FC2ブログ

第2回突発大会記

今度は優勝できた!
6→3もなかなかどうして楽しいな。

メモ

前回の反省を踏まえてメンバー変えるのをやめておいた。
基本はフライゴン/ジバコイル/ゲンガー/ハッサム/キングドラ/マタドガスで、vsそらさんだけは前回とメンバー半分被ってるから変えた。


vs金魚
金魚:サーナイト エアームド リザードン メガニウム ランターン ゲンガー
エアームドリザードン以外は追い撃ちハッサム安定。呼ぶリザードンはキングドラでおk。あとなんとなくふりゃ。

ハッサムvsランターン
そのまま攻めてこられそうだったから撃ち合いで倒す為に舞う。
しかし次のターン、このダメージ量見たらまずリザードンに替えてくるだろうと思い、様子見も兼ねてバトン。
剣舞したからふりゃに繋ぎたいところだが、地震当てられない以上どうにもならないので仕方なくキングドラ。初手は虫食いで良かったな。

キングドラvsリザードン
竜の怒りはドラゴンに抜群じゃないよ! 一応珠をふりゃに取られてるからこいつは竜半減実にしてドラゴン技対策も取っておいたけど意味なし。
ハイドロ当てられずにランターン登場。

キングドラvsランターン
麻痺3割もあって、このまま撃ち合いは多少厳しそうだったから欠伸。ドラゴン技に対して交換が難しいし、居座られるような気がした。
眠った隙に雨乞い。

キングドラvsリザードン
またハイドロミスった。多分翼で撃つかなんかされてたら死んでたけど、HP41あったから竜の怒りなら大丈夫。
そしてランターン→ゲンガーに竜の波動ヒットするも、雨止んで素早さダウン。
勝ちだけを考えると捨てでいいけど、ポイントの事を考えてハッサムへ。

ハッサムvsゲンガー
あやぴかされて呪い自滅される。

フライゴンvsランターン
自傷しまくったら4ターンほどで死ぬので大事を取ってふりゃ交換して締め。


せっかく見せ合いなんだから相手のパーティに応じて選出変えようぜ!



vs2+
ぷら:サンダース ヒードラン マンムー ギャラドス ストライク エルレイド
とりあえずギャラドスが厄介だと思った。物理はだいだいドガスでおkで、サンダースとヒードランにはふりゃで、先発ふりゃは読まれそうだから割と安定してゴリ押せそうな襷ゲンガー先発にした。

ゲンガーvsマンムー
確か特防調整されてないから気合玉で行けそうだったが、あえて70%勝負に出る必要もないと思いドガスへ。同時交換でエルレ出てくる。

マタドガスvsエルレイド
サイコカッターは多少厳しいけど、とりあえず鬼火入れれば何とかなると思った。この時点でヒードランの存在を失念している。

マタドガスvsヒードラン
不用意な行動がピンチを招く。
ふりゃ交換しても大文字2発耐えられないからドガス捨てて死に出しふりゃせざるを得ない。
ここで大文字外れを考えずに技を適当に選んじゃって無駄行動。どうせ地震一撃ではあるけど、21%の麻痺期待で雷撃っとくべきだった。

フライゴンvsヒードラン,マンムー
交換から礫安定だからまあマンムーだろうと思って読み大文字。当たった。
実はマンムーAD振りだと確定で耐えられるが、個体値の微妙さとH振りのおかげでなんとか一撃できた。
そしてヒードラン再登場。
抜群竜の波動は等倍大文字と同威力と考えれば1回ぐらい耐えられるんじゃないかと思ったらほんとにギリギリ耐えてくれた。特防下降性格なんだけどね。さすが平均的耐久。
地震で倒して命の珠自滅。

ゲンガーvsエルレイド
襷だからいけるはず!
と思ったらサイコカッター→影打で無理だった。
と思ったら無振りの影打連打だったから耐えられる!
と思ったら急所で死んだ(´;ω;`)


選出はギャラドス意識しすぎてヒードラン忘れすぎ。
バトルはふりゃが頑張ったけどドガスの選択がアホ過ぎてどっこいな感じ。



vsしほね
しほ:マンムー マニューラ カポエラー アブソル ムクホーク マタドガス
先生物理偏重で物理受けドガス安定過ぎる。
先発ドガスでも良かったけど、なんとなく受けを先発にするのに抵抗があったからジバコにしておいた。

ジバコイルvsムクホーク
インファイト忘れてスカーフとんぼマンムー読みラスターカノンとかしてしまった。何やってんだ。

マタドガスvsムクホーク
とりあえず鬼火安定。

マタドガスvsカポエラー
何をされても怖くない。

マタドガスvsマニューラ
挑発されて鬼火が出せない。
PP増やしてるからまもみがじゃない限りプレッシャーでも大丈夫。

マタドガスvsムクホーク
雷ドカン。
外しても後ろには襷ゲンガーが控えている。


これは見せ合った時点で勝負が決まってしまっていた感。物理特殊のバランスも重要だね。



vsそら
かし:ワタッコ オムスター クロバット フシギバナ ドクロッグ リザードン
そら:キュウコン ニドクイン ペラップ ライボルト オオタチ ニョロボン

ワタッコから腹太鼓リザードンか、クロバット雨乞いから眼鏡オムスターの二択パーティ。雨のほうが圧倒的に決めやすいからリザードンはブラフ気味。
クロバットオムスターとあとなんとなくフシギバナ選択した。

クロバットvsキュウコン
とりあえず雨乞いを急いてしまったけど、オバヒぶっぱだろうと問題なく耐えられるし、催眠とかも考えると挑発安定だった。
あやぴか食らってちょっと不利。
そしてエナボがある上に次手オムスターはバレバレ過ぎてとんぼも交換も出来ない。
退いてくれるまで挑発前歯で粘るしかないと思った。

クロバットvsオオタチ
これならオムスター出せそうと思ってとんぼしようとしたら自傷してすてみタックルで大ダメージ。普通に交換すべきところだった。
スカーフ確認出来たのは一応メリットか。

オムスターvsニョロボン
ハイドロ読みニョロボン交換読みだいちのちからヒット。大地読みペラップは有り得ないし、大地の一貫性は高いだろうと選出時点で思っていた。
2発ぐらいで倒せるんじゃないかと思ったけどギリギリ無理で、雨乞いで強化された滝登りで結構食らう。

オムスターvsキュウコン
クロバットがもたもたし過ぎた所為で湿った岩雨乞いが切れてしまう。
もう1回雨乞いさえ出来れば勝てるが、クロバ交換読み炎技で終わってしまうので安全策としてフシギバナを犠牲にすることに。

フシギバナvsキュウコン
いっつも炎の相手ばっかりしてるなフシギバナ……。乾燥肌込みオバヒでもギリギリ耐えて身代り気合パンチ出来るドクロッグにしておけば良かった。
とりあえず死ぬのが役目なので適当に宿り木入れてあとは守り続ける。

オムスターvsキュウコン
威力90でHP7割のマッスグマを削りきれるのか微妙だったが、ハイドロ連続で当てるのよりは分が良いだろうと見て、能力アップ期待込みの原始の力。

オムスターvsオオタチ
陽気スカーフだったら負けてるが、まあ決定力を犠牲にしてまでそんなに速くしないだろうという事で。めざパ岩にしてたら運ゲだったから、ここは最速原始の力で妥協してたのが功を奏した。
ちなみにオオタチへの原始の力はちゃんと計算したら8割前後ダメだったようで、フィーリングダメージ計算も正しかった。


フシギバナの選出とクロバットの混乱中とんぼがミス。
交換読み大地出来たのが一番大きかったかな。




あと第2回愛かわ杯の優勝商品としてセレビィもらった。幻くれるなんて太っ腹だなー。
ジョウト図鑑256種コンプリート!
CA330392.jpg
カイリューが喋るようになった!(バグ)


(同日訂正 マッスグマじゃないオオタチだ。神速撃たれるような気もしてたしごっちゃにしすぎ)
  1. 2010/04/29(木) 04:46:34|
  2. ポケモン(SSプレイ日記)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回突発大会記その2 | ホーム | kすl>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/846-5684f3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)