FC2ブログ

忍☆忍172ミリ雑感

思ったより早かった。


・OPラジオ
視聴者全員が望んでるのかどうかは分からないけど、少なくとも私の需要には応えている。今後もこの形式で行くのかな。
1分半じゃ語れることが少な過ぎるのがネックだけど楽しみ。

ところで主人公がななこをななこ呼ばわりした事って今まであったっけ……。流石に一度も無いという事は無いにしても珍しい気がする。
これはきっと休止してる間に呼び方が変わってしまうような新密度アップイベントが二人の間にあって、それでななこもつい照れ隠しで過剰に主人公拒絶に走ってしまっているに違いない。
とかまあこういう気持ち悪い感じで今後も雑感は続きます。


・現実問題としての青少年健全育成条例
ガチの問題提起のようだから一応私のスタンスを示しといた方が良いのかな。基本政治に興味が無いから浅い見識で物を言うよ。

まあこんな頭の悪い法案通らんでしょうよ。世に出てる作品の大半を規制なんてしたら日本経済回らなくなるレベルの影響が出るのが目に見えてる。
100歩譲ってこれが通ったとして、100万1000万単位のファンを抱えてる作品(それこそポケモンとか)を本当に発売禁止なんてしたら、民衆の不満が極まってクーデターが勃発するんじゃなかろうか。多分今はみんなこんな法案本気にしてないから動きが無いだけだろうし。日本の全創作物とそれに関わる人々を敵に回して無事で済むとは思えない。
加えて、そんな一切の娯楽作品が排除された殺伐とした世界の現実化は、リアル北斗の拳社会の到来的なワクワク感すら感じられて、むしろ見てみたいとさえ思う。きっとそれはこの世の全創作物よりも面白い事態じゃないか。
よって通らなければそれでよし、通ったら通ったで面白い、とどっちに転んでも問題ないので私は傍観してるよ。私は常々巨大隕石飛来して人類滅亡することを願ってる人間だし、みんな共倒れならそれでいい。
逆に言えば今回の話に出てきたような極端な事態はまず起こらないだろうって事で……。
一番困るのは、人々に気付かれないようなレベルでこっそり規制して、微妙に作品の面白さに制限を設けるような形での規制かな。そんな巧妙な手口使ってでも全力で民衆に嫌がらせしてくる狡猾な人々が為政者であるならもうお手上げ。宣伝を目的としないスパムメール業者か何かか。


・忍☆忍としての青少年育成保護条例
あんまり強引に絡めるのはどうかと思うけど、忍者学校の大義名分とは相性がいい問題だし、見失い気味だった今シリーズの方向性見定め要因としてはなかなかいい素材なんじゃないかな。

完全に二極化している気がするお嬢の方のお話とどう絡めていくのかが難しそうだけど……。
本編的な意味でもこの二つの話がどう絡んでいくのかさっぱり予想がつかない。


・ネクロフィリアの男
曖昧なまま(と私が勝手に思い込んでいる)な年齢問題に答えは出るのだろうか。まあネクロフィリアの男はどうでもいいけど、ななこがね……。
以前無駄に長々と考察書いた後に、ななことネクロフィリアの男の出会い時にナレが「ななしのななこ10歳ぐらい」と言ってることに気付き、ますます18歳説を主張するのが苦しくなってきた。流石に30歳は色々矛盾があるとしても、21,2が妥当な線に見えたり。
主人公は高1の15,6で確定だから、すっごい年上であろうとは言え、あんまり離れてて欲しくない所はある。主人公のななこに対する口の聞き方が同年代に対するそれだから違和感があるんだろうな。そんだけ歳の差あるならもうちょっと敬うべきだと思うし。
いや奇跡的に時空が捻じ曲がったりしてる可能性もあるし、ななこの口から語られるまではまだ分かんないよね。落ち着いてタイムマシンを探せ。


あとはピンクのおっさんや変な顔の男に活躍フラグが立ちつつ、作画が酷そうな次回へ。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/22(月) 04:01:44|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回愛かわ杯感想戦その4

とりあえずうpされないバトルの感想戦は全部書いたけどこれは小出しにしよう。


仮称vsしほね



私の試合。

1回やってるけど今度はもう少し深く考えてみる。
先生は試合後に色々ミスったと言っていた。何をミスったのかは後で先生のブログで語られるだろうが、一応私の推測交えて。

クロバットvsエアームド
まずここで先発クロバット初手挑発はかなり有名であることから、居座りで罠撒きは些か強気過ぎる判断に思える。加えて、クロバットには熱風の可能性があり、交換際に食らうと何も出来なくなるメタグロスも安易に出て来れない。
ここはヒードラン交換が最安定ではないだろうか。クロバットの特殊は火力不足で一撃死はないから様子見てからでも遅くはないけど。
あとグロスには雷パンチがあるとは言っても所詮不一致75なので、威力だけで見れば一致マグマストームの方が強い。


フシギバナvsヒードラン
実はヒードランが特攻特化でも大地の力で身代り破壊は中乱数だった。これは能力値よりも不一致90という技威力の方に問題がありそう。ラスターカノンがあれば突破出来てたが、撃つ相手いなさ過ぎるよな。
ここでフシギバナが頑張ったのは確かだが、改めて考えるとこのパーティは炎に対する交換先がいない点に問題がありすぎる。
どうやら毒パーティで交換戦するにはドククラゲが必須に近いようだ。特にフシギバナなんか入れると炎氷呼びまくりだから……。

補正なし極振り珠クラゲハイドロでCSヒードラン確1、HCヒードラン中乱数1、HDヒードラン確2。
特攻無振りヒードランのマグマストーム→だいちのちからに耐久無振りクラゲはギリギリ耐える。
ので、クラゲさえいればフシギバナで無茶な戦いを挑む必要は無かった。もっと言えばvs金魚のリザードンもvs2+エキシビジョンのバシャーモも……。

恐らく4on4での毒パはゲンガー/毒悪/毒地/水毒辺りが完成形に近いようだ。メンバー固定されすぎだけど、これで本当にどうしようもない飛行ドラゴン以外は机上論では全て交換できる。めざ氷あるから電気にニドキング出せないとかは知らない。


フシギバナvsエアームド
ここは吹き飛ばしが見えてるのでエアームド見たら即ゲンガー交代でよかった。もしくはクロバットで出して挑発読み交換読みとんぼがえりか。
ステロ→吹き飛ばしでフシギバナスカタンクばっかり出て削られると困るし、宿木ではダメージ与える速度が遅すぎるので居座るメリットが薄い。


ゲンガーvsエアームド(2回目)
エンペルトは耐える可能性がある以上、エアームドを先に出したのはミスか。
エンペ先の場合の展開予想
噛み砕く固定のスカタンクの前にエアームドが出てくることになる。
ここでクロバット出して挑発できれば、攻撃技の無いエアームドは悪足掻き死するが、クロバットはステロがある為にギリギリ出るだけで死ぬ。
よってこちらはとりあえずフシギバナが居座れない事には始まらないので、吹き飛ばし無効化する為に自ら控えを減らす。
クロバット交換ステロダメで死亡:エアームド羽休め(吹き飛ばしは不発)
スカタンク登場大爆発50%ダメージ:エアームド同上
フシギバナ登場宿木の種:エアームドすることなし
ここからPP枯渇待ち合戦。
エアームドは食べ残しを持たないため、4ターンに1回のペースで羽休めを強要される。
仮に羽休めのPPを増やしていたとしても最大でPP16。既に2回羽休めを使っているので、耐えられるのは4*14+4の残り60ターン。
対してフシギバナは宿木16身代り16ヘドロ爆弾16甘える32から既使用分10回ほどを引いてわるあがき発動まで残り70ターン。(ターン毎3/16回復なので足掻き発動後も12ターンほど耐える)
より、勝利確定。
食べ残し持たれていたとしてもPP増やしてなければ残り72ターンでなんとか勝てる。食べ残しかつ全技のPP増やしてる場合のみ残り120ターン(実際には110ターンほどで他の技のPP枯渇)で勝てない。
この場合私は優勝逃してるけど、いっそここまでやりたかったかも。そして泥仕合の途中で面倒になって勝利確定だから降参してください取引持ちかける。ワンナウツの反則合戦的結末で熱い。

唯一先生に残された勝ち筋は、死に掛けエンペを戻した上でエアームドと交換し続けることで宿木解除とPP温存を狙い、宿木のPPを枯渇させるというもののみ。
フシギバナは鋼に対して宿木以外のダメージソースが無いため、エンペ交換読み宿木が入らない限りエンペが倒せない。
まあまだヘドロ爆弾は見せてなかったからバトル中にこんな考えにはまず至れないだろうし、十数回も交換読み宿木を躱し続けるのも不可能に近いからこのケースは考えなくていいかな。





まず対水氷炎のクラゲを入れなかったことに加え、
どうせトリックしないなら小回りが利かなくなるデメリット大でどう考えても珠でいいゲンガー、
鋼完封でサイクル無視もできないスカタンク、
交換できないとやることなさ過ぎるクロバット、
交換先が無くサイクル崩壊要因フシギバナ、
クソ性格ベトベトン、
妥協点満載のニドキング、
と、とにかく毒パは色々と完成度低すぎた……。
作り直して再度挑戦したい。

今回の大会の経験によってようやくパーティ構成の基礎が分かってきたかもしれない。
初心者脱出への道の第一歩を踏み出した感じ。
  1. 2010/03/22(月) 18:55:06|
  2. 第2回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0