FC2ブログ

15春アニメをトリアージ

前回のメモはギリギリ今期開始前に上げようとしたせいで間違いが目立ったのでもっとゆっくり書こう。



【9】 

響け!ユーフォニアム

全員やる気満々の部活ものに対するモヤモヤ感を見事に具現化してくれた。嫌な思い出が色々蘇ってくる!
個人的に類似の部活でやる気ないのに流されて全国行った経験上、高校の部活に自主性なんて求めるべくもないと思っている。コンクールにおける強さは顧問のスパルタ度合いで決まるし、部員全員が顧問の命令に従う傀儡と化す以外に、数十~百人レベルの集団の意思統一する方法などないのだ。
だから建前上自主性に基づいて活動しているという言質を強引に取られてもなお、顧問にケツ叩かれなきゃまともに練習しないところとかすごいリアル。

ガチ勢が辞めてエンジョイ勢が残るというのも、団体芸術系部活ならではの展開。
これがスポーツであれば団体競技でもせいぜいレギュラーは10人程度で、そいつらにやる気があれば事足りるし、もっと言えば超天才に頼ったワンマンチームでもある程度までは勝てないこともない。
しかし吹奏楽は(コンクールに人数制限はあるが)基本全員レギュラーな上、超天才がいたとしてもヘタクソが混じってたら完全に台無しになる。良い合奏にするには全体の実力の底上げが必須だが、エンジョイ勢は既に満足しているので動く必要がなく、するとガチ勢は練習しても意味がないので辞めるしかなくなるという。他人の意識を変えるなんてことは無理。





【8】

血界戦線

声優の被り方的にも世界観のごちゃまぜ感的にも洋風銀魂みたいになっとる。
基本的に世界の危機が迫ってる状況でも楽しそうなのが魅力。そして盛り上がるポイントでの音楽の使い方が痺れる。

ジョジョ1部2部レベルのすっ飛ばした原作消費ペースだったりして、説明不足は否めない。魔神が1ナノ秒でビル斬れるなら光速超えてタイムスリップしてるんじゃないかとか、そういう細かい設定に内藤イズムは潜んでいるし大事にして欲しい気持ちもあるが、テンポと演出を重視するという判断もアニメとしては正解なので。後で単行本買おう。
SQは出張で19の方が本連載だったらしいから思ったより全然読んでないな。



ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダースエジプト編  

ペットショップ格好良いが、突然ナレーターが生物の機構について解説し始めるとテラフォじみてくる。

この辺りから荒木先生がやたら比喩表現大好きになるよな。コーラ飲んでゲップと氷柱をケツにぶっ刺すのが印象に残ってる。



ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 

やってくれたな!
紛れも無くクソアニメなのだが、何故か最低1日1回は再生するのをやめられない危険電子ドラッグ。UTSUWAが終わって空いた穴を埋めるようにこのようなアニメが現れたことに縁を感じざるを得ない。

よくよく考えるとこの作品を普通に格好良いアクションアニメとして製作するのは、 “Aieeeee! A ninja? Why a ninja?” を「うわあああああ! 忍者? なぜ忍者が!?」とかそんな感じに翻訳するのと同等の行為ではないか。ほんやくチームの意志を汲むのならこれが正しい。

ヤモト=サンはカワイイヤッター! 平坦な胸のハイスクールガールが突然力を手に入れるってアメリカ人らしからぬ発想な気がする。





【7】

俺物語!! 

ちはやの時の癖で日オン見ようとしたが有料だった。寄生獣の後枠にも入らないし2日遅れのGyaoしかない。

顔よりも中身という話かと思ってたんだけど、これ顔にも惚れてるから好みは人それぞれという話ですな。しかし猛男は漢の中の漢だし、砂川はイケメンだし、大和はいい子っぽいし、メインキャラみんないいキャラでほのぼのできそう。

心理描写に比べて痴漢や鉄骨などイベントがやや陳腐なのが気になるか。演出的にはギャグとして割り切れという考えが見て取れるので頑張って切り替えよう。



シドニアの騎士 第九惑星戦役

今期は被りないからテレビで見れる。動き激しいからだいぶ印象が変わってくるなあ。

海苔は早速やらかすし、不死の船員を鉄アレイで殴り続けると死ぬし、盛りだくさんで2クール目も勢いは失われていない。



攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE

思ったより攻殻攻殻していると思ったら、オマージュだらけだった所為か。
声は前のが良すぎたので経験ありの真綾以外は慣れるのに時間かかりそう。

1話2話はかなりわけが分からなかったが、3話からはいくらか分かりやすくなった。
一応この放送順は初期案に従っているみたいだが、最初から時系列入れ替えるつもりで作るのと、通常の順に作った後で時系列入れ替えるのとでは、見せ方に違いが生まれるんじゃないかと。



放課後のプレアデス  

空や海や宇宙を背景に飛び回る映像が美しい。ちょっとしたSF要素もアクセントとして機能している。
今のところ個別キャラ回の脚本が良い。割と蔑ろにされがちだが、家族との関係にスポット当たるとどういう人生歩んできたか想像できて感情移入しやすい。

貧乳率の高さが際立つので変身時衣装はずっと水着でもいいんだぞ。





【6】

パンチライン  

地球が滅んでも時間が戻るだけで特に失うものがないので意味がない。提示される目標も「何故そうしなければならないのか」という疑問が全体的に「深く考えるな」で強引に誤魔化されてて謎だらけ。

まあever17の例からすると伏線回収まで長いのはわかっているし、変人たちの日常編もそれなりに楽しめてるのでそんなに不満はない。



てーきゅう 第4期
日本語リスニングテストみたいだ。見終わった後に何も残らないので結局ニコ動で復習する羽目に。
何気にデフォルメなのに立体的な作画が秀逸。

高宮なすのです!
スピンオフなのに結局本編とやること同じじゃねーか!
なすの先輩はお金持ちなのにやたら体張るから嫌味にならない。

てーきゅう 第1期&第2期
こっちは復習できないがギリギリついていけるスピードなので助かる。

ヤマノススメ
ヤマノススメ15分のイメージだったけど1期は5分だからまとめても15分枠だった。こうなるとマンパと繋がらなくて山田君の価値が下がる。
もう配信のガバガバ音量調整じゃないと満足できないわ。



プラスティック・メモリーズ

9年で壊れるって分かってるなら、最初から心の準備をしておくことが出来るんだから、直前になってゴネる気持ちがいまいちわからないんだ。人間の場合でも、事故などで若くして死んだら悲劇だけれども、老衰なら割と和やかな空気で見送るものじゃないか。
9年という時間は愛着を持つようになるのに十分で、別れを割り切れるようになるほど長くないということかなあ。

人間と区別がつかないアンドロイドを人間扱いできるのかは重要テーマだから、当たり前にアンドロイドの人権が認められてるの気になる。どういう経緯で法案可決に至ったのか。
 
瞳が小さくなる表情が可愛い。特にミチルが好き。





【5】

SHOW BY ROCK!!

なんとなくメディアミックスだと思ってたがゲーム原作だった。様々な層向けの要素を取り込んだカオスさで同じくサンリオ系のマイメロを思い出す。

この3DCGはマット加工されたような質感でピクサーっぽい。2Dっぽい加工よりこっちのほうが手間かかるのかな。

さすがに1期見てないラブライブ2期見るのは意味ないなあと思ったので、マンパを途中から見るというアクロバティックで危険性満載な視聴になる。



グリザイアの迷宮 
グリザイアの楽園 

果実に比べるとかなり茶番感が薄まった。
エロゲらしいえげつない展開だが、あまりにも矢継ぎ早に不幸すぎて笑っちゃう。そろそろ報われても……いや大半カットされてるだけで実際にはセックス三昧だから割と報われてるのかも。



てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう

有料だった。仕方ないからニコ生で見ようとするもチャンネル公式ページに生放送情報なくて予約忘れるわ。

そろそろ飽きてもおかしくない時期だが、あの手この手で新しさを追求してくるので繋ぎ止められてる。卓球とかお化け屋敷とか、どんどんラジオのアニメ化からバラエティ番組のアニメ化にシフトしてるな。





【4】

終わりのセラフ

制作会社的も進撃っぽい。内容は幼女が戦わないブラブレの方が近いかもしれん。
悲惨な情勢になってるかと思ったらいきなり学園モノにシフトするし、世界観どう見せたいのかよくわからない。脱走して初めて見た景色なんか、原作だと人がいそうなビルが普通に残ってたが、アニメだと冬のせいか人がいなさそうだったり。

ヒロインはシノアもクルルもSっ気があって好きなタイプ。



アイドルマスター  

やっぱりゲームファン向けっぽくて正直あんまりなんだが今は雌伏の時だ。

デレマスと似たキャラが結構いるんだけど、微妙に方向性が違うのが面白いかな。
考えた対応は春香→卯月、美希→杏、千早→凛、貴音→蘭子、亜美真美→みりあ莉嘉、雪歩→ちえり、真→李衣菜、あずさ→美波、やよい→きらり、響→未央? 
余り 伊織律子 みくかな子アナ



超爆裂異次元メンコバトルギガントシューターつかさα

全2話でいいのかな。終わった。
商業主義と切り離されていることが重要だったんだと思う。商品発売しても売る気が感じられないところとか。





【3】

銀魂° 

謝罪会見スタートはgdgdを思い出す。
こっちも色々変わってるけど、制作会社はサンライズの子会社、スタッフは元々演出やコンテやってた人が監督に上がって高松が音響監督まで下がるとか、順当に世代交代してるだけだから劇的に作風が変わることはないでしょう。

ただかなり長期に渡ると思われるのと、今期の銀魂成分は血界戦線で補給できるから銀魂はなくてもなんとかなるのとかで微妙な線。とりあえずはどうせ録画だから保留。





【2】

山田くんと7人の魔女

どのキャラも異常に物分かりがよくて展開速い。そもそも物語を進める動機が弱いからそうならざるを得ないのかも。特に入れ替わる必要がないときでもなんとなく好奇心で入れ替わるし。そんなに不用意に入れ替わったらそりゃ秘密維持なんて出来ないよ。
入れ替わりのお陰で声優が普段あまりしない演技が聞けるのは変な演技好きとしてはポイント高い。

あと伊藤は産卵の時ハラワタ出して死にたがってそう。



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンものなのに端から恋愛脳なのは潔いが、強くならなきゃモテない論への繋ぎ方がなんだかすごく強引だった。現に弱くてもヘスティアには好かれてるし。
まあヘスティアで満足しておくべきだよね。今は黒髪ツインテールが熱いなので可愛い。首から下をロキと交換してくれたらもっと良かった。

あとヘファイストスは夕飯時に仕事依頼してもお母さんに呼ばれてるから断りそう。



えとたま 干支魂

ギャグのノリにいまいちついていけず、3DCGの技術披露アニメみたいな扱いになってる。シドニア、てさプル、商売とCGアニメは少なくないが、3頭身だと動きの違和感が少ないという利点が。

にゃ〜たんのウザ可愛さとキャラ作りのためなら脱ぐことも辞さない姿勢は嫌いじゃない。ちゃけりゅぅ~。



レーカン!

見えることがバレたら変な子扱いされるのは確実なので、隠す努力は必要なのではないかという思いがある。だから見えるのを積極的にアピールしていく姿勢の時点で共感できなくなった。
ED絵でやろう。



ミカグラ学園組曲

イカれたみゃーもりのテンションについていけない。
急に崩して動かす作画に変わるバトルシーンは見たかったが。



ガンスリンガー ストラトス

ニトロ主導で作画が早期にヘタレ気味ってドラマダっぽい。

何故3話で死ぬと衝撃なのかを考える必要がある。マミさんは味方陣営で唯一の戦闘要員かつ唯一事情に詳しそうな人間(実際には詳しくなかったが)だったから、死ぬと一気に話の方向性が見えなくなるとか。





【1】

トリアージX

巨乳率が高過ぎる。
ニップレス貧乳なんてキャラがいたらそれだけで見るかもしれないが無理ですかね。



電波教師

夕方だが深夜にも再放送してたので一応。
妹の声くっそ汚いと思ったら案の定政治的なキャスティング臭がして、声優を神扱いする台詞がすごい皮肉みたいになってた。







月 庭球他 商売69
火 (銀魂゜) ユーフォ ジョジョ
水 プラメモ 放プレ
木 (忍殺配信) パンチラ
金 (俺!!配信) アイマス シドニア
土 終セラ 血界 (てさ配信)
日 グリ楽園 攻殻A3

放送自体の数減って被りも減ったが、普段は主に時間帯を理由に切ってるので見る本数はあんまり減ってない。
そして分散しすぎて24時→27時とか1日の中ですら分散するの多くてちょっときつい。
スポンサーサイト



  1. 2015/05/08(金) 04:22:57|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0