FC2ブログ

カブトボーグ脊髄反射感想10

今度こそ第10回。結局最後まで行ってしまいそうだ。

第41話
・伝説の使い捨てレギュラー・マンソン回。マンソンいなければ何の変哲も無いしすごくツッコミ辛い。
・ビッグバンに忠誠を誓っているのに裏切りという言葉が大好き笹本。
・何か変なおっさんがいる上に謎会話。
・いつものとか、4人とかを強調し過ぎだ。
・良い大人が子供を集団で襲うのが悪の組織の本格的な始動らしい。
・「今すぐ悪い事をやめろ!」 漠然。
・捏造回想。急に過去を振り返る必要性なんて無いはずなのに。
・マラカス担当:ケン
・「色々あるんだよ」 うん、色々あるな。
・裏切りの戦慄作戦は単なるコードネームです。
・職場に護身用ボーグ隠し持つ職員。急な悪の組織の襲撃に備えないといけないなんてひどい治安。
・デスメタルを何だと思ってるんだろう。フロムUKなのに貞子だし。
・近付いて喋れば良いと思うよ。
・友情なんて無いんだけどあるように見える不思議。
・電話はフランス料理の予約でした。途中なんだか懸念してたのは何だったんだよ。
・まあダークビッグプロジェクトなんて無いけどね。
・マンソンフォーエバー! なんかもう神回だなー。
・当然のように次回にはいないマンソン。一体マンソンって何だったんだろう…。

第42話
・斜向かいシリーズ第4弾ぐらいだったっけ?
・ケン父は被害者ぶってるけど明らかにお前らの方が悪だからな!
・お客様は神様のはずなのになんて勝手な。
・洗っても寝ても取れないカブトジェルは恐ろしい。瞬間接着剤か何かか。
・泣いている友人を笑うリュウセイさんの外道振りといったら。
・カブト刈りという言葉の定着スピードが凄まじい。
・「だって人事だもーん」 ああ、友達じゃなかったね…。
・ひどいカブト脳を見た気がする。
・販促対象が駆逐されるホビーアニメ。新しい。
・高崎もボーグバトル拒否してるのに何故かリュウセイさんの負けになる。言ったもん勝ちだなー。砦を守る翼竜回避率40%。
・VシリーズはアニマでのCMに用いられてる。詐欺。
・そして番組ジャック。人間昆虫カブトヘッド5×5=25。結局肉体の強さ勝負じゃ子供に勝ち目ないし、流行らなそうなんだけどな。
・「ちっノーマルヘッドかよ!」 名台詞だと思う。
・隣町ってどんだけ遠くにあるんだろうか。
・親父頼もしい!と思ったら全然そんな事はなかった。仮面にカブトなんか付けてるばっかりに…。
・リュウセイさん蚊帳の外で笑ってるだけかと思いきや、意外と本物の覚悟を持ってるから困る。
・結局ボーグを未だに持ち歩いてたのが高崎の敗因か。
・光輝超新星。要は坊主頭の輝き。
・奢れるカブトヘッドは久しからず。
・なんだこのオチ…。

第43話 
・なんかデジャヴと思ったら放送当時に4000字ぐらい感想書いてた回。俺はどっちでもいいけど。
・会社員が数分時間を持て余した時にまず思いつく行動がボーグバトル。
・もしかして私の持ってるボーグはこれなのか。サイズ的に。800円したのに…。
・100円だからって別に捨てる理由は無いと思う。再チャージ防止機能がついてるとしたら阿漕。
・問答無用で殴りかかるリュウセイさん。ついさっき自分も遊んでたくせに。
・島でフラフラになってた人とか公務員とか見覚えのある人が。
・HC社村社長。ソフトバンクとか海馬コーポレーションとか入り混じってる。
・優柔不断ではないので、俺はどっちでも良いけどは口癖以上の意味を成してない。
・アワ
・多分環境に悪いお炊き上げ。
・ボーグの歴史を考えると江戸時代から続くのは間違ってないよ。
・一人1ボーグはともかく、一家に1ボーグの時代は使用用途からしておかしいぞ。
・伝説のクレーマーリュウセイさん。二度と来ない事が賭け条件として成立してしまう辺り、迷惑を自覚しているのか。
・「高く分厚い企業の壁ー!」 予め対策取られると自分のペースに乗せれないからリュウセイさんでもダメなんだな。
・とりあえず署名活動・ビラ配りから入る小学生。
・講堂を借りて演説までする行動力には脱帽。歴史を考えるとブームで終わるって事はなさそうだけど。
・子守唄回からすると随分歌上達したなー。
・ボーグバトル世界ベスト8よりヒットチャート1位の方が上というのは良く分からない価値観。ヒットチャートの2位以下は適当にも程がある。
・普通に3ヶ月待てば良かったのではという気もする。
・まあリュウセイさんに言葉なんか通じるはずも無いからバトルはやむなし。
・相手の土俵に立っちゃいけないんじゃなかったのか。
・「つーかむかつくなあいつ」 ツッコミというか感想。
・オールドノスタルジックパフュームは通常規格なんだけど…。インスタントバトルの定義が分からない。
・村の正論に対して、リュウセイさんはあんまり関係ない主張をぶつけてるだけで、あんまり論破は出来てないような。それでも負けたらやっぱり辞任しなければいけないんだからシビアな世界だ。義理も温情もねえ。
・声優的には瀬人の会社を剛三郎が乗っ取るって形に。笑って済ませて良いのかこのオチ。
・温故知新。
・川に落としちゃったよー!と言いつつ思い切り投げ捨てる。この次回予告秀逸だ。

第44話
・やっぱり浦沢はキチガイだわ回。
・こいうカーメダ母の不倫相手だよな。あとスカラベは地下バトルの人が使ってたし、色々被ってる。
・リュウセイさん普通に敗北。案外負けてるもんだ。全然怖がり克服できてない。
・マシンに話しかけるインタビュアー。せめて人間として最低限の常識を持ち合わせてくれ。流石にこれは誰だって怒る。
・散々ボーグに対する愛を語った次の回で愛機に対するこの仕打ち。
・よしんばザリガニだったとして食っちゃダメだ。
・料理中のボーグ混入率が妙に高い。
・真菜ちゃん! こんなところで継母とかそんな重い設定挟む必要性が全く感じられない。
・住所はなくでもボーグは持ってる浮浪者。
・ボーグに食わせようとするリュウセイさん。まあ自律運動する以上エネルギーの摂取は必須だと思うが、普段何を食べて生きてるかなどの生態は謎に包まれている。
・こういうときはやっぱりビラ。デザインの通信講座もまた無意味設定。
・「ちなみに子供はいません」 誰に向かって補足してるの。
・親父の声の変態紳士、マジキチ。
・いちいち通り過ぎないと目的地に辿り着けない。どんな意味の無い癖だ。
・「ナンダトコノヤロー!」 何故キレる…。
・完全に強盗だし犯罪だし、もうどうしようもない。
・妻が案外に狡猾なんだよ。
・3人揃ってキャンディー舐めてる意味も分からん。
・ボーグの直撃食らってよく生きてるな。包帯が割れて正体判明したりすればよかったのに。

第45話
・ロイドさん外道回。
・ゴンドラ→ベネチアン、アルプス→チロリアン、フライドチキン→カナリアンだろうが既におかしい。
・明らかにベネチアンではないが、服装だけでそう見えるらしい。ただでさえ100%本人になりきる変装技術が存在しているのに二重にややこしい騙しのテクニック。
・ケチャップで喜ぶ弟達が可哀想過ぎる。
・落ちた汚い池の水でお腹を壊し全治2週間の入院。ヅラなしで何故仮面は付ける。
・「どうして僕がお世辞を言った事がバレてしまったんです?」→「その格好を見れば分かる」 ?????流石浦沢だ。全く意味が分からない。
・キスを許容する網子。大人ぶってるけど、しかしほんとにリュウセイさんが迫ったらたぶん顔真っ赤にして焦るんだぜ。
・示し合わせたように集ういつものメンバー。というか直前の打ち合わせとかリハとか無しでショーなんて成り立たないだろうよ。
・少なくともチロリアンファンの目が節穴である事は確かだ。
・ザ・スイミングスクールって何だよ。
・とりあえずステージの上で雑談をやめよう。
・女装は癖になるから気をつけろとあれほど。
・使い慣らしたボーグであれば、チャージイン者の意思に逆らって操作する事が可能という事か。
・ボーグはAパートのラストで仮面を壊す為に存在する。
・やっぱり物を投げる浦沢回。そんな青春や人生があってたまるか。
・「ブッつぶしてやる!」 穏やかじゃないな。
・ロイドさんのうざさが最高潮。
・弁当はちゃんと食べる。でも浦沢回なので当然まずい。
・ロイドさん子供に店の鍵渡して大丈夫か。そいつら金の亡者だぞ。
・何か意味の無いやり取りだと思ったら……リュウセイさんの洞察力は異常。観察力は皆無なのに。
・夜まで持続するほど内容豊富に出来るものなのかボーグショー。
・客層から想像し得る通りの歌声の低さ。リアル過ぎる。
・実力いまいちとか言ってやるな…。
・ひどい幹部連だなあと思ったら、全ての元凶はロイド。「えー……」 一体ロイドさんは全日本カブトボーグ連盟でどんな地位と権限持ってるんだ。
・「サティスファクション!(満足)」
・ひどい投げっぱなしオチ。マジで何も考えずに行き当たりばったりで脚本してたら尺がなくなったとしか思えない。
・浦沢回のラストを飾るに相応しいキチガイさだったと思います。

  1. 2009/06/20(土) 01:36:21|
  2. カブトボーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若干おなかこわした | ホーム | 割って食べよう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/433-7cc99a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)