FC2ブログ

13夏みかん

録画できるようになってから、眠いから録画して寝ようってなることが多くなった。
今のところ録るだけ録って貯めこんで結局見ないって事態には発展してないからセーフ。



【9】

進撃の巨人

話知らないのも手伝って、女型登場あたりから俄然面白くなった。
すごい人を呼ばないと実現できないレベルのアクション作画をコンスタントに出してた感じ。2Dと合わせても違和感のない3D利用作画技術が大きく貢献してそう。。
地方の壁崩壊で作画兵団の生死が気になっていたが、MBSMXが明確に未完成状態になるのは1回だけでなんとか持ちこたえた。

リヴァイ班が散る回の録画を何回も見てる。特にオルオの万感こもった「死ね」が好き。
当たり前のように通用しないが、初陣でおしっこ漏らした経験告白は死亡フラグだから仕方ない……。

女型の正体はネタバレ食らっちゃったけど、知ってるからアニに見えるってレベルじゃなく完全にアニな気がする。ミスリードという可能性は疑っただろうけれども。
人間タイプの巨人が何を目的にしているのかさっぱりわからない。単純に敵なのか。危機感を煽って腑抜けた人類に鞭を入れ、最終的に勝利するため……はいくらなんでも人間殺し過ぎだし。捨てられる人間にしか何も変えることが出来ないってそういうことなのか。

売上的に2期ないわけないので期待。ストック溜まる1年半後ぐらいか。20巻ぐらいで完結予定?らしいので、それまで待ったほうがクオリティ的にはいいものが出来そうだけど、現実的には連載終わらせてもらえないとか、オリジナル入れてでも早くアニメ化したいとか思惑が絡みそう。



ガッチャマンクラウズ

やっぱり社会を動かす作品好き。それでいて、周りのみんな(見守る大人ポジションのODを除く)が一貫して頭おかしいはじめちゃんに当てられて成長していく展開は王道的で熱く、個々人の物語としても見れる。

正体を隠す隠さないはネタかと思ったら意外と重要なテーマに。よく考えると隠さなきゃいけない理由って特に無い。
現実にはヒーローが存在していない以上、誰かがこっそりやってることにしないと辻褄が合わない、という結論有りきの問題だから別に破ってもいいよね。

オチは、みんなが必死になってるスマホのソーシャルゲームの数値上げに、ちょっとした目的意識を与えてあげて、その労力を現実世界に向ければ、それだけで無駄がなくなって世界は良くなるんじゃないか、というところか。ゲームの中では当たり前のようにみんなヒーローやってるし。
実際にはそんなうまくいくかどうかわからないけど、犯罪はなくならない描写でバランス取ってた。現在採用されてるシステムだって問題点はあるし、いちいち尻込みしてたら何も変わらないってことで。

11話落としたせいで12話Bパート(はじめちゃんとカッツェのデート?)が削られたらしいのだけが残念。BDで修正して発売直前に配信してくれたらいいなあ……。





【8】

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

他人とあんまり絡めないからすぐネタ切れするんじゃないかと思ったが、ほとんど毎回見所があって最後まで楽しめた

生死がかかったアニメよりもよっぽど見ていてドキドキしてしまう。せっかく無難に過ごしているのに、なぜそんなにも無駄な行動力を発揮してしまうのか! 分相応ってものがあるだろ! やめろ!

とっくに救われているのに、それに気付かないってのもまた不幸だ。
良い人の多さで好きなよの学校との圧倒的偏差値の違いを見せつけている。





【7】

とある科学の超電磁砲S

やっぱりちょっとした街の事件をみんなの力で解決すると超電磁砲ってイメージ。
とりあえず助っ人展開は熱いし、アニメなので映像の派手さは重要。

オリジナルで味方に頼ることを覚えて、原作で一人で戦って、オリジナルで味方に頼ることを思い出しって方向修正合戦が繰り返され続けた結果、御坂は脚本に応じて人格を変えられる人形みたいになってる気がしないでもない。



ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation

いくらなんでも溜めが足りなさすぎたかな。面白さはキャラの魅力によるところが大きいように感じたので、ゆっくり掘り下げやってればかなり印象変わってたと思う。
1クールという制限があるのなら、いっそ大胆な改変を入れたほうがベターだったように思えるという意味で、原作準拠を望む声に対する皮肉みたいになってる。

江ノ島さんは見た目一番可愛いと思ってたので、復活したのは嬉しかった。
フィギュア発売が高度なネタバレだったんだな。最初に死んだから、死ぬ順に全員出すんだとやや強引に納得してたが、よく考えたらそんな贅沢なこと出来るわけないわ。

モノクマが事件に介入するのは、モノクマ(江ノ島)も参加者の一人だからということで納得した。
ただ、自分から校則設定しておいて、実際には破ってもなあなあで罰則無かったりすることが多かったのが気になる。

ラストで外に出たら死ぬのでは。超高校級の技能で簡易空気清浄機でも作ってからにしたほうが、と思ったらこいつら文系と体育会系ばっかだわ。



宇宙兄弟 

前回までのあらすじに加え、前回までのあらすじ(cv高山みなみ)とミスターヒビットという新たな引き伸ばし策が生まれて、どんどん本編が短くなっていく。もう完全に漫画と運命を共にする気なのか。

技術開発部で成果を出したら「こんな優秀な技術者を宇宙飛行士にしてしまうなんてもったいない」と思われるだけじゃないか。これがピーターの法則。

お迎えブライアンは伏線撒いてたのであれだけでもいいけど、やっぱり奇跡には代償が伴う方が納得がいく。






【6】

銀の匙 Silver Spoon  

豚丼案外あっさり食ったなあという印象。過度に命を重く扱わないのは良い。
これは当たり前に殺してきた人がそうでない人と接することで生まれた感覚で、普通の人が取材して描いたらもうちょっとウェットな演出になるんじゃないかと。

逃げることを許さない作品多すぎて何のための闘争本能だかわからなくなるので、もうちょっと逃げを推奨する作品の勢力を伸ばしてバランス取っていこう。



恋愛ラボ  

ヤンの前で壊れるマキが可愛かった。さすがの赤崎千夏。
容姿ならエノ。太眉と砂糖菓子みたいな髪の取り合わせに、少女のちぐはぐな背伸び感が現れている。

ごたついた後に収拾付ける作戦がさり気なく上手かったと思う。サヨ救出時にサヨがどう真実を訴えようと教師陣からは嘘で庇ってるようにしか見えなくなるところとか。




ファンタジスタドール

最初はどこまで本気なのかよく分からなくて戸惑いを隠せなかったが、うずめタンクあたりでこれは疑問の余地なくキチガイの所業だと思い直した。これがジュエルペットサンシャインか……。

これまで長い時間を共に過ごしたことで恩義を感じたりとか、そういう容赦は全くなく離反するのが怖い。鬼畜すぎるだろ。





【5】

Free! 

あんだけ天才描写しておいて県大会予選落ちはびっくりしたが、最終話を見る限りそもそも上を目指す話ではなかった。

怜と凛が同じポジションってのは面倒なことになるなと思ってた。やっぱりどっちかが身を引くしかないよね。
4人仲間から5人仲間に変化したのと、その時点で最優先すべきは凛のメンタルケアってことで、落とし所としては悪くない。

賛否割れてる替え玉展開に関しては有りだと思う派。なぜルールが存在するのか、目的のためにルールを守る必要があるのかは一度考えてみるべきことで、その上でルールを破ることは漠然とルールに従うことよりも尊いと考える。
ただし関係者各位に迷惑がかかるので、どうやって落とし前をつけるのかは難しい。周りのタイムに影響は与えていないし、全国大会行きたさにやったわけじゃないことが明らかなら情状酌量の余地はあると思うが、現実には失格だけで済むのか、無期限出場停止とかならないのか、鮫島に影響は及ばないのか。




幻影ヲ駆ケル太陽

話を聞くことが出来るだけでダエモニア化した人間は絶対に救えないのと、対消滅の設定とで、全滅エンドでしか解決できないんじゃないかーと思ったら、メインキャラ保護バリアで無理矢理ハッピーエンドにされた感が。

あと単体エピソードでも、善意が拗れた結果余計に酷いことになってやりきれない、みたいな脚本でもうちょっと心を抉って欲しかった。





【4】

有頂天家族

変身して逃げればいいじゃんと思う場面が多々あったが、ピンチになると発動できないとは。攻撃側有利で先手必勝すぎるじゃないか。この特性が争いの種だわ。

あんまり覚えてないけど、夜は短しのキャラも出てたんだっけ。あれも割とアニメ映えするような展開多かった気がするし、そのうち来るのかな。



サーバント×サービス

こいつらマジで仕事しないな!

長谷部は完璧超人過ぎて鼻につくタイプのはずだが、ルーシーのその気なさのおかげででバランスとれてた気がする。最終的にデレちゃってちょっとわかんなくなった。




【3】

ステラ女学院高等科C3部

ゆら公が人鬼の道を歩み始めたという評判が流石に気になって7話辺りから視聴再開。こういう負の感情を扱うアニメも少しは必要だと思っている。
奇跡的に友達ができたところで、逆に距離を詰め過ぎちゃってうまくいかないのがコミュ症というもの。もう一つのわたモテ!

もう人間には戻れないみたいな絶望感が素晴らしかっただけに、簡単に元鞘ったラストの展開はあんまり納得いかなかった。一応棒天使以外の畜生どもがゆら公を救おうとしなかったことを反省するフェイズがあったのは良かったかな。



戦姫絶唱シンフォギアG

熱すぎてギャグになるこの感じ。
どんなご都合主義展開でもシンフォギアだから仕方ないみたいなポジションを確立したのは大きい。



銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 

ここまで来たら最後まで見ようと思ったものの、途中で寝落ちしてダンロンで目が覚めるというのがパターン化してしまって、最後の方ほとんど見れなかった。

ロボットアニメの作法に忠実なのは分かるが、ロボット自体にあんまり興味ないのと、キャラの驚きと視聴者の驚きがリンクしないところは作劇上の小細工は使わないというこだわりに見えるが、堅実過ぎて地味に映ったのと。その辺。








単発など

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。14-16話

タイトル的に考えて桐乃ルートを選択するのは正しい。
しかし、あんだけ多くの人間の想いを犠牲にしておいて、すぐ婚約白紙に戻すのはずるい。とりあえず両親を説得して、それでもダメなら駆け落ちするぐらいの覚悟は持って欲しかった。
結局は「兄妹でセックスぐらい普通にするでしょ?」とか言って、ずっと爛れた関係続けるんだろうなあと思うと。



コードギアス亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた

キャラ総入れ替えで興味持ちにくいし、話に動きが少ないから退屈に感じた。監督脚本別の人なら仕方ない。
秘技足場崩しが健在なぐらいで、ヴヴヴのほうがよっぽどギアス。



ポケットモンスター ジ・オリジン

BGMだけでもノスタルジックな気持ちになる。音楽の力ってすげー。
第4話は「懐かしかっただろ? じゃあXY買えよ」という話。懐古するだけじゃ制作費出してもらえないからね!



Angel Beats!特別篇

こんなに勢いだけで押し切ったという言葉が似合う話もない。
楽しいふりをしていたら実際楽しくなってくるというのはあるので、うっかり消滅しちゃうんじゃ……。
  1. 2013/10/06(日) 00:50:50|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<13秋みょみょ | ホーム | 空が灰色だから>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/1009-7289c77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)