FC2ブログ

カブトボーグ脊髄髄反射感想12(完)

ついに最終回。
23:29のアラームを解除する事に一抹の寂寥を覚える。明日から何を糧に生きればいいのだろう……。
この2話は特にがっつり書いたからもう特に言う事も無いけど一応。


第51話
・ストレートに熱くてぶっとんでてすごい好きだけど意外とベストテンにすら入って無かった回。
・いきなり死ぬケン勝治。何がどうなったらその状況に陥るの。
・この程度で腹は下らないという言葉とはうらはらに案外胃腸が弱い腹下し主人公リュウセイさん。
・ビッグバン伝言。頑なに親子としての二人の様子が描かれないが、家では普通に接してるんだよね?
・いつの間にかコンシーズンムッハーイとかなんとか。世界大会は約3年に1度(例外有り)だったから13歳ぐらいになってないと……。
・サービッグバン! こんな巨大組織だったとは思わなかったよ。
・ライバル筆頭のジョ…山田一郎は死んだ! もういない! のでメンバーがこんなことに。ビークのチョイスにはセンスが光ってる。
・ジャンマイケルマックラクラン結構出てた。そして見たこと無い人もしっかり出てた。
・あっという間に核の炎に包まれたみたいなことになってる世界。これ全部息子の為とか親バカにも程がある。
・何か勝治ケン生きてた。さっきのは生霊だったのか。
・チャージ無しで放たれる必殺技。詠唱破棄みたいなもんと思えばいいのか。もうボーグバトルでも何でもねえ。
・ファイナルエントリーソウルフルバトルって……もう何でもいいや。
・ビッグバンの声裏返りは真面目なんだかふざけてるのか分からなくなる。
・ミリオン=1万回はボーグ界では常識。100万だとしたら1秒1チャージでも11日と半日ぐらいかかるから流石に人類の域を超えてしまうもの。
・お前のボーグで地球がヤバい。
・カウンターの出る親切設計。でもこれチャージ回数じゃなくて秒数数えてるだけだからね。
・リュウセイの笑顔を取り戻しその笑顔を踏み躙る為に。楽しいのかそれは。親父は結局親バカなんだか悪なんだか。
・宇宙消滅。ついに行くところまで行った感じ。
・これが52話で良いのにと思ってたなー。まさかこの話すら本来は52話に繋げる前置きだったとは……。


第52話
・全ての最終回の中の最終回。
・リュウセイさん名言集は最後の方に行くにつれ外道化。確かにこんな悪の組織のボスに相応しい主人公はなかなかいない。
・「お悔やみ申し上げます」 多分親父原因だよねこれ。
・リュウセイさん世界の危機救ってたっけ? 親子喧嘩してただけじゃ……ああ、暗黒魔道の使い手倒したりしてたか。
・過去編。3人とも名前も違えばマシンも違う。何がどうなってんだかもう。
・笹本やロイドが10歳の子供がいてもおかしくない歳って意外なところ。
・うちの隣に住んでいる幼馴染の千賀子ちゃん! 相変わらずの変装技術というか、仮面割れただけでこれって事は、仮面に変声機と立体ホログラム映写装置でも付いてないと。
・取り憑かれるかのようにボーグにのめり込むエイジ。確かにボーグ脳という魔物に取り憑かれている。
・仮面被るシーンなんか笑った。かぽっ。
・別の話ならなんでそんな事話した。
・ウェストくんはリュウセイさんに頼らなくてもインターポールの権限で問題解決できると思う。
・ボーグバトルの実力が全てみたいな世界だし、根谷が勝ったら自分が首領やればいいと思ってしまう。
・「究極の反面教師!」 その為にどれだけの人間がボーグの犠牲になったと思ってるんだ! ボーグ取り上げられてた子供とか。
・モトモトナカッタンデースヨとか言われても……。
・遺志?
・結局世界征服する機満々発言。流石リュウセイさんだ。
・何度目だフォオエヴァアアアアアア!!!
・巨大カブトボーグ。夢に出そう。
・回想かと思ったらしっかり世界大会予選が隕石迎撃に捏造されてる。地球終わりそうな大きさなことから、逆にボーグで地球を滅ぼすのも容易という事が窺える。
・非常に打ち切りっぽいけど今度こそ完!
・ちょっとありがたい使い捨てヒロインまとめ。難易度高いの多いなー。
・ほんとだ脚本家いない。


うん……。
これはこれで決して悪くはないんだけど、もし大和屋脚本だったら今世紀最高傑作を超えて、未来永劫後世に語り継がれるレベルの作品になってたんじゃないかと思えてならず、知った上で見ると素直に楽しめない。ラストなのにテンション下がってしまった。ここまで好き勝手出来たのに最後の最後でなんでそんなことに。


煮え切らない思いが止まらないのでメカビを買うことにした。載ってるの3ページだけらしいし、ググッたら大体分かったけど、やっぱり詳細は気になる。届いたらちょっとは何か書くよ。
  1. 2009/07/01(水) 05:33:46|
  2. カブトボーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D・V・D!D・V・D! | ホーム | アニメ感想29>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/450-5187f49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)