」と言い放ち捨てようとする。対して友人のグレインは彼を裏切り「東大理Ⅲ以外は低学歴」と煽りながら赤本を貸し出すことで、周囲の受験者を多浪の廃人へと導き、同学部志望のライバルを減らすという受験必勝法を編み出す。
これによってグレインは慶應義塾大学法学部への入学に成功するが、不当な手段による合格では彼の学歴コンプレックスは決して消える事無く……。

予備校でグレインが仲間の浪人生達に駿台模試の結果を見せて「お前なら行けるんじゃないか、旧帝早慶」と囃し立てられるシーンでは不覚にも涙腺が緩んだ。


……という思いつきは置いておいて真面目な感想。

・ユーリ
情報提供の対価として、売春婦みたいな格好で「握ってあげますわ」と言ったら、後に続く言葉はもう「ちんこを」以外ありえないから、その時点で他3人が「ダメだこの世間知らずなお嬢ちゃん」的にずっこけるのはおかしいと思う。
それとも彼らは、握る程度では取引は成立しないから、「せめて咥えてやれ」とか、「せめて先っちょだけでも挿れさせてやれ」とかいう意味でずっこけたんだろうか。
レベル高いギャグだな……。

……という感想は全然真面目じゃないから真面目に考察すると
どう見ても巨乳なのに乳無しとか言われてたり、この前のハチミツ薦めるミレポの表情が異様に険しかったり、微妙に画面と台詞が一致してないようなミスが目立つ気がする。


・小出し真実
武装司書の実態は、本が主食のユグドラシルみたいな人が楽園管理者試験を行う事を目的としているよ。


次回は私の中で死亡説すら囁かれていたヴォルケンがやっと帰ってくるらしい。



BLEACH(火 18:00~)
[今週のアニメ感想49]の続きを読む
  1. 2010/01/18(月) 00:14:23|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ