FC2ブログ

マクロスF脊髄反射感想

週5回もちゃんと感想書いてられないので。大して普段と変わらないかもしれないけれど。
特にマクロスシリーズの他作品の知識とか無い。


第1話
・主人公周辺のキャラ立てて、ライヴで盛り上げて、ヒロインのピンチで次回への引き、と見本みたいな第1話。
・OPED挿入歌という要素だけでも充分楽しめる。良い曲だと思ったら菅野よう子の法則は相変わらず。
・とりあえずランカかわいいよランカという姿勢で見るよ。思ってたより声が変だけど、その辺は歌唱力との兼ね合いなんだろうなーと思う。

第2話
このシーン実在したのか!素晴らしい表情だと思う。一見可憐なようでいてその実腹黒キャラとか好き。というかそうじゃないと人間味が無い。
・ランカは見ず知らずの他人にいかにシェリルが好きか熱烈に訴えてたのか。てっきり気づいてるものだと…。ファンなら帽子にグラサンの変装ぐらい見破ろうよ。ピンク髪丸出しじゃないか。
・突然歌い出したりするのでミュージカル的楽しみ方もありだ。どれもこれも良さげ。

第3話
・過去に親族全員喪った所為で記憶喪失という、ぼくのかんがえたさいきょうの不幸設定のランカ。やり過ぎだ。
・アルトに感じる頼り無さは技能の不足によるところが大きいし、今後の成長の余地だろうね。なんか有耶無耶になってたけれど、握り潰された人の今際の際はちゃんと語ったんだろうか。
・シェリルの記憶として使っても良い発言の意図をさり気なくランカが理解してるのがポイントだと思う多分。


第4話
今見てる。
  1. 2009/04/13(月) 21:55:36|
  2. マクロスF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やる気がないのでお茶を挽く日記 | ホーム | 2009年春季アニメ第1話感想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/339-03339940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)