FC2ブログ

リヴェンジ・オン・マッドドッグスリヴェンジ

この前はカレー一皿に対して狂犬15滴の前に完全敗北(オールリバース)を喫してしまったわけだけど、今なら大丈夫かもしれないという何の根拠も無い自信に基づいて復讐を企ててみる。

今回はなんと前回に対して33%増の20滴。
mdr

知らない人からすれば醤油か何かに見えてもおかしくないが、かつて惨劇を経験させられた私にとって、この高々小匙一杯にも満たない液体は恐怖そのものと言って良い。
何しろこれをそのままぱくっと行くのと、タバスコ1リットル一気飲みの二択であれば、考えるまでもなくタバスコのほうを選ぶべきなのだ。467倍ぐらいタバスコのほうが楽。



結果、勝った。
ワンピースの感動シーンばりに涙と鼻水をだらだら流して、こんなの人間の食べ物じゃないと呟きながら完食することを勝利と呼ぶのかどうかは度外視する。

前回の敗北要因は勝ちを急ぎ過ぎたことにあった。
食べるという行為はいわば前哨戦に過ぎないのだが、にも拘らず胃の中に収めてしまえばそれでお終いだという、とんでもない勘違いをしていたのだ。舌という35億年の進化の累積たる感覚器官の発する警告を蔑ろにして何が万物の霊長か。
ゆっくりと続行可能か不可能かを判断しながら食べ進めなければならない。

本当の戦いは食後30分ぐらいから始まる。
断続的に訪れる胃壁への刺撃に耐えられるか否か。身体の内部に起因する苦痛というものは、あまりに逃げ場が無さ過ぎて本当に耐え難いことこの上ない。一寸法師に出てくる鬼の気持ちが良く分かる。

しかし今回は耐えた。ギリギリのところで胃の拒否反応を意志の力を以って退けた。
まだ翌日の尿道と肛門への攻撃は残っているが、そんなものは所詮敗北者の悪足掻きに過ぎず、私の勝利は揺ぎ無い。


こうして私がこの不毛な闘争を通して得た物は、一体何をやっているんだろう…という空虚と後悔の念だけだった。

何事も適度が一番だと思うよ。うん。
  1. 2009/02/08(日) 22:45:20|
  2. 激辛料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<色んな人にごめんなさい | ホーム | RSプレイ日記7>>

コメント

キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!

ななこ好きな点と
この無謀な挑戦をみるかぎり
仮称さんはどMですね(^д^)
  1. 2009/02/09(月) 13:41:46 |
  2. URL |
  3. montan #-
  4. [ 編集]

いやいや、偶然にも加虐対象が自分自身であるSという可能性も捨てきれません。
一行動でSとMの気持ちを同時に味わえるなんてお得感に溢れていますね。
  1. 2009/02/09(月) 20:13:11 |
  2. URL |
  3. 仮称 #/f5/O/l6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/239-306de1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)