FC2ブログ

新4mm

新プレイヤーがバグりまくって使い辛い。
・画面上の再生ボタン押下で再生してもコメントが流れない
・左下の再生ボタン押下で再生しても薄暗い画面の上にタイトルが出たままになる
・再生押しても広告がコメント一覧に変わらない
・コメント一覧でホイール回してもページ自体が動いてしまう
デザインは好きだけど。


いより

一時期の驚くべきうp速度。↓のは全26話を3日で録ったとか…。当時の同一サムネによるミリしらタグジャック振りは凄まじいインパクトで今も心に残っている。多過ぎて見る気は起こらなかったけど。

・サムライ7
サムライセブンだからエウレカセブンなのかな。急停止とうろ覚えは面白い。
ものすごく探り探りで進めて、それでも見切り発車してしまって、言ったことを否定している場面が多く見られる。全体的にアフレコに不慣れな雰囲気が、パスし続ける儀式などでの笑いに繋がっているが、主要キャラが誰なのか良く分からないぐらいにキャラの立ちが今一つで、スロースタートの感が強い。花子は立ってる。人間、ショックを受けるとトゲピー化してしまうのかと思うと怖い。
物語の大筋がグーグルストリートヴューに抗う人々の悲喜にあるのは分かった。何故スキャンされると困るのかは謎。


白米

絵を良く見かけるから割と知ってるような知らないような。はくまいって読んでるなー。

・心霊写真
これはだいぶ前に見た覚えがある。なんかすごい叩かれてる。
説明が無いとどの辺が心霊なのか分からないのが多いんだよね。コンクールの審査をしてた写真家の人が、良い写真は言葉を添えなくても何を伝えたいのか分かるのに、そういった作品が少ないと嘆いていたのを思い出す。
そうでなくても点が3つあれば人の顔に見える理論で説明出来そうな写真ばかりで、共感を覚える部分が多い。その辺を投げ遣りにばっさばっさと斬り捨てるぶちこさんのスタイルはなかなか痛快。
純粋にミリしらとして見ると、コメントが割と常識的な範囲に収まってしまっていて、意外性に欠ける。そもそも素材に面白く出来る余地が少ない気がする。


leki

暴風雨の真っ只中でラジオ出演してたのはこの人辺りだったっけ…。酔ってた上にメモとか残してなかったから既に記憶が曖昧になりつつある。
ドッターのイメージ強し。

・吸血鬼学校
何が起こってるのか良く分からない部分が多々あるが、その適当さ溢れる雰囲気には惹かれるものがある。映像から受け取った情報を吟味してそれに見合った台詞を捻出し声を充てるという一連のプロセスに際する脳と神経間の伝達において、電気信号の減衰が小規模に留まっているみたいな。自分でも何を言ってるのか良く分からない。
悲鳴だけで状況を判断する能力と、吸血鬼の特性かと思ったら個人的好みだったのが面白かった。


もやしっこ

トーク能力がとても安定していた。

・アフレコ現場
話題になっていたときに見た。
内容はすっごいgdgdなんだけど、ミリしら自体をテーマにするというメタな発想が優れている。アフレコという土俵に立つ前の段階で人とは違う工夫を施すってのは大事だと思うよ。内容で差をつけようと思ったらとんでもない実力が必要だもの。
しかしこんだけリテイクしてたらそれはミリしらとは別の何かじゃないかな。



完。
段々適当になって行ったよ。書くことを前提に見るのは疲れるからやっぱりダメだ。

まとめ
改めて個人的なミリしら観について少し考える。

通常のアニメに対するミリしらの強力な付加価値とは、アドリブである事と、既存作品に対する二次創作的立ち位置を取っている事にあると思う。
私が何らかのミリしらを見ようと思った時に最も重視する点は、本編を見た事があるかどうかにあるらしい。元々作品に対する感想を読むのが好きな人間だから、この映像に対してどのような印象を抱くのかといった興味が視聴意欲に繋がっている。
今回見た19人の代表作の中でちゃんと知ってるアニメが一つとして無かったのは中々辛い部分だった。

対して、本編を知らない作品のミリしらを見る場合、基本的にそれは通常のアニメを見るのとさほど変わらない行為であって、ならば普通にアニメの名作でも見た方が良いんじゃないかという思いが付いて回る。
それ故にこの場合は、ミリしらであることを生かした奇抜な設定なんかで、通常のアニメに対する優位を持った作品である事を重視する。その上で物語に筋が通っていれば言う事は無い。

そんなこんなで
続きを見たいと思ったのは
スケブ>拍車区>ラグナロク>ウテナ>もっけ
な感じ。

1ミリだけでは測れない部分も大いにあるからどれもこれも見たいんだけど、如何せん数が多過ぎる。時間が無限にあればなー。そしたらきっと別に今見なくてもいいじゃないかと思って何も見なくなる。あれ?

まあ暇を見つけて少しずつ見ていくよ。多分感想は疲れたから書かない。
  1. 2009/05/16(土) 04:08:04|
  2. 全般感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニモアニモ | ホーム | カブトボーグ脊髄反射感想5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/392-335ff790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)