FC2ブログ

11夏完

全体的に粒揃いでそこそこ楽しめるのが多く、最後まで見たやつの中では上下の格差小さかった印象。
多分評価順。



輪るピングドラム
これだけ未完なので評価外でいいけど期待枠。
謎が明らかになる度更に多くの謎が追加されてどんどん混迷を極めていく。しかし「謎だらけだから真相が気になる」と「謎だらけだから興味なくなる」の違いはどこで生まれるのか。サムタイムゥブラックラビットゥオヴダァエヴィルスピリットゥ……。
結局何をする話なのかよくわからない非定型なところも魅力。


日常
何気ない日常は奇跡の連続で成り立っており、つまり日常と非日常とは境目なく区別不可能な概念なのだと。
笑いあり涙ありの良作だった。ギャグの中にいい話混ぜ込むの卑怯だろ。くっそくっそ。


うさぎドロップ
放浪息子相当だ。問題は提示するが明確な答えは出さないみたいな場面が多くて、ほとんどドラマ性のみによって成り立っているいろはと対極的。
続き気になると思ったらその先の話はこの幼少篇と打って変わってなんか評判悪いんだけど、もしかしたらこのまま思い出の中に閉じ込めて終わらせてしまうのが正解なんだろうか。


BLOOD-C
グロ・ホラーとギャグは紙一重という好例。
もうむっちゃくちゃだけど、どんでん返し展開好きなので少なくとも序盤我慢して見続けた分の価値はあった。もっと圧縮しても問題ないだろうと思われた展開も、「もうこんな茶番うんざりなんだよ!」というキャストの心情とシンクロさせる目的があったと思えば意味ある。そうじゃなかったらみんなどうしようもないクズじゃなくて意味が分からないクズだったもの。
ただこの種明かしだと小夜は自由に動けたはずなので、小夜こそが一番ストーリーの都合にそって動かされてるように見えたこと(見殺し等)の理由が解決できないのはアレ。


花咲くいろは
安定。最後のほうでまたドロドロの朝ドラ昼ドラ感が帰ってきたので満足。
好きなキャラはみんち。公私混同がどうのって話が成長フラグかと思ったらそうでもなかったりするところとかいいじゃない。


神様ドォルズ
過去編の人間関係ドロドロ辺りからだいぶ話に興味持てるようになった。誰が主人公だか分からないけど。現代編は主人公が何の能力も持ってない状態でうだうだやってるのがよくなかったかな。
あと詩緒の表情が豊かだったのは良かった。


逆境無頼カイジ 破戒録篇
面白いけどやっぱりいくら圧縮してもどうしようもないほどに展開遅かったわ……。
コミックス一気読み一択のような気がする。更に輪をかけて遅いイメージある堕天録もいつかアニメ化するのかなあ。同じペースなら17歩で2クール、友情確認ゲームで1クールでしょ。アカギも同じような感じだし、零か銀と金の方に手を出したほうがいいんじゃないか。


NO.6
シリアスなシーンで「さっきのはおやすみのキスじゃないお別れのキスだ!」とか言い出すのが衝撃だった。男同士なんだけど! そこからはもう一体何やらかすのか、三角関係はどう決着つけるのか毎回気が気じゃなかった。
だってホモって言ってもタイバニみたいに匂わす感じでギリギリのラインは超えないと思うじゃん……。純マンみたいに最初からホモアニメという売り出し方したんじゃなく、近未来SFアニメとして始まったわけで……。
ホモ抜きにした本筋は中盤~終盤若干盛り上がったけど、ラストのなんか死んだと思ったらなんか生き返ったりして色々適当に投げたのはひどかった。結局またキスしてるし。


TIGER&BUNNY
最後まで王道で突っ走った。
認識を強制する能力が存在する以上、その対策を持っておくのは当然で、その費用対効果で世界のバランス成り立っているが、システムの間隙を突く悪の攻撃に主人公がどんな奇策で立ち向かうか、みたいな話のほうが好き。好みの問題だけど。


神様のメモ帳
地味で説明不足でわかりにくいままだった。
アリスの他人を見下した態度が鼻につく。主人公の行動原理がいまいちわからない。そんな主人公になんでアリスがデレたのかもよく分からない。


評価外
BLEACH
[11夏完]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2011/10/05(水) 09:04:47|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0