FC2ブログ

私女だけど、ちょっと言わせて

何も意識せずに文章を書いていると、高確率で文と文が”けど”とか”だけど”で繋がっている。それも逆接じゃなく順接で使っている。少なくとも辞書にはそんな使い方は載ってないけど使ってる。けどは別に順接で使っても特に違和感無いという異常な汎用性を誇っていて、皆なんとなく使ってるような気がする。「あの本読んだけど面白かったよ」とかそんな感じの。もしかしたらそこには逆接の意味がメタファー的に含まれているのかも知れないけどよく分からない。
ちなみに”けど”は”けれど”の省略形。”けれど”は”けれども”の省略形。小学校の頃先生が「けどは間違いだよけれどだよ」と言ってたけど畏まってるか砕けてるかの違いで別に間違いじゃないみたい。
こんな感じでけどが溢れて行くんだけど、いつもこれが気になって仕方が無くて後から直す。順接っぽいところは順接にして、別に繋げなくて良いところは離して、”なのに”とか使って誤魔化してみたり。するとどんどん気持ち悪い文になっていく。けどりたい。けれどもりたい。だけれどもりたい。でもけどばっかでもやっぱり気持ち悪い。けどけどけどけど。なんだこの単語。舌の置き場所とか唾液の飲み込み方みたいに、気になりだしたらもう止まらない。けどけれどけれどもだけどだけれどだけれどもだがしかし病。
そのうちに何書いても同じような文にしかならない自分の筆力の乏しさに絶望し始める。否定する事無しには物事を語れないような人間だからこんなことになってるんだ。
だからと言ってこれから一切けどを使わないなんて事が出来るはずも無い訳で、結局今まで通り順接と逆接の狭間を苦悩と共に漂いながら一生を掻い潜るしかないんだけれども。
  1. 2009/05/12(火) 03:10:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まあそうなんだけど | ホーム | 192.168.0.1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/383-2934a553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)