FC2ブログ

第3回ウディコンひとこと感想1

ダメなところははっきりダメって言わなきゃいけないという謎の使命感を帯びている、最も審査員に必要とされない素質を持った私のあくまで個人的感想なので間違っても審査ではない。
アクション(リアルタイム操作要求されるゲーム全般)苦手なのでそういう系はプレイハードル高くなる。とりわけキーボード&マウスの二刀流させるやつと、ウディタデフォのフィールド移動利用した見下ろし2Dアクションはほんとにやりたくないので投げる。
タイトル右のカッコは10段階評価 (1-10)で目安は以下ぐらいだと思う

【10】 すげえええええおもしれええええええ!!!!!!
【9】 おもしろい!
【8】 すごくよくできてる
【7】 よくできてる
【6】 それなりにできてる
【5】 ふつう
【4】 あまりおもしろくない
【3】 つまらない
【2】 ゲームとして成立しているかあやしい
【1】 プレイヤーに対する冒涜


1.『白の奏 -月巡り-』 【4】
明らかに作りこみすごいのはわかるけど、早速苦手要素をパーフェクトにカバーしてきたのでもうやりたくない。

2.『鍵の番人と次元の大迷宮』 【7】
不思議のダンジョンのシステムを忠実に再現。多分ダンジョン自動生成アルゴリズムは実装難しいと思う。
バランス調整もちゃんとできてるぽいのでかなり長く遊べそうな感じ。とりあえず今やると他の出来ないのであとでやりたい。

3.『Triangle Triggers』 【5】
これぐらい単純明快アクションならまだやる気起こる。死にまくってもゲームオーバーにならないから初心者にやさしいし、ノーミス目指そうとするとかなり精密な操作が要求されるので上級者も安心。

4.『心砕II』 【3】
プレイヤーを敵とみなすことによってコンテストで上位入賞するための道を全力で逆走するその心意気はある意味評価したい。一応やってみたものの落とし穴即死タイトルへ戻るの繰り返しでもうやりたくない。クリアするには相当根性いりそう。

5.『行商!』 【9】
シル学のラクーンでリサイクル商人破産させゲーを気が済むまで存分に楽しめる。というかそこから着想を得ていそう。
序盤情報量の多さに若干戸惑うも、商売が軌道に乗るとガンガンお金稼げるのでなかなか楽しい。一応RPGの体だけどお金さえ稼げればどんな方法使ってもいいので戦闘する必要がない、RPGのようでRPGでない経済シミュレーション的なところはポイント高い。ネオアトラスを自分の足でやる感じでしょ。
 
6.『レペ・デュ・ソレイユ』 【2】
何の変哲もない、何の変哲もなさすぎる。操作感わるし、効果音煩し。適当にやったら貧乏で回復復活するお金なくなって詰んでやめた。

7.『都市と力』 【6】
魔神器の人ね。絵がだいぶ小奇麗になった。1vs1の自作システム戦闘はストイックで割と好き。
メイン目的はえらく簡単でSランクにレベル60手前でいけたのに、「Sランク行けたならレベル190の敵が出てくる所行っても大丈夫」とか言われる。どういうこと。ダンジョン妙に長いし、バランス調整かなり甘い気がする。ギャンブルもほぼノーリスクで万単位の稼ぎ出せるのであってはならないと思う。
あと台詞のウェイトが鬱陶しくて読む気なくすのは相変わらず。

8.『Princess Saviour体験版』 【7】
ジャンプ出来るRPGは珍しい気がする。複雑な独自戦闘・戦闘回避システム、立ち絵、中二気味設定台詞回し、などどれを取っても一定以上のクオリティ保ってる。ただ体験版なのでこれ単体で見るとチュートリアルしかしてないし惜しい。
「深淵に在る漆黒を欲する者よ…… 己が記憶を刻印するか? さらばだ、迷い人よ。ル・セプティ・オーティルード(さようなら)……」 ←ただセーブするだけでいちいちこんな感じの事を言われるギャグとシリアスの間を彷徨う演出好き。

9.『ゴミの月~Junk Moon~(第1部)』 【3】
典型的苦手なやつ第2弾。
ストーリーがさっぱり理解出来ない。何の脈絡もなく施設案内される→主人公が改名する→パートナーの女が増殖する→イベント起きなくて詰み…… ?????

10.『武神の目覚め』 【8】
進める上で参照すると便利な情報を画面内にきれいに詰め込むセンスが大変素晴らしく、プレイ快適。周囲にいる雑魚を倒せる状況を作ってしまえば無視して進むのも倒して進むのも時間殆ど変わらないぐらいサクサク戦闘。
ただ難易度が低すぎて物足りない。このシステムでもうちょっと先までプレイしたい。

11.『The game of gohsts。』 【2】
当たり判定超曖昧だから嫌なんだってー。
台詞回しが洗練されてなくて読みにくい。

12.『シュネレプント』 【4】
初っ端の「14-3=12」「バカ17だよ……」はどう扱っていいのか分からない。本気で言ってる気がする。
システムとか頑張ってるのは分かるけどグラフィックで敬遠してしまう。

13.『COSMOS』 【1】
だだっ広い同じような構造の教室で虱潰しに鍵探しして順々に扉を開けていくだけゲー。
エラーでファイル名真・女神転生戦闘BGMとか表示されたが規約的に大丈夫なのか。

14.『魔空物語』 【1】
日本語あやしすぎる。楽しげな雰囲気のBGMの中で人が死んでるし選択肢で即死するしよくわからない。

15.『nextutozinrpg』 【1】
エラーメッセージ出るレベルのバグにまみれてる。ストーリーも何をしたいのか何をさせたいのかサッパリ分からない。

16.『退屈少女』 【3】
クソゲーラッシュで疲れたのでほんわかした手書きグラフィックってだけで癒しかわいい。でも盗賊ボス強いのでやめた。

17.『Princess not known』 【5】
マリオとワリオとか勇者御一行様殺人事件とか思い出す誘導系。着眼点は面白いと思う、
やっぱりこれ系アクションは当たってるのに当たってないことにされるからやだ。頑張って最終章までは行ったけどここの攻略法がわからない。たまにアルミ折り鶴が鍵に変化するが、変化したからと言ってヤンデレ回避出来ないし、常識的に考えて変化する意味が分からないので理不尽。

18.『現実の使者』 【1】
なぜセーブするとゲーム終了しようとするのか、ファミコン世代か。そしてなぜ毎回ゲームと特に関係ない東日本大震災被害者にお見舞い申し上げるのか。
ヒールの巻物が意味無かったり、突然超攻撃力上がったりもういいや。

19.『トレジャーはんてぃんぐ!+』 【4】
典型的第3弾。遠距離からカーソル上直接攻撃できていくらか直感的だからまだマシかと思ったけどやっぱり無理。自分が動くとフィールドが動く→カーソルがズレるのがつらい。かと言って連動したらそれはそれで難しそう。
グラフィックやシステムはちゃんとしてる。

20.『Seeker!!』 【5】
なつかしい感じがする丁寧な作りのほのぼのRPG。面白いかというと別に……。
フィールド移動が面倒。



とりあえずここまで
スポンサーサイト



  1. 2011/08/14(日) 23:04:04|
  2. その他ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1