FC2ブログ

忍☆忍82ミリ雑感

録り直し回。
ここは転んでもただでは起きぬの精神で何かより面白くなる方法を模索すべきなのかと思って考えたけど、特に良いアイディアはなく。映像を知っている事を利用して先読みしまくるとか、面白いのかそれ?
こんなストーリー系のアニメでキング・クリムゾンするわけにもいかないし、今回はとにかくしょうがないです。
実際見た感想としては、1回目の内容を思い出そうとして逆に詰まったのかと思われるような場面がいくつかあったけど特に気になるレベルでもなし。完全アドリブの方が自然に出来るってすごい能力だなー。
あと2秒間の無音とかどこにあったのか未だに分かってない。
まあそれはいいとして以下は普通にお話の感想。


・主人公の人生計画
私もななこに殺されたいけど、個人的には相手を殺せば永遠に自分だけのものになるというよりは、嫉妬心に絆されて手段を選ぶことなく相手を守り抜く方がヤンデレっぽいと思う。だから主人公が全世界の女と結婚すると豪語して憚らないのであれば、それに対するヤンデレは全世界の女を殺すという事になる。ついでに主人公は男にもモテるので全世界の男も殺す。邪魔者が全て消え去ったところで、二人は第2のアダムとイヴになり、新たな世界を創造するのだ…。なんじゃこりゃ。

・目立ち鉢巻
現在一番目立っているのは画面に映っている人だから、画面内では制止して、画面外でだけ発動するという、視聴者には何が起こってるか伝わらない道具かと思った。実質は画面内外問わず派手な行動をとっている人物に向かうってことかな。
現在はネクロフィリアの男がその対象だったようだけれど、結局辿り着く前に偶然襲われてるあいつを発見して、その戦いの最中で壊されて、しかもその事をスルーされるという、何の為に登場したのかすら不明な可哀想な道具だった。南無。

・シャベルー
これでようやく悪魔女コーポレーション社員にも全員名前が付いたかな。喋る武器を持ってるからシャベルーって間接的過ぎて斬新かもしれない。主人公はななこの事が好きでななこはドSだから、主人公の名前はドエスにしよう、とかそういうレベルじゃないか。

・あいつ
襲われているこいつの前に本当に現れてしまった主人公。これは確かにヒロインのピンチに駆けつける白馬に乗った王子様だ。何でこのシリーズはやたらと男がヒロイン化するんだ。
意外と名無しでも不便を感じないなと思ったが、実際はあいつで定着し始めてるのが原因じゃないか。もう忍☆忍で何が名前で何が名無しかなんて全く分からない。



醜い私欲に満ちた主人公達の壮絶な出番争奪戦。みんな活躍してる奴を殺してでも出番を奪い取ろうとか、刹那的な考えが過ぎる。正々堂々敵に挑もうとするとか少年漫画王道的思考をとった方が潜在的な存在感が高まる事に気付こうよ。インテリ野郎が今そんな感じ。
次回は「俺はゴリラ」って言ってるだけのキャラの過去回想とか。どこに需要があるんだよ!
  1. 2009/03/05(木) 06:18:31|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプSQ4月号感想 | ホーム | そして8時間前の更新がトップから流れた>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/288-427c0887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)