FC2ブログ

愛さえあればポケモンはみんなかわいいんだよ杯 大会レポート(観戦記)

(追記:大会名間違ってた! ……てた?)

憶測で無責任な事を言ったり、多少批判的な事も言ったりするから注意だよ!
元々そういうブログだし……。


シナトvs巻き雲
初手強制1:1交換の意味をようやく理解した。相手の先発の環境整備ポケモンに何もさせない事で、後続の5vs5の戦いで優位に立つって事か。たぶん。最速スカーフかな。先発ステロとか雨パ晴れパなんかには強そう。ふりゃは殆ど様子見の意味しかなかったからこの戦略を打ち崩してたって事だろうか。
オバヒパワースワップは面白かった。そんな使い方があるのか! でもハピに対してやる意味は無いような……。
一番活躍してたのは毒ヒール胞子みがきあガッサ。他者のサポートを必要としないのに、一旦ペースを握ると犠牲者無しには止められない強さ。
ポイズンガッサ持ちながら毒毒ハピにグドラで立ち向かったり、リザードン持ちながらマンムーにハピで立ち向かったりは無謀な気がする。あと大文字持ってるのにマンムーに気合玉もおかしい。

まとめ。vs巻き雲
ヌケニンはピンポイント対策されてない限りスターミー完封だったっけ。いばる交換合戦がすごい不毛!
あとはハピがガチでピンクの悪魔だ。ポリゴンZじゃどう足掻いても勝てない。ハピへのダグじわれが外れた時点で勝負が決まってた感じがするけど、ダウンロード後ポリZをハピで封殺しなかったのは何でだろう。

2+vsシナト
ライチュウvsキュウコンは同速でどっちも確1だから完全運対決か。
ライチュウ瓦割りは決定力不足だから、私ならラプラスに交換してるかもしれない。しかし計算したらラプラスは防御特化じゃないとマンムー地震に2発耐えないし、マンムーは特攻特化ドロポンでようやく高乱数1だった。誰も出て行けないからライチュウ捨ててダメージ与えとくのが正解だ。
攻撃極振りクチートのふいうちは耐久無振りサーナイト確2なのか。読んでも勝てないとかなんて辛さだ。
ストライクテクニシャン虫喰いが強い。高速積まなくても降臨直後から速攻で攻められるから、ハッサムとはまた違った味がある。
完全フルアタキングドラってどうなんだろう。シグナルBってナッシー・ノクタス・ダーテングピンポイントだし、欠伸とか雨乞いとかしてるほうが良さそうだが……。
というかこの試合殴る以外の行動が一切無い!もっと補助技使おうぜ!

嵐舞vsまとめ。
嵐舞さんはやっぱり不意打ちを不用意に撃ち過ぎだ。他にもポリゴンZに不一致のアイアンテールとか神速とか色々と間違ってる。
ポリゴンZトリックルームからのバンギラス無双、特に本来相性最悪のルカリオ突破が熱かった。
砂嵐ヌケニン即死が悲しい……。

2+vs巻き雲
ある意味私の優勝を決定付けた戦い。
もらい火は発動してもその時点で相手は大抵炎タイプだし、活かしにくいのが辛いな。流石にスターミーを相手にするのは無茶な気がするが、スターミーに後出しとかほぼ無理だからそのまま戦うしかないのか。タスキもあるし。
ストライクは飛行だからスターミーとムウマージの10万Vで弱点突けてるぞ!
防御系のバトンは消極的戦法だし、急所で一気に崩されるから難しいよね。というか対ハピにやっても無意味だ。
勝敗を分けたのは2+さんがハピナスに対してすぐにライチュウを出さなかった事だと思う。いかに気合玉と言っても不一致抜群程度じゃどうにもならない。特殊攻撃でのハピナスの突破は雨眼鏡カイオーガ潮吹きクラスの超次元的決定力がないと不可能だもの。ハピの初手毒毒が見えてただけに勿体ない。いや、そのお陰で私は優勝できたんだけど。
巻き雲さんに死に掛けを交換する行為が目立つけど、それはもう最後っ屁放って後続死に出しすべきなんじゃないのかな。今回は実際HP僅かスターミーとムウマージがラストで活躍してたから足が速ければありなんだろうか……。

2+vsまとめ
ユキメノコに対して初手マンムー岩雪崩は地震読み飛行交換読みって事なのか。結果的には意味無かったけど、間違ってはいないか。
マンムーへのダウンロードトライアタックのダメージから察するに、私の方の対マンムーも破壊光線じゃなくトラアタで倒せてたな……。
あとは虫喰いストライク無双だった。でも本来これは素早さで勝てるユキメノコ冷凍Bで止められたはず。
サーナイトに対して明らかにタイプ相性で優位なバンギを引っ込めるのは無茶だ。

シナトvsまとめ。
初めて5vs5にしないシナトを見た。タスキ持たないんだ。
しかしガッサ無双過ぎる……。これ見るとやっぱ催眠制限必要なんじゃないかと思えるけどどうなんだろう。この試合でガッサが止まらなかった原因はユキメノコを最速で取ってなかった事にありそうだからそうでもないんだろうか。……いや身代りまで含めたらそれでもまだ止まらないからすごい厨臭いぞ。
ユキメノコに気合パンチという私と同じ過ちを犯してくれている人がいて安心した。だってあいつ明らかに実体持ってるし、直感的に当たるように見えるよね!

まとめ。vsにこ
ソーナンスがちゃんと機能してる! でもこのメノコは確かあられ持ってたからあられPP分時間稼ぎ+シャドーボールが最善手だったと思う。
アブソル挑発持ってたのか……私の時よくハッサムに使われなかったな。
タイプ一致おんがえしでアブソルを半分削れない……だと……?
マタドガスの特殊耐久でメノコに対して交換……だと……?
晴れサポート無しソーラービーム……だと……?
ニャースの耐久でゆうわく……だと……? 
なんというか……にこさん頑張れ! ♂が♂を誘惑するのやめて!

にこvs絶滑
いばる天然VIPERうぜええええ!
マタドガスはフルアタでもそれなりに中堅ポケモンクラスと渡り合えるこのパーティ唯一の良心だ。技も悪くないし、10万VでVIPER仕留めるまであと一歩だったのに惜しい……。
ステロ状態でHP一桁アーボックを引っ込める意味は全く無い。死に出しならソーナンスでエテボースは持っていけたかもしれないのに。……と思ったけどトンボ→ヨノワ透かしがあるからやっぱりダメか。
テッカニン相手でもやっぱり惜しいマタドガス。火炎放射より大文字だと思う。雷すら採用圏内なぐらい。
交換読みシャドボ炸裂したけどダメージ少なすぎる。というか耐久寄りのベロリンガで素殴りすること自体微妙だ。

絶滑vsまとめ。
ヌケニン……天候ダメージ罠ダメージ状態異常と向かい風要素が多過ぎて、もはや6on6では生き残る手段が無いような気がしてきた。6→3の見せ合いで牽制目的か、3on3で無対策の相手を完封する為のものなんじゃないだろうか。
鬼火に物理アタッカーを当てるのはどうかと思うが、ムウマージは大概挑発で何も出来なくなるから有りか……?
エテボースのタイプ一致テクニシャン猫だましがやたら強い。出てくるたびに使えるから6on6向きかな。
不意打ち見えてるジュペッタにユキメノコで突っ込むのはヒヤヒヤさせられたけど、意外と攻撃極振りジュペッタの不意打ちでメノコは超低乱数1だった。タイプ不一致だとそんなものかー。でもゴーストに対して出てきたエテポにヌケニンは自殺行為。
敵を撃破してしまうとんぼがえりは、相手にこっちの選択を見た上での選択の余地を与えるからメリットが死んでる。

巻き雲vs嵐舞
半減や無効属性無しに紙耐久アタッカーを後出しするのは無茶だと思う。ムウマージとかアブソルとかこの辺。
ハピナスは図太い防御振りだけで物理耐久も十分鬼だからね……。威力100以上格闘技でもない限り落とせない。そして格闘技すらヨプカウンターの前ではカモ。
今回のケースはガルーラにアームハンマーかハッサムに剣の舞があればなんとかなった……?

にこvs2+
物理虫技を受けてのマタドガス選択は正しいのに急所(´;ω;`)ブワッ
ソーナンスは頑張ってる。みんな意外とソーナンスに引っ掛かるんだなー。何でもいいから補助技入れておけば反射技のPP切れ狙い粘り補助技と、PP温存反射技以外読み攻撃で、読み勝負に持ち込めるよ。
それにしても急所ゲーだ。ドラピオンはピントレンズ持ちスナイパーなら不思議でもないけど。スナイパー急所に耐えるってことはこのベロリンガ防御特化か。それならそれで耐久活かせる技が無いと……。
物理型を誘惑しても無意味だ。ネタ技過ぎる。
相手フルアタっぽいから、いばる→交換道連れはソーナンスの鈍足をカバーして1匹持っていける可能性のあった策なのに、何故道連れ連打をやめてしまったんだ……。

絶滑vs巻き雲
面白い! 
ピクシー空元気読みムウマージ無償降臨→ムウマージ10万V読み蓄電ランターン無償降臨→特殊技読みハピナスほぼ無償降臨→ハピナス毒毒読みピクシー無償降臨→ピクシー空元気……で無限ループ。
こういう交換ループから読み行動によっていかに早く脱出するかが6on6の醍醐味だと思う。役割理論におけるサイクル崩しとかいうやつ。
流石にハピがループ内に入ると長引き過ぎるとは言え、基本6on6は全試合これに近い交換長期戦になるから、総当たり大会なんて無謀なんじゃないかと思ってたもの。というか他の試合に相性無視の殴り合い多過ぎだ。
先生のトリック食べ残し入手毒毒玉渡しが上手い。しかし、毒カウントは引っ込む度にリセットされるから決定打にならなかったと……。
あとアンコールも。足速い奴のアンコールは補助技見てから縛って交換強制力を齎せるという超強力技だし、今回アンコ可能性のある奴の対策にかなり悩まされたんだけど、実際全然使われなかったな。ワタッコ・ライチュウ・サーナイト辺りは持っといた方が良かったと思うよ。

2+vs絶滑
なんというマンムー無双……! そうか、VIPERのいばる攻撃上昇無視はVIPERが出てる間しか発揮されないから、交換無しでVIPERが倒れて混乱が解けると、相手を補助しただけという結果が残るリスクを抱えてるのか……。物理にも撃てるからってむやみやたらにいばると悲惨な事になるんだな。
グライオンは地震読み無償降臨→礫読みで誰かに繋ぐ狙いだろうか。でもHP僅かだと礫の可能性も考えられるからミスっぽい。というかステロが除去できない限りVIPERは二度と出て来れないから死に出し安定だ。
ステロが出てる以上過剰な交換は避けるべきだったんだと思う。




ということで全ての試合総合してのベストバウトは圧倒的に絶滑vs巻き雲の泥仕合。
こういうレベルのバトルしたかったなー。


各トレーナーごとの印象
2+:若干技構成がフルアタ指向過ぎるきらいがあるが、読みや判断がかなり完璧に近くてガチ強い。
シナト:すごく戦略練ってるのに、マイナーとか独創性に拘り過ぎて勝ちを逃してる感。そういう考え好きだけどね!
絶滑:参加者内屈指の手持ちレパートリーと独特のポケモン選択で、相手にしても観戦しても楽しい。あと補助技の駆使具合が私好み。
にこ:時には愛だけじゃどうにもならないこともあるんだ……!
巻き雲:とにかくピンクの悪魔持ちって印象が強過ぎる。特殊技で立ち向った末にタマゴ産みで一瞬にして努力を踏み躙られてるポケモンを見ると可哀想になる。
まとめ。:トリルは意外性あって面白かった。しかし天候変化駆使ならパーティー単位で優位を得る構成と、あと交換タイミングに一貫性が欲しかった。
嵐舞:タワー低層COMのような不可解な行動が目立った。意図不明の攻撃を食らうと読み甲斐がなくなるのがなんとも……。


なんというか、空気読まずにガチで勝とうとしてる派と、趣味重視派と、ストーリークリアしたよ派と、ストーリークリアしてないよ派とが入り混じったカオス大会だった。
ガチと言ってもガブリグロスキッスが全く出て来ないレベルだから、大まかに言えば全員趣味だけど。

  1. 2009/12/02(水) 00:29:03|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<忍☆忍141ミリ雑感 | ホーム | 見ないで描いてみよう!その12>>

コメント

愛の力で奇跡は起きませんでした

今までポケモンは愛でるだけで戦闘に向けて育成したりすることが1ミリもなかった私が
大会と聞いていきなり戦闘対策をわたわたとし始めてる時点で今回の敗戦は必然だった気がします。
というか6体中4体がストーリーポケって時点でもう。
とりあえずもっと技と特性とポケモンごとの強さについてお勉強して出直してきます…。
  1. 2009/12/02(水) 01:28:39 |
  2. URL |
  3. にこ #7I7uLWho
  4. [ 編集]

>>にこさん

現実の対人戦とは厳しいものなのです……。奇跡を信じるなら、少なくとも奇跡を起こす可能性を孕んだ技が必要だった。

愛と強さを兼ね揃えた上でのリベンジに期待してます!
  1. 2009/12/02(水) 03:18:47 |
  2. URL |
  3. 仮称 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/653-46c36182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)