FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12なつかん

必要性とかあまり考えてはいけないような気がする。突き詰めるとアニメ放送する必要がなくなっちゃう。柔軟性を持たせる的な意味で遊びの部分は必要。



【9】
ココロコネクト
まさかの伏兵。最初あっちこっちみたいなものと思ってたから……。
若干詐欺っぽいところもあるけど、引きからのノータイム予告がうまくて毎週ワクワクする。1週間の内アニメ見てる時間は0.5時間で見てない時間は167.5時間なんだから、内容よりも引きの方が320倍ほど重要なんだよ!
ストーリーも自分ってなんだろうとか、そういう思春期特有の悩みに直面する様子が好き。私は精神年齢が永遠に中学生だから今でも考えてるし。
残り4話のWEB配信はあるのか。ないなら原作買うか。



【8】
夏雪ランデブー
こういう作品もたまに欲しい。これ幽霊出てくるのに、一応現実でも有り得る中妹とかの方がファンタジーに思えるって不思議な話。
三十路過ぎのベリーショートでありながら可愛い店長はすごい。セックスって言葉に対する受容の態度は学生の小娘には至難であろう。おそらく恥ずかしがる処女か、過剰に誘惑する痴女かの二択。



人類は衰退しました 
名前ってなくてもどうにかなるものか。名前なくしてアイデンティティは確立されるのか。わたしはわたしであってわたしはわたしのわたしわたしわたし
おそらく地の文の言い回しが重要な要素だろうし、DVD収録の都合からか若干ペース配分が狂ってるのもあって、原作読みたくなる系。その前にロミオのエロゲも。



氷菓
じわじわと良さが感じられる作品だった。青春は甘いだけでなく苦いものでもあったはずが、総合的に見て甘い記憶ばかり残っている……。
えるたそ論、超絶美少女・旧家お嬢様・品行方正とあまりにも完璧過ぎるせいで、多少強引さも許されるだろうという打算を感じてしまう。じゃあ私は「何よ、ちょっと可愛いからって調子に乗って……!」と嫉妬の念露わにに陰湿な嫌がらせを図るも、ほうたろにバレて論破され惨めに退場する役やるわ。あと実はほうたろのことが好き設定により枕を涙で濡らすから覚悟しとけよ。




【7】
TARI TARI 
鬱と盛り上がりのバランスが良く安定してた。
最終回始まる前に前回の内容踏まえて展開予想したら号泣してしまったので満足してテレビの電源切るレベル。小さな文化祭を勝手にやるってのに弱い。実際学校行事や部活なんてやってるようでやらされてるだけよ。



ソードアート・オンライン
第1話がピークの懸念が現実に。ネカマだらけだ!とかの妙に現実的な所に惹かれたのに、普通にフラグ立った折っただのラブコメやってるのが。「頼む、ボスを、ボスを倒してくれ……みんなのために……」(切実) しかしゴールに設定されることが多い結婚を早期に済ませてくれたから、2クール目以降こそは……
せっかく現実を忠実に再現したのに、現代ネトゲのシステムに倣い過ぎてもったいないと思う。もっとリアリティ追求するためのリソースは豊富じゃないか。料理スキルに丸投げじゃなく、醤油は大豆醗酵させて作るとかさ。とはいえやり過ぎるとただのファンタジーと化してゲームである意味がなくなるから、ゲームとは一体なんなのか。



宇宙兄弟
まだまだ続く。



【6】
じょしらく
キグちゃん可愛い。本当に腹黒いのはテトラだから! 許せん。
たまにアザゼルさんを思い出したが、ギャグがテンポよく安心して見れるのは監督の力によるものなのかな。



アクセル・ワールド
「この程度の奴僕が手を下すまでもない……/復讐は何も生まないんだ……/奴にも奴なりの事情があったんだ……/それでも敢えて許す!」と言い出さないかとヒヤヒヤさせられたけど、ちゃんと殺してくれてよかった。しかしいくら鬱を深めたところで、一度に得られるカタルシスにも上限というがあって。少なくともちゆ偽装裏切りの必然性は足りないと思う。
心意って後付け感が念っぽい。「絶対に勝てる!」と真に思い込めば勝てるんでしょ。万能すぎやしないか。



【5】
もやしもん リターンズ 
なんかこう言い表せないけどいいよ。
最後の教授の言葉が好き。人は自分が理解できるようにしか理解しないから、狭い常識の中でしか生きれないんだよ。「俺が蛇に見えたか? ならお前が蛇なんだ」 と言ってることの本質は同じ。様々な考えがあることを柔軟に受け入れなくては生き残れないサバイバルゲーム!



トータル・イクリプス 
第2話がピークの(ry このキャラデザと作画レベルでエロ要素は求められてるのか。
なぜこの期に及んで小さな事に拘って足の引っ張り合いをしているのか。共通の敵がいれば人類は結束するのでは……と思うのだけれど、どうもそれがオルタ本編の話で、そんな中でもクズはいるよっていうのがTEの話らしい? じゃあやっぱり本編やれってことじゃん。



貧乏神が! 
ラストの話だけストーリおぼろげに覚えてて、原作は紅葉がいるコマだけ読むというむちゃくちゃな読み方をしてることを思い出した。もみじかわいい。
真面目に考えると幸福ってなんだろう。市子が真に幸福だというのならば、幸福エナジーは市子が同性に嫌われたりする事の無いようにはからってくれているはず。危機を脱するために幸福エナジーが作用するという場面にすら遭遇し得ない。するとどうだ、市子の人生は全く平坦で何の面白みもないものになってしまう。幸福とは相対的なもので、不幸なくして感じられない。つまるところ、よくトラブルに巻き込まれるこの現状自体が幸福エナジーの力によるものなのだ。



【4】
この中に1人、妹がいる!
確か妹の正体を突き止めるための話だった気がするけど、確定エンドしたのがなんか意外。中途半端なところで終わるのに慣れすぎてるな……。
恋人以上の兄妹はもちろん子作りありの関係ですよね。



エウレカセブンAO
流し見してたらどんどんよくわかんなくなった……。まだ終わってないけど2話で収拾つくのか。
もう1期見てない作品の2期は見ないから、どうせ2期やるなら世界観共有なだけの新作じゃなく、1期前提の作品にして欲しい。
  1. 2012/10/03(水) 04:19:18|
  2. 定期アニメ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<12秋mm | ホーム | 最近読んだ小説>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pseudonym.blog94.fc2.com/tb.php/987-b98e7aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 2012/10/07(日) 19:20:26 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。