FC2ブログ

忍☆忍81ミリ雑感

とうとうzoomeにも権利者の魔の手が…。いや魔の手とか言った所で正義は向こうにあるという抗えない現実があるんだけれども。
忍☆忍はどうなんだろう。なんだかんだでニコ動に1-8が残っている事を根拠に楽観視しながらも一応保存はしている。


・主人公勢
あまりにも目立ち過ぎなインテリ野郎撲滅を企てる主役の方々。
いつも一緒に戦ってる癖に、信頼関係というものがそもそも存在しない。あるとすれば主人公→ななこ、巨人→主人公の一方的な愛だけで、それを除けば完全に利害の一致のみによって協力関係が発生しているに過ぎない。ハットとかセイヨウとかもみんなそう。
そして忍☆忍世界では総じて各人の行動理念が出番の増大に拠っている。それは人命とか任務とかそんなものにも先立つ緊要な事柄らしい。
だからハエハエが暴れてるという人類にとって危機的な事態なんてもうどうでもいいんだ。ほんとにこいつらはジャンプアニメの主人公なのか。

・インテリ野郎
ワルワルに対する想いに気付き、ナナコへの想いが揺らぐインテリ野郎。
何十ミリも渡って一定不変に貫かれた信念も、物語の展開によって変化を遂げるのは、非常に長期アニメらしくて良いね。柔軟な対応力によって描かれるキャラ心情の変遷は興味深い。
インテリ野郎は自らの想いに決着を付ける事は出来るのか。そしてワルワルを殺した悪魔女コーポレーションにはどう立ち向かっていくのか。
でもその前に仲間かと思われた人たちに壮絶に命を狙われているという酷い四面楚歌。

・オーナー
これは抱腹絶倒。
オーナーまさかの本編では典型的悪の組織のボス的凶悪キャラ。別にまさかでもないが。
もう既にオーナーには部下想いの心優しい社長というキャラが付いてしまっている所為で、例えオーナーがどんな傍若無人な行動に出たところで、それを覆す事なんて出来ない。故に発生する激し過ぎる愛の鞭。この凄まじい画面と台詞のギャップが素晴らしくミリしららしい笑いを生んでいた。オーナーのキャラ付けが完璧と言っても過言でないぐらいに理想的。
ちゃんと最後には優しくも生命エネルギー分け与えてあげてたしね!

・名無し(緑の髪の女)
愛の鞭は仲間同士で喧嘩はやめろって意味だよね…?だとしたらなんでこっちの方は全く咎められていないのか。謎過ぎる。

・マフィア
鋼鉄のカードはマフィアから”預かって”いたと言っていた。この表現からすると、あんな退場をした割にはまだ生きてるっぽい。こんなところにも社長の心優しさが滲み出ているが、復讐者的ポジションで再登場でもするんだろうか。



自らの欲望の為に仲間を蹴落とす事も厭わない主人公勢と、とても仲間想いで一致団結している敵集団という構図が、絶対本編と真逆だろうと言う感じで面白い。
次回は名無しのあいつが出張ってきそう。いい加減名前無いままだとアフレコしにくくて仕方ないだろうと思うが、果たして彼は名無しというアイデンティティを維持する事が出来るのか!
  1. 2009/03/04(水) 02:46:57|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<忍☆忍82ミリ | ホーム | 飢渇Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/284-1480e844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)