FC2ブログ

1330

やっと規制解除されたー。
穴潰しに時間かかりまくったこれを出してみようか。
多少嫌な予感はする。


ロカでの二人戦最終ラウンド直前、現在ダイスを振り空き地に止まったところである。
確実に勝利せよ。
ただし両者ともまだ砦は通過しておらず、また下図土地以外で戦闘は発生しないとする。

↓両者進行方向
城 ←敵現在地
LV1 敵領地 ウィルス(ST10/HP10+10)
LV1 空き地 ←自分現在地 
LV5 敵領地 オールドウィロウ(ST20+10/HP100+50)(ミューテーション*3+ファンタズム)
LV1 敵領地 パウダーイーター(ST1+10/HP21+10)(ミューテーション+ファンタズム)

目標魔力:8000G
現ラウンド/終了ラウンド:29/30
ターン順:自分(ダイス済み)→敵→自分→敵→終了
護符:共に0枚
周回数:共に3周目
破壊クリーチャー数:0体
自分呪い:なし
自分魔力/総魔力:130G/1330G
自分手札:任意の2枚(NEXT→任意→以降マナのみ)
自分領地:LV1火水地風各2(属性適合地にコボルト・マーフォーク・タイガービートル・Gバット各2)
敵呪い:バリア
敵魔力/総魔力:500G/5140G
敵手札:アーメット・イビルアイボール・ウィングブーツ・マジックシールド・バックラー(NEXT→リコール→リコール)
敵領地:上図3つに加え、LV1火水地風各2(属性適合地にピラーフレイム・アイスウォール・ストーンウォール・ハリケーン各2)
禁止:Eカード


解:マイコロン・レザーアーマー・テレキネシス

1ラウンド目
自分:マイコロン(30G)設置
相手:何もしないorウィルスをマイコロンへ侵攻してマイコロン増殖ウィルス破壊
2ラウンド目
自分:テレキネシス(100G)でオールドウィロウをマイコロンへ侵攻させレザーアーマー(0G)使用。
相手の行動に拘らず土地が全て埋まっているので火LV5にマイコロン増殖、ウィロウ土地に戻れず破壊。
相手:何もしないorパウダーイーターをマイコロンへ侵攻、破壊発生せず。

ウィルス侵攻しても応援クリ自身戦闘中応援無効とマイコロンの再生によってぎりぎりで生き残れるところが地味に好き。

問題自体には奇跡的に穴は無い模様。
しかし私の認識に間違いがあった。
支援STって消せないんだな…。そういえばペトリフ使っても支援は残ってたかもしれない。
詰めばかり考えて実戦を怠るとこういうことになるんだよという反省。

解説とかもうめんどくさい。
とりあえず想定誤回答がだいたい出たので満足。
サンダービーク+ワームソード+アンチエレメント:アーメットで120vs130で届かず
Gクローラー+バインドミスト+ウィングブーツ:通り過ぎる可能性
Gクローラー+グレムリンアムル+?:ウィングブーツ
Gクローラー+グレムリンアムル+ボージェス:魔力不足
Gクローラー+チェンジソルブ:ウィングブーツ
Gクローラー+チェンジソルブ+ボージェス:パウダーボール
ルナティックヘア+サキュバスリング+?:バックラー
ルナティックヘア+ウィークネス+ガセアスなど:支援10のウィロウボールかラストターンパウダーボール
マンドレイク+ネクロスカラベ+ウィングブーツ:アーメット
ミルメコレオ+ライフジェム+ウィークネス:ウィルス移動による支援ST増加


経緯
きのこ増殖殺しをやってみたかった。しかし確実に殺すにはマップは全て埋まっているという特殊な状況を想定しなければならない。普通に書くとあからさま過ぎるので多少カモフラージュの必要がある。
この部分にかなり苦心した。

マップを指定して何気なく自分と相手が土地いっぱい持ってることを示すのが良さそうだと思った。今までの問題が基本マップ指定しないからその時点で不自然さはあるけど仕方ない。そもそも詰めって仮想マップで行われてるのかどうか。
普通相手に土地は必要無いので最初はアリーナ2で考えていたが、勝利せよ問題だと自爆で事足りてしまうので相手にも土地を持たせる。その結果ロカが候補に上がりかなり不自然さが軽減。
記載方法は「ただし特記されないマップ基本情報はロカに従う」とか「マップ:ロカ」とか考えたけど結局最初に書いてしまうのが一番ましな気がした。

そこからはルナティックヘアとの戦い。きのこと兎はステータス似通ってるし、兎だけシャットアウトするのが難しい。ウィルスの所為でST20で攻めるだけで両方死ぬ。イグニズファツィは範囲が広過ぎる。
結局お決まりの後からイビルアイボールという普通過ぎて美しさを感じない形に。ヌエされても困らないように自分を支援でST11になるパウで。この傾向もあんまり良くないなー。
マンドイレイクHPST交換強要によって自爆というのが中々面白い防ぎ方だと思ったが、これは処理順の関係で兎が侵略側でなければ成立せず、テレキネシスが相手手札に必要になり、そうすると最初に土地確保しない方法が悉くダメになるため不採用。

あとは配置クリーチャー。自分でHW必須と見せかけてテレキネシスというのも悪くは無かったが、スペルの使用範囲が狭まってしまう。そこで足止めクリ。スペル詰めの大敵バインドミスト時通行止めも無効化されてしまうのが面白い。アンチエレメントでも届かないように強化しておく。
ケルピーでも良かったが、自爆ではぎりぎりでどうにもならない感じも演出したかったのでST20は必須だった。ウィルスでHP減っても関係ないっての言いたかったんだ。
オールドウィロウに寄生するのはイメージ的にもぴったりなのでそういう意味でも良し。

これもこの状況決定まで相当紆余曲折あったけどまずまずの出来になったと思う。
  1. 2008/12/22(月) 23:33:16|
  2. カルドセプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RSプレイ日記3 | ホーム | どうでもいい話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/170-a939dd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)