FC2ブログ

今週のアニメ感想48

さて、番組改変期。でもまだ始まってないのが多い。

デュラララ!!を見ようかと思いつつも気付いた時には見逃してた。これ成田良悟だったのか。ちょっと気になるけど、全話ちゃんと見る必要がありそうだからもういいや。
あとはフィーリングで。ひだまりとダンスインザヴァンパイアバンド辺りか。


バカとテストと召還獣(金 27:35~)
第1問 バカとクラスと召還戦争

全体的に、学園でファンタジーという時点で、類型的ラノベ要素を詰め込んだ感が強くてあんまり惹かれる所が無い。あんまりラノベ読んだ事ないから偏見だけど。
差別化要因になり得るのは秀吉ぐらい……なのか?

前半はさほど難解な設定提示をしている訳でも無いのに、展開が退屈だった。
後半でバトルに入ると戦略シミュレーションゲームチックな分かりやすい演出も手伝って、それなりに楽しくなってくる。ただ、基本特殊能力無しパラメータ1つのみの純粋数値バトルなら瞬間的に勝負がついて然るべきなのに、そうならないルールの曖昧性は気になる。テストの点数と大局的戦略以外の、召還技術とかに勝敗が左右されるとかだと逆に戦略が練りにくくて困るし。

どうでもいいけど、この学校、明らかに低クラスの教室を一般校並の設備にする予算は余裕であるのに、進んで粗悪な環境を作りに行ってるよね。競争心や向上心を煽る事を目的とした教育方針と見れば間違ってはないけど、現実問題人権云々かんぬんでPTAからのクレームが不可避だろうな。

あと次回以降の気になる所は、勝利報酬が教室交換権のみであれば、他に選択肢が無いのに、何故これを行使しないのかって点。
恐らく、端からAクラスの教室の入手しか眼中にないから、Eクラスの教室は敢えて入手する必要が無いからか。ならば、Eの教室は対上位クラスのバトルを有利に進める為の交渉材料として使用すべき。今後Aクラス相当のヒロイン一人のゴリ押しだけじゃ辛くなる一方な以上、如何にして外部勢力を抱き込むかが重要なんだよ。出来ればEのリーダーだった人を引き抜くぐらいはしたいが、ルール的にそれが無理なら戦略的に協力関係を仰げるだけでも、それなりにアドヴァンテージを得られるはず。
……という予測を立てるだけ立てて多分次回は見ない。



戦う司書(金 22:00~)
第15話 少女と少女と神の寝床

おー、面白い。
色々と世界の印象が覆った。

・ラスコール=オセロ
その実体は、追憶の戦器・過ぎ去りし石剣ヨルの方にあった。これを持つ人間は別に誰でも良く、いくら人間の方を殺しても他の人間を寄り代に復活出来るから、永遠に存在し続けるんだと。そりゃ伝説にもなるわ。
宇宙最強剣と思われたジルの持ってるジルの剣はただのレプリカで宇宙最強剣はジルそのもの、の逆バージョンだ。こういう叙述的裏切り設定好き。

・ミレポック&赤錆の人
人数の多いほうが勝つという、全く明快な理論によってさくさく人が死んでいくスピーディー展開。前回の二人の仲の悪さからして、協力は読めなかったな。確かに目的が同じだから至極合理的。
そしてミレポは勝つ為には形振り構わないという強さを手に入れた。まだヴォルケン問題が残ってるっぽいけど。結局ミレポにとってヴォルケンの存在大き過ぎて、恋愛感情消去した所で大した意味が無かったような。

・神溺教団ボスっぽい人
他者の認識を操作する能力……。発動条件の無い鏡花水月みたいなものか。適当に回想交えれば勝てるようなバトルしてるあっちの世界でも発動される前に倒すしかないと思われるぐらい持て余してるのに、こんなんじゃ全く倒せる気がしないぞ。

・武装司書と神溺教団の部分的癒着
二組織の単純な対立構造に見えた物語が、別方向への深甚たる拡がりを見せた感じ。
あとはそうまでして隠蔽されている天国についての謎が解消されるの待ち。楽しみ。


次はなんか見えないものが見えてる人のお話。



BLEACH(火 18:00~)

第252話 白哉、裏切りに隠された真実

斬魄刀は道具に過ぎぬとか言う奴に、斬魄刀との絆を用いて勝利するという今シリーズのテーマに即したお話。


・千本桜
これまでの経緯を懇切丁寧説明してくれました。やはり最初に襲い掛かった段階でとっくに屈服されてて以降はずっと芝居だったらしい。
もうちょっと穏便な方法は無かったのかとも思うけど、敵を欺くには味方からだから止むを得ないのかもね。


・白哉
今回のバトルではその能力が余す事無く活用されていた。千本桜がスタンドにしか見えない。
なんとなく白哉は孤高の人ってイメージがあるから、他人との絆を語って勝利ってのはちょっと似合わないけど、まあ正論ではある。

殲景・千本桜景厳ってケレン味だけで中身伴って無い技だ。周りに並んだ刀に何の意味があるというんだ。
相手がどこにいようと捉えるとかそんな性質あったっけ……?


・ルキア
何も言わなくても見詰め合うだけで全て甘受出来るなんて美しきかな兄妹愛。袖白雪折られてるのに。健気。
いつだかの折った理由考察再考。

1.過去遡っても無孔条誅村正の発動機会は限られていたし、当時は技術開発局も存在しなかったから、いかに山爺銀嶺と言えども、実体化した斬魄刀を他人に折られた時の対処法など知る機会が無い、はず。故に白哉も知らないはず。
2.他に折られた人の方が解決出来なくなってしまう。
3.となるともうこれとしか思えない。常々袖白雪を折る算段はつけていたが、信用を失わずにこれを実行する術がなかった。そして今回お家の為という大義名分を得たが為に、ここぞとばかりポッキリいった、と。


・響河
よく分からん技使ってた。鬼道ではないみたいだし……。
チャフの武装錬金アリスインワンダーランドは平子の卍解と被り気味。
死神自体が特殊能力を持つってケースは今までなかった筈だけど、この能力はどっから沸いて出たんだろう。


・次回予告
もうあとの祭です……。

・死神図鑑
石田遊ばれすぎだ。



静止画がところどころアレだったのはともかく、動画が素晴らしく頑張っててぐりぐり動いてた。
原作のキャラをよく活かしてるし、バトル漫画BLEACHのアニメ化オリジナルエピソードとしては殆ど完璧なものだった。
単体アニメとしてみると凡庸な感は否めないけど……。
  1. 2010/01/09(土) 18:38:20|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇場版忍☆忍2ミリ雑感 | ホーム | 忍☆忍152,153ミリ雑感>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/715-efc278ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)