FC2ブログ

マクロスF脊髄反射感想2

第4話
・アルトの試験と違ってランカのオーディションは全世界の頂点レベルの戦いなので、ここで勝てないのは仕方ない。曲の元ネタこれだよね。
・アルトの容姿は女形である事に起因。起因ておかしいけど、女っぽいと言われるの嫌なら髪を切れば良いのに、という疑問には軽く解決を見た。
・クランクランでかっ!げに恐ろしきは豊口めぐみの声の使い分けだ。レヴィとウィンリィが同じとか信じられなかったなー。

第5話
・サービス通り越してエロシーンだこれは。
・自分のファンしか居ないような舞台と、ゼロから惹き付けないといけない路上には雲泥の差がある。M-1のキンコンとナイツ思い出した。
・三角関係来た!トライアングラー!アルトのどっちつかずな態度が誠的結末を招かないか心配でならない。

第6話 バイバイ・バタフリー
・前回の歌が功を奏してとんとん拍子にデビューへ。良い流れ。
・ランカの高評価するシェリルの言い過ぎインタビューが格好良い。こういう時だからこそ中止しないという考えは正しいと思う。
・パイロット勢に漂う死亡フラグ感は異常。お兄ちゃんが最有力候補だが、誰が死んでもおかしくない。

第7話
・実力を遺憾なく発揮した感じで、特に言う事なし。
・板野サーカスと言って良いのかどうか良く分からないけれど、流石のバトルシーン。
・ロボットバトルとライヴという別種の緊張感が相俟って何とも言えない雰囲気を醸し出している。

第8話
・白濁液、ノーパンで暴走、何故か学校に全員集合…テコ入れが入ったかのような妙な展開。何これ。
・シェリルがランカを試し、ランカは期待に応えるが、それによってランカは仕事を失うという奇妙な因果関係。これシェリルが狙ってやってたら面白いが、まあないな。
・ランカが思っている以上に重要キャラっぽい。
  1. 2009/04/18(土) 00:09:15|
  2. マクロスF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カブトボーグ脊髄反射感想1 | ホーム | 忍☆忍94ミリ雑感>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/345-734d31f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)