FC2ブログ

今週のアニメ感想50

いつの間にやら50回。
ということはもうこれ1年も続けてるのか。むしろ最初の頃は不定期で何週間か分をまとめて1回にしたりしてたからもっと前からか……。
時間の経過怖い。


ダンスインザヴァンパイアバンド
第2話 ハウリング

第1話とはなんだったのかってぐらいぬるぬる動いてた。一体何枚描いたのこれ……。
あとエロも頑張ってる。同じくシャフトのひだまりも然りで、乳首さえ描かなければおっぱい描いてもエロじゃないという理屈はかなり謎。

今後もこのクオリティが維持されるならそれだけで見る価値があるが、多分死人が出るからそんなことはないと思う。



戦う司書
第17話 帰還と出会いと燃えあがる緑

最初の方見逃した。いつも見逃さないように携帯のタスクリストのアラームセットしてるんだけど、その携帯の電池がね……。数日間電源オフになってても気付かないような人生の方に問題がある気はする。

まあそれはどうでもいいとして。

・ヴォルケン
突然帰ってきた。詳しくはまだ良く分からないが、ハミュッツの不正を暴く為には、レナスの記憶を植えつけた体の本来の持ち主の記憶が必要で、その記憶を呼び覚ます為にはユックユックが必要だった感じか。
しかし正義でさえあれば仲間の信頼を得られるって考えは性善説過信で、確かに甘ちゃんだろう。裁判官は無罪判決を下しても出世出来ないから女性の「触られました」という訴えさえあれば事実に拘らず容赦なく社会的に抹殺されるのが現実だよ。ヴォルケンの明るい未来は想像できない。
上層部はハミュッツの悪事を甘受しつつもそれを武装司書の仕事の一つのように捉えてる節もあり、善悪が計れないような根の深い問題が潜んでいそう。

・ミレポ
ヴォルケンに対する感情は忘れても存在自体は覚えてるように見えたけど、完全に抹消されてたらしい。
これだと今回のようにヴォルケンが帰って来た時に、口裏合わせだけではどうにもならないような齟齬が確実に発生する気がする。もうちょっと自然な記憶の消し方は指定出来なかったものか。むしろその詰めの甘さが完全には忘れたくないという想いの現われと見るべきなのか。
そして記憶を消したという事実を覆す事は過去を管理する武装司書の使命に対する冒涜だとかマットアラストは言うが、ならそもそも記憶を消した事自体間違ってるから、とても詭弁臭い。思い出されると何かと都合悪いってだけなんじゃないのかと。


現状主人公かに見えたハミュッツがラスボスみたいな空気が漂ってるけど、実際正義はヴォルケンにあるのかどうかも分からず、物語がどう転ぶのか見えなくて面白い。



BLEACH
[今週のアニメ感想50]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2010/01/24(日) 11:11:42|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0