FC2ブログ

14秋完パケ



【9】 

SHIROBAKO 

本田さんが監督の代わりに反論するシーンで泣いちゃう。あるぴんの好物会議でも興味なさそうにしてたし、ケーキ屋さんとか言い出すもんだから、あんまりアニメ自体に執着ないのかとすら思ってた。その本田さんが!
1話放送時は諌められてたタローのカウントダウンに皆が乗るようになったのもそうで、共に仕事をすることで熱量が高まっていく感じ。
有能描写のある人は当然格好良いし、出番少ない人でもアニメ仕事好きって共通点があるだけで皆好感が持てる。

制作と作画はだいたいやりきった感があるので、2クール目は声優と脚本と3DCGか。入り口すら不明の脚本が一番気になる。文を書くだけなら誰でもできて良し悪しを判定しづらいせいか、ほとんどコネしかないイメージ。まずラノベやエロゲでヒットを飛ばすのが最短なんじゃないか。





【8】 

selector spread WIXOSS

ラスト数話の急展開で特殊ルールをたくさん使ってやや強引にまとめた感。全部選んでいいならそりゃ全部選ぶわ。常に苦行に中に身を置かないと満足できないなんてマゾヒストだもの。とりあえず叶えられる願いを100個に増やしてくれ!
結局ウリスの一人負けなのか。彼女は遵法精神に溢れた小市民なんだよ。ここまできたらもうEDで憎々しげな様子を見せてくれてもよかった。

演出的に見ると、ずっと鬱屈した雰囲気が憧れていた青空によって解消されたカタルシスは大きい。



PSYCHO-PASS 2 

シビュラ進化は妥当な落とし所かな。むしろ過去の失敗に基いて問題点を改善できるなら良システムと言えるのでは。
現実にも最高裁判所裁判官国民審査があるけど、未だ罷免された人いないらしいじゃないか。大半の人は裁判に興味持ってないし、よくわからないのにバツ付けづらいし、ちゃんと機能しているのかどうかよくわからん。

霜月もなんだか面白い立ち位置で落ち着いた。しかし上の決定に従ってるだけだから自分は悪くないって思考は、集団的サイコパス判定の餌食になるような気がする。どう定義されるのかまだ決まってないような感じだったが、理想的な市民と称されてたから違うのか。

映画はレンタル来たら見ようかな。



四月は君の嘘

この作品は裸足制服のエロさというものをよくよく理解して作られているいると思います。それ以前にラノベエロゲでは普通のブレザーがなかなか見られないので清涼剤となっている。

かをちゃん心情を踏まえてから改めて最初のほう見ると、色々と見方が変わって面白い。男に対して媚びを売る女を演じる粗暴な女を演じるとかややこしいことしてて、基本ダシに使われる渡が哀れに見えてくる。
病気関連の話も楽しみ。

若干展開遅めのような気もするが、心理描写がメインディッシュなところがあるし、丁寧にやってくれればそこまで気にならない。



実在性ミリオンアーサー

ちょいちょい変則構成や小ネタ挟んで飽きさせない工夫がいい感じ。
歌はトンガリ童子のが格好良くて好き。キャラは大仰な演技が聴きやすくて心地良いのでロット王好き。

重要っぽい場面をダイジェスト進行するせいでストーリー掴めないところもあるが。
まず時代背景がかなり謎だ。中世ファンタジー的世界観で戦闘爆撃機とか出てくると違和感すごいし、そもそもアーサー王の時代のブリテン人口100万人もいないし。魔法が存在するせいで科学が異常発達して文化や政治が置いてけぼりになったような世界なのか。




【7】 

結城友奈は勇者である 

フラグ立てるだけ立てて回収されないことを楽しむなのかと思っていたこともあった……。かなり日常偏重した構成だったが、やっぱり崩壊後の話のほうが好きなので、仕掛けるのが遅かった印象。
みんな死ぬしかないじゃないに至ってから戻るまでと、友奈が植物状態になってから戻るまであたりの描写をもうちょっと充実させてくれればというところ。
11話のにぼっしーは良かった。連続満開の勇姿は忘れない。

神樹の謎パワーの貯蓄量と時間あたり生産量に限界があるとすれば、散華分の前借りはバーテックスの一斉襲来への対抗手段として有効で、撃退により余裕が生まれ次第返済されるのは筋が通る。
しかしあまりにも東郷さんが戦犯すぎるので、反抗する意志を見せたからこそ返してもらえた説を推す。神樹がアホっぽくなるけど思い入れがあるのは勇者部側だから我慢してもらおう。その分のしわ寄せが友奈立ちくらみや後輩勇者に行ってるということで。



俺、ツインテールになります。  

私はクラーケギルディだった……?
好きなものを否定されるのは悲しいので、麗しき貧乳の姫にも貧乳を好きでいてもらいたいものだが、どうすりゃいいんだろう。そーじに褒めてもらえれば一発で解決するんだけど、あいつは正しい意味でのフェチズム持ちで女性自体に興味が無いから……。
というかファッション系以外の属性は、当人の外見と属性が一致しないことがままあるよね。コンプレックスも感情の高ぶりという点で属性力に含まれるのか? 奪われたら巨乳化する? そんな解決法は見たくないけど。

ビジュアルに惹かれた面が大きいので作画は頑張って欲しかった。作監チェックスルー状態なのでスターリングラードより酷そう。それでもぷる天よりはマシか。
海外にグロス出すとコンテの日本語読めないから衣装の場面整合性取れないミスが多発するとかの無駄知識もSHIROBAKOのおかげで得る。



寄生獣 セイの格率  

いい感じに忘れてて初見的楽しみ方で来てる。キャラデザ違うおかげで誰がどの役割のキャラだったとか思い出しにくい。

現代劇のすれ違い表現の枷になりがちなスマホの処理もうまい具合にできてるし、オリジナル要素もよし。



クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

毎回しっかり話進むし、クズの見本市みたいなの見れて楽しい。これがエンターテイメントだ。

お金さえあればなんでも買えるし、ガス抜きイベントとかも考えられてて、なんだか意外と悪くない生活のような気がしてくる。カジュアル奴隷。結局反乱は起こしてるんだけど。
革命には成功したものの、自由に生きるるのはもっと難しくて、実は管理されていたほうが幸せだったパターンに陥ったりしないだろうか。



超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ

一応ルールはあるらしいが、ルールブック書いた人の思考の埒外レベルの奇行なら全部通る。メンコはパワーやテクニックではなく発想力の勝負だ。
投げる時に風は必ず起こるから、風おこしはありというか取り締まりようがない。むしろ袖による風なしにはひっくり返せない説まである。

ウニ投擲だけは全く意味がわからない。ツッコミがツッコミとして機能してないあたりに浦沢の影を感じた。一つ上の領域にシフトしたか……。





【6】 

蟲師 続章  

特に言うことがないというか、途中で寝てしまうこともあったが、このアニメに関しては正しく役割を果たしていると思う。



弱虫ペダル GRANDE ROAD 

脱落した人が死亡みたいな演出なんなんだよ。ロードレースに勝てぬ程度の人間は重罪人として死刑に処されるとかそういう世界観じゃないよな。

やたらジャージをゴールにブチ込むという表現に拘ってるので、きっとゴール直前に汗でぐちゃぐちゃになったジャージを脱いで丸めて投げ入れるに違いないという期待がある。適度な重さにするための発汗量の調整や、どのタイミングで投げるかという高度な駆け引きが繰り広げられる。
 




【5】 

神撃のバハムート 

アザゼルさんはどこの世界でも豚足やガンプラ食わされる程度の存在なのか。

ラストでいろんな要素回収して綺麗に締めた。今期はいまいち納得いかないハッピーエンドが目立つんだけど、腕一本犠牲に中ボス撃破、ヒロイン生死不明だが再開できると信じる、というあたりが理想的なエンディングのバランス感覚だと思う。



アカメが斬る! 

原作継続中のオリジナルエンドはたぶんアルペジオ以来か。こっちのタイプのほうが好きかな。
異様に作画良かったロボ回だけでも価値あった。流石に最終回前に主人公死ぬとは思わなかったし。主人公じゃなかったのかもしれんけど。ドラえもんの主人公はのび太なのか、こち亀の主人公は派出所なのか問題。



甘城ブリリアントパーク  

自爆営業ありならもうなんでもありだ。入場料をマイナス1000円ぐらいにしたり、一旦従業員全員解雇して客としてゲート通してから再雇用したり、カウンターを直接いじったり、契約先の偉い人を洗脳して達成したと誤認させたり。可能性は無限大!

ラティファの呪いは某キチガイ錬金術士関連でも同じような流れを見た。14歳という微妙な年齢を特別視し永遠に留めようとする気持ちも分かるが、一瞬で過ぎ去ってしまうからこそ美しいのであって、成長するというバッドエンドは甘んじて受け入れなくてはならない。

PVはGoogleの1年を振り返る動画に似てる。あれは無作為に並べることで人間の営みが感じられるのでいすずの反応は正しいと思う。



Hi☆sCoool! セハガール 

ソニックとか大物が相手になったときに腫れ物扱いになる感あった。もっといじり倒してもよかった。
取り扱われた中ではジェットセットラジオだけ移植版やってた。チュートリアルが難しすぎてクリアできなかったのは後にも先にもこれだけだと思う。
まあゲームギアでたから満足だわ。キャラデザ有能。

現実とリンクさせることによる偽装ハッピーエンドはテクニカル。
実際の販売台数、日本ではサターン>メガドラ>ドリキャス、世界ではメガドラ>>>ドリキャス>サターンぐらいの感じ。北米人気が高くて全世界だとN64より売れてるメガドラと、FF7が出るまではPSより売れてたサターンはそれなりに報われてるんじゃないか。ドリキャスは……うん……。



デンキ街の本屋さん 

メインキャラだけで店回してると思ってたので、店員がいっぱいいたのが信じられない。カメラさんがミスディレクションの心得を持ったイリュージョニストなのか。



ソードアート・オンラインII 

そういう世界観なんだからと受け入れるべきだと思うんだけど、このネトゲ廃人どもめという感情が邪魔をする。
それを考えるとママンはこの手のタイプのキャラとしてはめちゃくちゃ寛容だ。基本的に押せば条件付きで折れてくれるし。

技術超進歩してるのに妙な所でレトロゲーム概念が残ってるのがネックになってるのかな。重量オーバーでジャンプできないとか普通に物理演算で持ちにくさ表現すればいいんじゃ。
泣くのを我慢するが実装されてないってことは、大の男がちょっとアイテムロストした程度で号泣したりする地獄のような光景が見れるんだぞ。怖いよ。





【4】 

グリザイアの果実 

原作はもっと色々説明してた気もするが、やっぱり標準的なエロゲ分量をちゃんとこなそうとすると4クールぐらいは必要なんだろう。途中まで普通のペースで進んでラスト超圧縮するようなやつよりはペース配分考えられてたからだいぶマシか。
副産物として一足飛びに試行錯誤無しで正解にたどり着く様は痛快ギャグとして楽しめたのでいいでしょう。

蝿の王の主人公が狼煙万能説を唱える狼煙信者で狼煙のためなら人殺しも辞さないタイプだったのを引きずってるわ。あいつならきっと多少の悪条件なんかには負けずに狼煙を上げてくれるだろうという絶対的な信頼がある。




【3】 

テラフォーマーズ  

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからなこのはてしなく遠いゴキブリ坂をよ…

主にバトルシーンが見たいのに回想ばっかりやってて、どんどん登場人物と視聴者のテンションの差が広がっていった感じ。



魔弾の王と戦姫 

ロリピンクは……? 唯一の麗しき貧乳の戦姫ロリピンクはどうした!?



繰繰れ!コックリさん

結局見てたようでほぼ見てなかった。この厄介な枠どうしよう。

スポンサーサイト



  1. 2015/01/11(日) 23:18:30|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0