FC2ブログ

あきだった

感想とはなんなのか。
結局のところ面白いと感じるかどうかはなんとなくの印象だとか個人の好みだとかいう掴み所のない要素に大きく依存していて、理性的に捉えることなどできない。それどころか疲れている時に見ると面白いものでも面白く感じられないということもあり、その感覚は感情論的という範囲を超えて肉体論的ですらある、
~だから面白いとか、そういうことは全く意味を持たない、書いても仕方のないことなのだ。
でも書いちゃう。





輪るピングドラム
好き嫌いはっきり分かれる系だけど名作だったんじゃないかな。なんだかよくわかんなくても20話ぐらいからは涙なしには見れなくなってた。
あの珍妙なバンクアニメがこんな結末を迎えるとは誰が予想しただろうか。

ちはやふる (未完)
相変わらず熱い。未来日記とこれは相当恵まれたアニメ化みたいね。
王道が過ぎるのが多少気になってきたが、まだ泣かされる範囲。

未来日記 (未完)
知略バトルに関しては案外微妙だった。由乃強すぎというか、モブ敵の棒立ちっぷりがひどい。スローモーション演出に誤魔化されてるけど、通常速度に戻しても殆ど止まってるんじゃないか。 
しかし当初想定してた方向と別方向で楽しめてる。由乃可愛い。由乃が幸せそうというだけで嬉しくなる。やっぱり私ヤンデレ好きだ。

gdgd妖精s
ラストはまさかの伏線回収の連続で伝説の最終回と言っても過言ではないのではないか。
房子の扱いが通常のアニメでは絶対真似できないよな。アフレ湖はお題映像→アフレコ→3人の映像の順で作ってるから、アフレコが早期に行われているのか、アドリブ以外の脚本が放送直前に作られているのか、分からないけどおそらく少ない予算と短い製作期間という点を逆に生かしてる。

ベン・トー  
最終的に弁当を手に入れさせられることが最大の屈辱になるという。分かるけど、いやうん。本末転倒!
一発ネタで終わりかねない題材だったのに最期まで失速せず、地力を感じさせる。

Fate/Zero (未完)
様々な価値観が交錯するいいバトルロイヤルだった。
問題は誇りによって一旦引き分けとかリレイズとか多くてなかなか死人出ないこと。本気で殺す気で攻撃してるならそういうのも見越しておくべきだろうと。
つまりセイバーうぜえっていうのがかなり大きい。しかしこの感想は意図されたもののような気がするから、純粋に楽しめてるんじゃないかなあ。

Persona4 the ANIMATION(未完)
1話1話はそこそこ安定して面白いけど、本筋弱い感。
他人と仲良くなると使えるペルソナが増える(?)のはゲームシステム的な話で、物語上の必然性無いもの。

ギルティクラウン(未完)
主人公が安定のクズさだけどすごく共感できるクズさなんだよね。思春期の過ちとして話しかけられたら好きになって暴走してしまうってよくあるじゃん。ないの? クソが。

UN-GO
雰囲気好きだった。トリックが微妙と思うことが多かった。坂口安吾は不連続しか読んでないけど、過去の名作って時代背景考慮しないと評価できないというところがあって、現代の作品の中に混ぜても対等に戦えるとは限らないのよ。
あと映画見たいと思えなかったから映画見ないと若干付いて行きづらい展開がマイナス。

ファイ・ブレイン 神のパズル(未完)
謎の好きさ。メインメンバーのキャラ立ってるので日常の掛け合い楽しい。ヒロインが鉄壁スカートで動きまわるだけというエロサービスが絶妙。
崖から落ちたけど鹿に激突されたからなんともないって時点でシリアスシーンは真面目に見てはいけないのだろう……。

HUNTER×HUNTER(未完)
見逃しても別にいいかと思うようになってきた。
とりあえず原作そのまま映像にしましたという印象で、情熱を感じない作り。結局原作読もうぜって話になっちゃう。



あれ、今季終わったヤツのほうが圧倒的に少ない……。

BLEACH(未完)

私から言えることは何もない

第351話 フルブリング、忌み嫌われた力!

割とオリジナル入ってたみたい。
「お前それ戦場でも同じこと言えんの?」「それっておかしくね?だってこれ修行じゃん」(AA略)ってちょっと思ったけど、実際修行の主旨からして不意打ちで終わったら意味ないよね。一護が戦場では割と不意打ちに躊躇ないタイプってことは藍染戦なんかでも証明してるしなー。


第352話 月島、急襲!妨害された修業!

そういえば記憶操作されてるのは銀城だけで他のフルブリンガーは演技してるだけなんだっけ。あんまりそんなふうに見えない。
連載時ならこれは先の展開考えてないからだろうと思うけど、今はもう決まってるからどうとでも作り直せるわけで、普通の物語の作り方からすればもう少し匂わせる伏線が必要になるのでは。それともこのライブ感は原作尊重として再現されるべきなのか。


第353話 激闘へ!一護、完現術を使いこなせ!

「僕には通じない」で月島さんがバクマン平丸さんとダブって見えた。服装……。


第354話 一護vs銀城、ゲームの空間へ!

ルキアさん出た!
あれ、出してよかったの……?
分かってる身からすれば別に問題ないけど、やっぱり初見視聴者視点に立つと、声でバレバレになるにしても、最低限まだ情報公開されていないという体は必要なんじゃないか。
いい加減死神出さないとやってられないという気持ち?


なんかこう、微妙にちぐはぐな感じの改変が続く。
とりあえず次回はアニメでの髪長い方のルキアさん見納めになるかも知れない回期待。
  1. 2012/01/07(土) 23:34:47|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年アニメを個人的評価順に並び替えるだけ | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/972-1af45a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)