FC2ブログ

大会後記その10

昨日の見れば分かるとおり、私も大概適当な事言ってるからね。
信用するなよ……人を…… ということだ。矢木戦だけに。


にこvs仮称


マジななこ容赦ねえ!

でも、にこさんだからって手加減する方が失礼なんじゃないのかな……。
接待プレイは好き嫌い分かれるらしいし、どう捉えるかは人それぞれだろうけれども。


一応再考察

ニャースvsフライゴン
ふりゃぁのメインウェポンは流星群で、地震はサブウェポンにあたる。攻撃無振り故に威力が期待出来ないから、地面弱点か特殊耐久>>>>>>>物理耐久な相手にしか撃てない。
だから特に弱点を突けないし突かれない相手に出くわした時は、流星群ぶっ放した上でトンボで逃げるのが基本戦術。礫持ちや最速100族以上の氷技持ちにはトンボしてる余裕すら無いから普通に交換する。
交換読みでトンボ撃つと相手のポケモン見てからこっちのポケモン選べて次の相手に対する交換隙を省ける、ってのが面白いからとんぼばっかり撃ってたけど、ダメージレース的に考えて流星群→トンボor交換とする方がきっと正しい。礫受け交換なら交換隙は殆ど無いし。

ニャース側に立って考えても、弱点突かれない以上フライゴンが地面技で来るかドラゴン技で来るかは分からないので、地震一点読みは危険。そしてガブリアスよろしくタイプ特性で両方を安定して受けれるのはエアームドと浮遊ドータクンだけだから、交換利用で優位に立つのは難しい。
よってニャースはきっと居座りで、先手取れるから流星群確殺だろうと思った。実際ニャースの最善手は”素直に殺される”だったりする。
というかこのパーティには敵を倒す手段が殆どなく、最善手とか言ってられないのが実情……。ポリゴンZをソーナンスで捕まえて落とせたら万々歳ぐらい。


アーボックvsフライゴン
不可解な選択だと思ったんだけど、多分アーボックが氷の牙を持ってたのが選択理由なんだと思う。
威嚇防御特化なら耐えて、攻撃無振り氷の牙が珠反動込みフライゴン超低乱数1。威嚇攻撃特化という中途半端気味な型でない限り勝てる見込みが無かった。


ソーナンスvsフライゴン
このソーナンスはBD振りっぽいから、カウンターを選択してたとしてもトンボに急所が出てなかったらミロカロスを倒すのにダメージが少し足りず、余裕で自己再生されていた。
急所がむしろソーナンスの利益になってただけにミラコ選択してしまってたのが痛い。


マタドガスvsミロカロス
マタドガスが何をしてくるのかすごく興味があったから、本心では混乱させたくなかったし、波乗り撃ちたくなかったし、わけもわからずが発動しない事を願ってた。けど最善手取らないわけにはいかないと思って普通に戦ったら何故か完封に。混乱運ゲ死ね!
他の人と戦い見た限りでは、アーボック同様10万Vがあるから交換したっぽい。でも特攻特化マタドガス10万Vで防御特化ミロ確3、特攻無振りミロカロスの波乗りでH振りマタドガス確3、しかもミロには再生有り、とやはり不一致弱点程度ではどう頑張っても突破出来ない。


ベロリンガvsマタドガス
防御特化マタドガスが超硬いだけで、ちゃんと計算したらベロリンガの攻撃個体値が15以下で攻撃無振りなら懐き度最高恩返しでもこのダメージは有り得るようだった。よかった!ちゃんとなついてる!
この技構成で耐久振りってのが厳しいんだけれども。

この戦いにしても大文字鬼火がちっとも外れないわ急所出すぎだわで運良すぎる。
むしろ外れまくった上に相手に急所出まくっても覆すぐらいの自信あったんだけどな。結構このマタドガス気に入ってるからそういう活躍をさせたかった。




これマタドガスに出せるポケモンがいないからどう頑張ってもにこさんに勝ち目無いな……。大文字PP的に6タテは無理とは言え。

多分にこさんは効果抜群の攻撃を当てる事に固執して、交換際に蓄積するダメージと素早さ順と実際与えられるダメージを考慮した本当の有利不利関係を把握出来てないのがいけないと思う。

(12/14 明かされたにこさんの思考について以下こっそり追記)

私の容赦の無い攻撃はまだ終わらない!


・ソーナンス→マタドガス交換
一応特攻無振り波乗りにはまだ耐えられるからミラコ出来なくはない。撃たないけど。
それよりもどうにもならない鈍足を交換するのが、交換先が一手無駄に攻撃を受ける以上の意味が無いから勿体ない。
アンコールがあればまだ活かす余地はあるかもしれないけど……。

・マタドガス大爆発
防御特化ミロカロスへのマタドガス大爆発は、性格補正+努力値極振りで確1、性格補正なし極振りで中乱数1、努力値無しだと確定で耐える(V前提)。
HPを見る限りではどうも努力値ランダム振りっぽいから、自滅未発動の10万→大爆発でない限りはギリギリ耐えてる。
そして残り控えの誰にも素早さ抜かれないミロはその後も自己再生でまだまだ頑張ってた。

・ソーナンス神秘の守り
神秘撃ったとしてもそのままソーナンスが戦うとなると、補助技粘りから神秘切れたターンの先制毒毒で乙だから、結局ウツドン交換しかない。
しかしその後は日本晴れしてる間にマタドガス降臨してしまうから……。

・ソーナンス→ベロリンガ交換
どうにもならない鈍足(ry

・ベロリンガ攻撃個体値
29だと……。
ってことは攻撃低下性格なのか。補正無しの個体値11-13相当だから特に高個体の意味が無い……。

・ベロリンガ技構成
多少硬いだけじゃ攻撃撃ち続けたところで相手を倒せないわけで……。
積めばいいんだよ!
ベロリンガの場合は耐えてのろいor腹太鼓積んでねむカゴが基本だと思う。但し腹太鼓の場合は1人じゃ無理だからサポート役が必要になる。
ソーナンス出せばほぼ確実に使われる補助技をアンコで縛る→アンコと影踏みで八方塞な相手にベロリンガ降臨→相手の交換が一手遅れてる間に腹太鼓→なんとか一発耐えてねむカゴ→攻撃力4倍一致恩返しで長時間暴れる
というのが一例。実際には眠るターンに格闘技飛んで来て終了により、こんな風に上手くは行かないので、まだ考える余地は色々ある。

・大文字封印金縛り
封印されても9ターンぐらいは粘って火傷殺し出来た上に、金縛りは2-5ターンで解除されたりする。
スカーフトリックから金縛りでわるあがき誘発ですら微妙戦術だし、ただ撃つだけで金縛りが有効に働くってケースは殆ど無いと思う。

・ガチパ
ちなみに私のパーティでも完全ガチパーティには程遠いからね! 
技構成とか立ち回りはガチのつもりだけど、ポケモン選択に関しては確実に趣味の域。
本当にガチならフライゴンはガブリアスだし、マタドガスミロカロスのポジションはヤドラン1体で事足りる。



なんというか、予想を遥かに上回っていた。適当な事言ってごめん。
しかしこのブログでかなりふりゃふりゃ言ってたのにタイプすら把握されてなかったのは軽くショックだなー……。
タイプや技効果把握からとなると相当長い道のりになりそうだけど……頑張れ!
  1. 2009/12/11(金) 23:00:22|
  2. 第1回愛かわ杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先週と今週のアニメ感想45 | ホーム | 大会後記その9>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/670-a589b5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)