FC2ブログ

忍☆忍201,202,203ミリ雑感

201って2ヶ月近く前やーん


201ミリ

・スネイクの穴
割とみんなバラバラの場所に空いてる気がしたけどそうでもなかったかな。どこなのか分かんない奴が意外といる。
眼鏡の男親衛隊とかも目じゃなかったっけ。穴じゃないかもしれんけど。あの子らもアブノーマル……。


・さちこ
「血は赤いからハートに通じる」とか本格的に何言ってんのか分かんねえ! 通じてたとしてなんなんだ!
狂気だなあ。主人公神のお導きに従えば道を踏み外すことなく正しい恋愛道を歩めるのですとか言い出しそうな狂気だ。


・片目に傷をつけた男vsスネイク
挑発を食らってるという事実を認識してるあたり、全然冷静に見えるんだけど、挑発状態だから補助技は使えないのは絶対的前提条件と。
確かに論理的バトルだけれど……こいつら完全にポケモンだ!
これまでのバトルは全部ターン制だったんだ。素早さの高い方から先に、順序良く交互に技を出し合う……。
あれ、ある意味間違ってないような気がしてきた。

しかしスネイクの「三日月だから俺は中途半端だ!」って全く強そうに聞こえないな。むしろ弱さを露呈しているようにしか。何を言ってるんだ。



202ミリ

・片目に傷をつけた男vsスネイク
6:1のようで1:2だから数で勝ってるって流れがきれいでうまいことまとまってる正当な恋愛バトルだと思う。「恋愛感情は数学で測れるもんじゃねえんだよー!」と数の力全否定してたことは目をつぶろう。

でもスネイクの想いが片想いですらないなら先にある可能性が片想いより大きいから強いんじゃね。
いや想いの方向がそっちに向いてないから意味ないのか。
むしろ世界にひとりきりであり続けることで人を気絶させる歌唱力を得ていたアヤエイジアよろしく、徹底的にひとりきりの強さを求めるべきだったんだ。
やっぱり想いを捨てきれてないから自己紹介のとおり中途半端。


・スネイク&欠け前子
いきなり何を言い出すんだスネイク、というか正直その展開は全然予想してなかった。
しかし回想入ると俄然それっぽく見える。

真面目にこれまでの展開考慮するとやっぱり矛盾してるんじゃないかな。
スネイクはずっと前子のこと好きでなんやかんやとつきまとってたのかとか。
前子はヴァイザードの服を盗んでなりすまして侵入してたけど、そんな付け焼刃の誤魔化しはその場限りだから、攻め入ったのはほんの短時間の話だとばかり……。
でもこれはなんかいい感じにまとまってて面白いからいいや。



203ミリ

・クリスマスOP
毎年恒例……でもなかった。
今の状況的にはどうせ主人公はななこと二人でイチャイチャして過ごすんだろ! としか思えなくて壁殴っちまった……。


・スネイク&欠け前子
スネイク「奇跡戦士にそんな可愛い子がいると知らなかった」→前子「あなたとは相容れないと何度言ったら分かるんです」
一見会話してるように見えるけど、かたや初対面、かたやしつこく付きまとわれた後の台詞のようとまるで内容が食い違っていることから、おそらくこの台詞と台詞の間に数ヶ月ほど時間が流れているのだと思われる。
で筋は通るのか……?


・主人公
片目に傷をつけた男=ハイパー上位奇跡主人公<マスター上位奇跡主人公<スネイク<片目に傷をつけた男
あれー。
まあ腑抜けてたんじゃ仕方ない。


・眼鏡の男とか
眼鏡の男全面に出過ぎじゃね。なんか術っぽい事してたのはコクジーンに見えたけど、それでもあのラジオは眼鏡の男がやってたのか。

アンチラヴスターは重要な役目を持っていた! けど失望した! はなんとなくあってるような。
再び連れ帰るまではアンチラヴスターだと思ってたから、連れ帰った時点で能力の変質に気付いたということで、流れとしては間違ってないな。じゃあそのあと即殺さないと……。




そして次回はまた例のアレだ!
実はこの190ミリからここまでの話は原作連載期間換算で1年ほどかかっててそれを引き伸ばしに引き伸ばしたけど1クール持たせるのが限界だったのだ!




劇場版第3弾アナザーED

これはED後にそのままの流れでやったほうがよかったよね……。ほぼ上位互換だし。
というか劇場版では諸事情によりカットされただけでほんとはこっちが正EDだったりする。




以下映像から分かるからネタバレじゃないと思うけどなアレ
[忍☆忍201,202,203ミリ雑感]の続きを読む
  1. 2010/12/29(水) 02:11:13|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OVA版忍☆忍雑感

O・V・A! O・V・A!


OVA1ミリ

つまりその……ジャンプ漫画が人気を博した際、その作品はいきなりTVアニメ化するんじゃなく、まずジャンプフェスタで放送するための短編アニメが制作されるのが通例なんだよね。そしてそれが後々DVD化して発売されて。
だからこの話は第1話よりも前に作られていたりする。
以上によって導き出せる一つの事実……は一応伏せておこう。→ぼんぼのぼんぼの助なんて存在しなかった

しかしいまいちこの頃の内容うろ覚えだなー。
ピエロは吹っ飛んで死んだと思ったら生きてたりしたし、ブロンド美人のお姉さんとの関係もなんだかよくわからないままで、いろいろ有耶無耶なままに終わってた気がする。


・主人公
名前付けは主人公の役目って設定すっかり葬り去られてるよな! 女の子にすらつけてない。明らかに名前っぽくない名前も本名っぽい扱いだし。

8ミリでは青姦しようぜ!と言ってるようにしか聞こえなかった問題発言部分もなんだかゴールデンタイムへの配慮が強まっている。
あの頃はチェリーの焦りが垣間見えていたけど、今は妻子持ちの余裕すら漂ってる感じ。


・ななこ
初期は妹美や花子の声との区別つかなかったけど、今はだいぶ差別化されているような気がする。


・に組の団長
こんな悪い顔してた覚え無いんだが……。展開に合わせて作画修正してくれたんじゃね。



OVA2

こっちは放送開始後のジャンフェスで流れたやつだから、原作話やってもしゃあないってことでオリジナル。
内容的には敵が出てきてみんなで戦って主人公が倒してってまあ当たり障りの無い展開だ。


・冒頭クロサキ医院
このシーンいいよね……。まさかOVAまでアフレコしないだろうから別にいいだろうと思ってた時期にSSその1のモチーフにしたというか丸パクッた節があってごめんなさい。

やたらとななこが所帯染みているんだよ。明らかに財産を共有しているように聞こえるんだけど、もうそんな関係なの? 完全に稼ぎの悪い旦那に大して小言並べる嫁じゃないか!


・狂忍者族
きっと狂忍者族2とか3とかもあるしそのうちバーゲンセールが行われるにちがいない。

しかし忍者の発生した時代を現実と同じ鎌倉時代辺りと捉えると、狂忍者族はヌフヌフが史上初か2番目ぐらいじゃないとおかしい。けれどたくさん出現していたかのような言い回しがなされている。
統計学的に考えて1000年に1度という頻度の確からしさを誤差2桁程度に抑えるのに、忍者族の歴史は数十万年ぐらい必要なんじゃないか。
完全に人類とは別の何かだ。


・ネクロフィリアの男
ネフ男頑張った! 非常に珍しいライバルらしい動き。
もう直接的にななこを助けてるランキング1位:弟、2位赤毛の男、3位ネクロフィリアの男、4位主人公、ぐらいになってるんじゃないの。
もう駄目だこの主人公!



あと単独でDVDとして発売されてるわけじゃないけど、映画第3弾の前売り特典とかDVDボックスのおまけで「BLEACH カラブリ! 護廷十三屋台大作戦!」ってアニメもあったりする。これもOVAか……?
私はこれの原作載ってる本持ってるだけでアニメで見たことないけどネット上にあるんだろうか。



ついで
実写39ミリ
なんかこのシーンはレギュラーシーンとか呼ばれてたような。

実写40ミリ
アンコールという仕様上スタッフロールが先に来るのはやむを得ない多分。

実写41ミリ
なんだか良くわからんが完!
同じ話の繰り返しもようやく終わり……次は卍解SHOWだったっけ。
  1. 2010/11/06(土) 20:03:49|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍劇場版第3弾雑感

知ってるかもしれないけどこの映画大好きなんだよね。もう何回リピートしてみたか分からない。
しかもテーマが忍☆忍のテーマと合致してるからそのまま素直にアフレコすればいいお話になるんじゃないかなーと思って期待を寄せていた。



・削除避け
何もかもが偽りにまみれている!
このゲーム難しいんだよねー。相性把握したぐらいじゃどうにもなんないぐらいに。ましてや相性を把握していない(という体)ではgdgdになるのは必至……。


・主人公全般
ななこの危機だというのに眠気を優先し始めたときにはどうしようかと思ったけど、ちゃんと気持ち悪いぐらいにななこの事想ってて安心した。ことななこに関して起こせる奇跡にはすさまじいものがあるよね。ななこの事を想うだけで居場所が分かるのなら24時間ななこの私生活を監視するぐらいのことだって訳ない……変態じゃねーか!

しかしこのように万能に思える奇跡にも今回のような大騒動の引き金になることもあるわけで、これがあらゆる事象が生起する可能性のある奇跡の功罪といったところか。
マスター上位奇跡とか言ってるくせに未だに全くマスターできてないな……。
ロボット相手に撃ったブラックファイヤーもめっちゃ外してたしあんまり強そうじゃない。劇場版ブラックファイヤーはないのかな?

ともかくまあ今回は周囲がななこの為に死ね死ねいうのにも負けず、だからこそ助けなくてはならないと強い意志を見せてくれたし、実際ちゃんとななこ助けてあげられたし頑張ったと思うよ。
ラストのいちゃついていいシーンでもなんか謙虚だった。


・ななこ全般
記憶力薄弱設定のおかげでもうどんな過去回想が来ても平気! 便利だこれ。
というか本来そんな感じのお話だったからもっとこの設定を多用する羽目になるかと思ってたら、案外そのまま乗り切ってたな。
なんでも男を捨てすぎてもったいないお化けに取り憑かれ気味だったらしいけど、物を捨てるにはまず所有しないといけないと思うんだ。男を度々捨ててきたということは今まで下僕を従えては捨てという行為を繰り返していたということか……。

なんか植物相手ですら雄蕊と雌蕊を気にしてたけど、ななこの男を否定する根拠は功利的なものでも感情的なものでもなく概念的なものなんだよね。そんな考え方捨ててしまえば楽になれるのに……と思ったらもったいないお化けがやってきて捨てられなかった。

今回はもうちょっと主人公評価してご褒美あげても良かったかも。直接的にデレるのはよくないから、うまくツンを装ったデレがベストだと思うけれども、それ以前に主人公に対してかける言葉自体が少なかった気がする。
積極的解釈すると、普通に主人公が結果出してたから罵りようもなくてどう接していいか分からない感じだよねたぶん。それはそれで心境の変化としておいしい。


・丘で再会したあたりの二人
ななこはなんであんな不機嫌だったんだろう。最初にもったいないお化けに襲われて攫われた時にすぐ助けてくれなかったからかな!
でもそれってすぐ出ていくななこが悪いよね。ずっといっしょにいればいいのに。

それから下僕言いながら苦しむことを、もったいないお化けに主人公が悪いと解釈させるところが上手いと思った。この苦しさは主人公のことを想うと胸が苦しくなる的な苦しさであって、というのは私の妄想だけど、ともかくそんな単純に主人公が嫌だから苦しんでるわけではないのは確か。


・運命の赤い糸(ゲゲゲの鬼太郎に出てくる布みたいな奴)
運命繋がった! 運命さんにはどうしたって抗えないからもう結ばれるしかないな! と一人はしゃいでたのに意外と主人公が冷静で恥ずかしいじゃないか……。もっと喜べよ! 元々の運命絶ち切っておいてくれてありがとうインテリ野郎!
いやインテリ野郎に切れたということはななこが切ることも出来るような世界観だということか。でもそこは切れるけど切れないふりして文句いいながらもそのまま運命さんのせいにして結ばれちゃえばいいよ。


・狂気ななこ
予告から度々登場してた感のある白髪ななこは恋愛狂気に侵されななこということに。自分大好きってとんでもないナルシストだな!
ななこは同性愛者な上に自分可愛い発言がけっこうあるし、恋愛感情が自分に向くのはそんなに不思議なことでもないのかも。
現実世界でこんな人は存在するんだろうか。

それにしてもななこを救う場面はどう見ても奇跡としか言いようのない場面だったな。奇跡以外に救うすべがない。
よく見たら何かぶっ刺してるのは……直前の回想の内容から考えるとあまりにもななこを救いた過ぎてぶっ刺したことになるな。どっちが狂気だ。


・もったいな
どう見ても敵キャラ的な雰囲気で登場したのに、いつのまにやらななこと笑顔で和気藹々としててやりにくそうな感じだった。
最終的な目的は概ね合ってるし自然。ななこが狂気化したときにどっか行っちゃって展開的に蚊帳の外に追いやられちゃったけどね……。

この子らが最後に伝えたかった教訓、物は大事にしよう! はななこに対しては男捨てちゃダメって意味に取れるよね。つまり下僕を大事にしろっていう……仮称さんすぐ曲解するよね!


・いお化け
影薄い。


・ルキアちゃん
出るとしたらもったいなぐらいしか当てはめられるのいないだろうし、手紙にルキアって書いてあったのが映るタイミング的にもありえなくないと思ってたけど、結局そんなことはなかった。
あれはルキアちゃんから来た手紙なんだからルキアちゃんが書いた絵じゃないのか。でもななこが書いた手紙にも名前書いてあったよねうん……。

なんか勝手に存在が大きくなっていってる感。いざ登場したときに暖かく迎えられてもルキアちゃんは困惑するんじゃないかな。初対面なのに。


・ネクロフィリアの男
猿の術と蛇の術、何故差がついたのか。慢心、環境の違い……。
かえんぐるまの術は何をやっているのか謎だ。というかそんな技存在しないし、ただの蛇の術の発動モーションだし……。

ちょっとななこに対する感情が昂り過ぎてよく分からない方向に行こうとしているよね。それは恋愛感情というかななこを教祖として崇める宗派ななこ教に対する信仰心だ。

ネクロフィリアの男は今は元ネクロフィリアの男で、もっと昔にはネクロフィリアになる予定の男だったから現ネクロフィリアの男は元ネクロフィリアになる予定の男だったわけで、厳密には元・元ネクロフィリアの男になる予定の男なんだ。

お前ななこと付き合い長いんだろって場面は何故かシンクロしてるな。


・帽子の助
登場した意味が分からない。イメトレでななこの居場所分かったんだから主人公宅→忍者学校って移動すればよかったんじゃ。
脳みそとか出した意味も特になかったし。


・白髪の男
まさかの登場。すっげーどっかで見たことある気がするけど気のせい。
珍しく真面目キャラで説明役乙だった。いや最近真面目キャラ増えてるからそんなに珍しくないかも知んない。


・変な顔の男
最初に出てきただけでなんにもいいところなかったな……。ただ発狂して捕まって特に物語に絡むことなく。
というか大した理由もなく発狂しても全然違和感ないのが流石だ。
不思議な花とはなんだったのか。


・白玉ぜんざい
主人公がいなければこの世に幽霊は存在しないのではないかと思った。
死者数がシャレになってないんだけど、ほんとに白玉まみれになった人はみんな死んだんだろうか。だとすたら流石に主人公もそれなりに責任取らないといけないような……。
運ばれてきた時点でまだ息がありそうな人いたし、片目に傷をつけた男は復活したし、弔った気がしたけど実は生きてたみたいてへっだったらいいけど。

なんだか意味のないシンクロをしている。これをシンクロと呼んでいいのかは謎。



総じて、突出したものはないけど順当に楽しめるものだった。主人公がななこのために頑張ってるだけでおいしくいただける。きっとこの頑張りは今後の展開に影響を与えてくれるさ。

ということで今のところは映画版全部終了。
次はリアルタイム換算で2年後! というかそれすなわち現行アニメとの差だ……。
  1. 2010/10/13(水) 23:55:00|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍199,200ミリ雑感

200ミリ到達!
2ミリリメイクはなんか豪華キャストすぎて怖いから、ほななこさんはにななこさんよりドS成分強いドSかわいさがあってこれはこれでいいよねってのと、さちこの祖父まーさんが浮いてるレベルで怪演だったっていうひと言コメントにとどめておく。

ちなみに私は別に何も用意してないぞ! まあやる気が出たらなんかやるよ……300ミリぐらいまでには……。



199ミリ

・さちこ
毎回書いてる気がするけどこの感じいつまでたっても慣れないっ。さちこは既に主人公ハーレム計画の犠牲者の一人に入ってるんじゃないか。
本当に恋愛の先生だというのならここは一度恋愛のレッスン実践編として手取り足取り穴嵌め教えてあげるべき。ある意味間違ってないから。そんでその現場を偶然にもななこに目撃されて三角関係をこじらせれば面白いけどやっぱりななこが悲しむことはやっちゃだめだな!
申し訳ないけどさちこには側室ポジションで我慢してもらおう。


・ベイビー
ベイビー関連は現実のゴールデンタイム規制のせいで、なんだかふんわりした描写に改悪されまくって何がなんやらわからんことが多々あるな。何故か全然関係ない方向から現れた根拠によって当たらずとも遠からずになってるところはあるけど。

しかし小さいから細胞の間を通り抜けられるってその発想はなかった。明らかに成人男性サイズだし、見た目と実際の行動が乖離してる。
実現不可能な怪奇現象が言葉の上での根拠だけに基づいて実世界に顕現しているというか、原子の状態は確率的にしか規定されないから猫が半分死んでいて半分生きているということもあり得る、と言うのと同じような不可思議さを感じる。

そしてラストの棒立ちのまま刺される謎現象。何が起こってるのかさっぱりわからん!




200ミリ

・削除避け
恐ろしくて聞けないけど、きっとこれまさにこんなのが200ミリの削除避けでいいのか記念的な感じになってるよね……。
私が書いたんじゃなければ見ろよにこさんがべろちゅーしたり押し倒されたりするエロ小説朗読してるぞwwwってついったーとかで喧伝して辱めることができるのに、私が書いたんじゃ自己羞恥プレイにしかなんないから悔しいっ……。


・ラジオ
2ミリメイクの本編後のトークも合わせて二人とも幸せそうでなにより。


・ベイビー
よく考えたら確かに細胞の間を通ることで可能になるのは怪物に食べられそうだったのを回避できるってことだけで、毒はどうしようもないな。むしろなんであの時毒を攻略したかのように振舞ってたのか謎だ。

突然始まる授業も謎展開。赤子ゆえに純粋無垢だから御しやすいという弱点を抱えていたということか!


・変な顔の男
精気を失った人間に性器精気を突っ込む儀式というわけですね。背中しか映ってないから大丈夫理論も存在したから、たとえ問題あるとしても映しさえしなければ問題ないさっ。

改造って字幕は奇跡的に展開と迎合してるな。次に出てきたときにインテリ野郎は果たしてどんな変な顔になってしまっているのか……。恐ろしい。


・片目に傷をつけた男vsスネイク
これも明らかに斬られているように見えないのに斬られてからその皮を捨ててるんだと言い張る強引さが素敵。
ただ頭を刺されても穴が開いてたから大丈夫だったじゃ見たまんまだから、刺されたそばからすごい勢いで脱皮して穴が形成されたから大丈夫的に感じに突っ走ったほうが良かったかな。

あと画面に映ってない時ですらぐいぐい前に出てくるピンクの少年がいつもにも増して狂気的。というか舌なめずりするシーンなんて原作になかった気がするんだけど……アニメは忍☆忍のキャラに合わせてくれているかのよう。親切!

  1. 2010/10/05(火) 19:31:03|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍196,197,198ミリ雑感

相変わらずあらすじ長いわ同時進行で話の進みが遅いわで……。

196ミリ

・主人公
なんかもうこれお約束展開なんだなー。ほんとに主人公なのかこの主人公は。


・片目に傷をつけた男
謎の登場。
こいつハイパー上位奇跡の主人公と互角程度だったのに、マスターデンジャラススーパーデンジャラスと更なる進化を遂げた主人公が手も足も出ない相手を軽く蹴散らすって強さ関係どうなってんだ。ものすごい影で修行してたんだろうか。


・死者に弔いかけ男
なんだかいつも死者に関係ある場面でちょうど出てくるな。でもいつもやってることは死者に弔いかけるというか死者に弔いかけるの阻止という。
だって死ぬべき時って言ったら恐らく天寿を全うして死ぬ時ぐらいしかないだろうに、この人ら常に生死をかけた戦いの中で働いでるんだもの。そりゃそうなる。

しかし片目に傷をつけた男やネクロフィリアの男の弟はまだ目的があるから侵入してきたのも分からないでもないけど、弔いかけ部隊とかは来た根拠が薄弱だ。主人公が長いこと出てこないから来たって。
仮想空間に仮面の軍勢が続々乗り込んできてるこの状況自体がなんだか良く分からない状況だから仕方ないけど。


・ネクロフィリアの男の弟
もうこいつの名前はおいしいところ持って行き太郎とかに改名しよう!

忍法変わり身の術は珍しく忍法らしい忍法だ。
でも木とかの身代わりを使うんじゃなく服だけ残すのは空蝉の術って言った方がより正確で格好いいみたいな。


・インド人
なんかすごいややこしい。
ひとつの体に二人の双子の精神が同居してるのが体質で、一時的に分身を作りだしてその二つの精神を分離させるのが能力と……。もう最初から普通の双子として生まれておけばいいのに。



197ミリ

・ネクロフィリアの男の弟
チートじみた強さだし真面目だし格好良いし、こんなのに言い寄られてるのになんでななこはあんなダメ主人公を下僕にしてるんだろうね!
完全にアレだ、私がいないと駄目なんだから的な、って当人がそのままの台詞言ってたし。つまりななこは尽くすタイプ。そういう意味でダメそうなネクロフィリアの男の方がまだチャンスあるような気がする。


・弟vsインド人
どう見ても紋章から遠い部分を軽く斬ってるようにしか見えないけど、実際には紋章が張り付いてる部分の皮膚をそぎ落としてるんだよね……? えぐいというか、表面にだけ張り付いているという保証もないし魔法的なものかもしれないのに物理的に剥がすというとんでもない強引さ。

この辺の能力バトルも見たまんまでそれ以外どうしようもない感じだ。ななこを攻撃するところとか、ななこが紋章つけられたところとかは分かりにくい気がしたけど……多分だいたいそんな感じ。

あともうこいつ死んだから別に見てもいいと思うけど→本編では5人まで増える技だから双子設定にしたら困ったことになって面白いと思ったのに、何故か同時に2人しか画面に映らないまま終わって煮え切らない。


・死者に弔いかけ男
つまりこの世に未練を残した魂が悪霊となり、その悪霊が生み出した蝶々が集まって変蝶々となり、その変蝶々の中でも極悪のものがピノキオであり、そのピノキオが模様の力でようやく仮面の軍勢になれるんだ。けっこうなエリート街道を歩まないといけなくて大変。



198ミリ

・弟vsインド人
時間停止とか出来るなら敵の時間止めればいいんじゃね。

360°全方位に目が付いてるってのはどう見てもインド人の体の周り360°でしかないんだけど、台詞だけ取るとまるで弟の周り360°が目に囲まれているかのように聞こえて、そのちぐはぐさがなんか面白い。
結局目は弟の正面にしかないんだから死角とか生まれ得ないし、ななこのこっちから見えてない部分に紋章貼り付けるとか不可能だろ!

とにかく弟が格好いいな。
インド人の他人を自由に操る能力と、弟が過去にコレクション化されていたことに由来する怒りが繋がって、一つのバトルエピソードとしてうまくまとまってる。美しい決着。


・変な顔の男vsベイビー
この辺はアフレコ殺し展開だからなんだかよく分からないことになってる。
そして奇跡を超えた奇跡を生み出す変な体が無敵過ぎる……! どうやったら倒せるんだよこいつは。

ベイビー攻撃が放たれてから命中するまでの間に解析する能力はチートな気がしたけど、結局対応策が分かったとしてもベイビーの対応能力の限界を超えてたら意味ないということでそんな大した能力じゃなかった。




そんで次は順番的に映画が見たいけどまあうpされた順でもいいか。
しかしサブタイはいつまでfade of blackと間違われたままなんだ。もうこれが正式タイトルでいいのか……。
  1. 2010/10/01(金) 07:11:59|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍194,195ミリ雑感

194ミリ

・スネイクvs欠け前子
ややこしすぎる……!
欠け前子はなんで死んだのか→スネイクに殺された、までは回想入る前から完璧に合ってていい感じだった。しかしそこから先がもう。

とりあえず
1.スネイクと初対峙した時から既に弟がどうのと言ってる。
2.服を盗み出したあとにスネイクと初退治して殺されてるのに、殺されて霊体になった後スネイクの部下から服を剥ぎ取ったと言ってる。
の時系列矛盾は仕方ないから目をつぶろう。

開発中の仮想空間に死体を置くと肉体が消滅してデータが残るらしいが、わざわざ仮想空間に運ばなければデータすら残らずに普通に死んでたはずで、むしろスネイクの行為はデータだけでも生き返らせようとしているようにしか見えない。興味ないから殺したはずなのに。
そして欠け前子は何もしなければそのまま仮想空間の住民になるだけだったのに、わざわざハッキングして記憶のない新キャラを産み出している。これはただ自ら記憶を消して弱体化するというデメリットしか見えない。

これによって魂が仮想空間に閉じ込められるのを回避できるとかそういうわけでもないよねえ。どうやったのか忘れたけど流魂街一の全部自称だ!は現実に来れてたから閉じ込めがそんな深刻な問題でもない気がする。
仮想空間で死ぬとデータが残るって設定さえなければ筋が通るんだけど……。
というかそんなバグみたいな仕様についてこいつらはなんでそんな詳しいんだ。個人で仮想空間を持つのが当たり前で研究され尽くしてるような時代なの?
もう色んな人に好き勝手されすぎて帽子の助の所有物なのかどうかすら怪しい。


・ベイビー
赤ん坊のはずなのに過去回想の時点でそんな姿かっと思ったりするも……。悪魔女編って数カ月前ぐらいの話でいいのかな。
前子が過去に命を落とした時点であの姿なら欠け前歯とどんだけ歳の差兄弟なんだよ問題も合わせて特に困ることはなかった。

ちなみに天丼でアクエスはBLEACHの造語とかじゃなく一般名詞だから知ってもネタバレというわけでもなく、かつ知ればきっとベイビーのやってることの意味がわかったりする。




195ミリ

・前子
奇跡戦士ということでいくつか疑問が氷解。死にたくないという強い想いが奇跡を起こしたらそりゃ記憶のないクローン的なデータが奇跡的に生み出されるぐらいするよな。
仮面の軍勢に敵対してるのにも納得……いや、仮面の軍勢を倒すは忍者族のお仕事であって、奇跡戦士は忍者族といがみ合ってるだけで別に関係ないのか。なんだよ奇跡戦士って。


・スリム&水玉
最初からやれよ!というツッコミはなんというか、うん……。

変蝶々社会って少子高齢化問題を抱えてるような現実的で切ない世界だったの……? 人を襲って食ってるのにお金とか必要あるの……?


・ななこ
なんちゅう状態で転送されてんだよ。流石に直接的に傷つけたら許せなくなっちゃうぞ……。マジでもう一時的に手を組むとか言ってらんないぐらい悪役要素満載じゃないか。


・ラスト
誰だかよく分からない人乱入。髪型がすごい特徴的だったけど、まあ確かに主人公友達少ないから助けに来てくれる人なんて思い当たらないよな……。
というかピンチを自分の力で打開できないってそれでも主人公か!


・ネタバレ
真の敵は本編映像の中に潜んでいたのだった。ムービーエクスプレスはBLEACHをよく知らない人のために懇切丁寧に解説してくれてる節があるから見ない方が無難なのかも知れない。
まああれがあーだってことを知らなかったからと言って特別面白くなりそうなシーンも思い当たらないし、それがそーだってことを今更知ったからと言ってもう設定固まってるからいいんじゃね、と思う。たぶん。

  1. 2010/09/11(土) 00:27:17|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍190,191,192,193ミリ雑感

思ったんだけどたったの月100円で削除される心配がほとんど無くなるなんてすっごいお得感バリバリだよね! zoomeマジおすすめ!


……
うう……私が何をしたって言うんだ……こんな仕打ちがあっていいのか……。
しかしこれがないと削除されるというのなら耐えるしかない……。
なんというか削除避けのところは(∩. ゚д゚)アーアー聞こえないしてるというか、恥ずかしすぎてほんとに聞けないというか、なんか面白いことしてても拾えないけど勘弁というか、でもななこの貴重な台詞は聞きたいというか、自分が書いた台詞でさえなければ……うわああああ!!!



190ミリ

あらすじであんまり話進まず特に言うことない。
ただでさえ間が空いたのに加えて大人の都合によってまるで忍☆忍見るの半年ぶりであるかのような感じがするし、色々忘れてるからありがたかったり。

・OP
どうでもいいけどこの映像と曲と合わせてOPの中で一番好き。
velonicaってなんなのか誰にも分からないってことはないだろって思ったら、英単語として存在するのはveronicaで少し綴りが違う意味なんてほんとにごく一部の人にしか分からないし概ね正しい。


・その他変化
ED17曲目のこれで17クール目かな。もう数えてらんない。
ここから16:9のハイビジョン放送に移行だったか。
アイキャッチ(´・ω・`)カワイソス



191ミリ

・さちこ
無条件に主人公信じこんでてなんか怖いし、キュアラヴスター化してからのキャラの方向性が掴めない。
今の雰囲気からすると主人公が性奴隷になれとか言っても二つ返事で了承しそうな気がするんだけど、そういうわけじゃないんだよね……。さちこどう動くべきなんだろう。


・ベイビーとか
ここもあらすじ地獄。ななこのところでも同じようなことになんのか。
新しい道を加えて本来の修行相手がいる場所に辿りつかせないってのはすごくハッキングっぽかった。


・欠け前歯とか
次回予告でネタバレちょっともったいない。
初見の映像に対するリアルタイムな反応を見られるのもミリしらの面白さの一つだし、次回予告はただの害悪なんじゃないかと今更思う。



192ミリ

・欠け前子
ということで、欠け前歯が男にされた時からここは修羅場になるだろうと思ってた。ここまで男でも特に違和感はなかったのが意外というかなんというか。
解決法は髪縛り男のパターンに近い感じ。なんでそんな怪奇現象が発生したのかは全く謎でそれこそ奇跡だ。

しかも主人公に抱きつく。流石にここまで直接的に身体的なスキンシップを図ろうとした女性はいなかった。割と最近主人公の嫌われっぷりが緩和されているような気がする。みんな主人公のどす黒いクレバスのような変態オーラが感じられないのか!?
欠け前歯があんな感じな時点でこれは予想されうる事態だったのかもしれないけど、かと言って男と言い張るのもチャラい男の前例のせいで難しいし。
しかしよくよく考えると男の体に女の魂が乗り移って更に体が女っぽく変化したってだけで、実質的には男の体に抱きつかれてるに過ぎないから主人公的にそんなにおいしくないのかも。男とか女とかそんな概念に意味があるのかわからなくなってくるけど。

とりあえずななこにとっては唯一の心のオアシスさちこが主人公勢に加わるわ、主人公を他の女に取られてるわでとてもじゃないけど見せられない状況だなー。きっと泣いちゃうよ。



193ミリ

この辺はバトルというかショー。割と映像的に何やってるか予測できそうな所だから差異が気になる。

・うんこ
倒しても増えるだけなのに戦ったり、攻略したようで攻略できてなかったり、敵が勝手に攻略されてくれたり、色々と思ったとおりにならない感。
まあBLEACHにおいては映像見る限り明らかに最善手じゃない不可解な行動とってるなんてよくあるお話で、元々不条理なんだから合理的に進めようとするのが難しいのは当たり前だ。私もコミックス読み返さなきゃなんでこんなことしたのかよく分からなかった。でも当たらずも遠からず的なところもある。
本物と偽物の違いはよく見れば分かるとおもう。というか丁寧に図解で解説してくれてる。


・呪い人形
藁人形的なのは分かりやすいし、なんでドロップ壊したら吐くのかもよく見れば分かる……かもしれないけど、なんで真っ二つが反映されないのかは難易度高いな。
そんなこんなでなんだか超越的で絶対的な力の存在も明らかになった。エロ展開なんてどう足掻いても出来ないんだな。放送規制さん的には肉棍棒はおkだったみたいだけどな。
これがある限りななこの願いは安泰なんじゃないか。みんないったい何と戦ってるんだ。
しかし実際この力は存在してるから困る……。最近の話でひよ里の胴真っ二つが見事に規制されてるのを予測しているかのよう。


・映画
既にネタバレ全開だけど、もうすぐ更なる映画内容ネタバレOPEDの時期に入るのか……。
一応正確な映画公開日は198話の次ね。

ちなみに私がリアルタイムで放送追い始めたのは194ミリからだったと思う。ここからはアニメオリジナル要素に関しても覚えてる限りはまるわかりだ。



ついで
実写37ミリ
♪ネクロフィリアの男さーん
羽織らせてあげたんだから帰れがいい感じに理不尽。でも帰れってことこの羽織はもらっていいんだよね。とりあえず質に入れてまた出直すことを繰り返して経済的に追い詰めていこう。


実写38ミリ
予想しえない方向性のバトル。
どうでもいけど同じ家の中で大声出してても気付かれないものなのか。実はみんな気づいてるけど気を遣ってる的な



どうでもいいけど結局奇跡って何なのかよくわからない。
能力原理的には主人公は自由に奇跡を起こすという全知全能の神にも等しい力を持っているような気がして、「自分より少し強くなる能力」の論理を奇跡的に超越して強くなることも可能だと思うんだけど、作中割と負けまくってるからあんまり強い印象ないんだよね。
  1. 2010/09/06(月) 05:47:09|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍187,188,189ミリ雑感


187ミリ

・デス太郎
今まで眼鏡太郎が七つの秘宝で健全育成条例を成立させようと目論んでいたことを知らなかったけど、彼が死亡したことを受けて心変わりした……というわけじゃないのか。
眼鏡太郎が七つの秘宝について調べてた事に気づいたのはきっとかなり過去の話だし、苦悩を分かってやれなかったってのは死ぬほど思いつめてたとは思ってなかったとかそういう事なのかな。
どうしたって校長への恨みはあったんだから、今までは機を伺って演技してたのは間違いない。もしナレーターが言ってないなら筋も通る。というかもうナレーターもメタ的な存在じゃない単なる実況者として物語内に収めたほうがいいな。
それはそれでもっと校長殺しやすいようにネタばれするタイミングを考えろとは思うけど……。


・ななこ
人が死ぬような事態に陥ってるのにさもどうでもいいかのようにざっくり切り捨てるななこは素敵だと思いました。でも実際気の持ちようでどうにかなるような話だしそういう視点って大事。


・校長
やせ細ってるとか言われてるけど信じられないぐらいムッキムキだった。肩幅が頭6つ分ぐらいあったよ。



ここはミステリで言う解決編みたいなところだからつじつま合わせ大変そうだった。割と無難にまとまった



188ミリ

・主人公
命を捨てることも厭わない想いに対する答えは主人公ならそうだろうなと思った。実際にななこが死んでない満たされた状態にある主人公が言っても多少説得力に欠けるところはあるけど。というか主人公ならななこが死んでも「奇跡的に蘇ったのだ!」とか余裕で出来るそうだ。ななこに対する想いで生まれた力なんだからななこに対して作用する力はとりわけ強いはず。

なんだかこんなふうに主人公が主人公みたいなこと言ってると主人公らしくなくて違和感あるな……。って書くと何が言いたいのかわかんない。
しかし最終的に論拠がななこへの想いにシフトするところは主人公らしいか。

冷静に考えると奇跡が解けるとか解けないとか何いってんだ。
もうデンジャラススーパー上位奇跡は長くて言いにくいからDSHM(Dangerous Super Higher rank Miracle)って呼ぼう。他のもM・HM・SHM・HHM・MHM・DHSとかにしよう。うそです。


・ななこ
ずいぶんデレてるなーと思う。これが主人公以外のキャラだったら気持ち悪いって叩いてるところだろうに。
あと真っ先に主人公の心配するところもね。


・デス太郎
なんで七つの秘宝を使って眼鏡差別をなくすとか眼鏡太郎を生き返らせるとかいう発想はないんだ。まわりくどい!

忍法が一部聞き取れなかったけどwikiはきっと知ってる人が直してくれるだろうきっと。


・お嬢
着々と腐女子への道を歩んでるように見えて仕方ない。もうだめだ。



バトルは特に突っ込みどころがないなー。バトルなのに作画が変とか特に見所ないじゃない。



189ミリ

・主人公
不意打ちし過ぎだけど、これが主人公の性分だし、ななこも卑怯な手段肯定派だから「ななこを悲しませない」という目的にはすごく沿ってる。

・校長とか
貫禄だから大丈夫からガチホモれなかった反動でロリコンに辺りの荒唐無稽な設定の連続がやけに面白かった。

というか校長とゴツ男がななこ争奪戦とか繰り広げてるけどさ、これ当然ななこの許諾を前提にしてるわけじゃないよね。闘い抜いて自分以外のライバル全員倒したところで別にななこが手に入るわけじゃなくてせいぜいななこに告白する権利が得られるだけで、ななこが「あっそ、だから何?」って言って終わりなわけでしょ。
命を懸けた真剣勝負の末に待っているのがそんな結末だなんて想像しただけでおもしろすぎる。馬鹿すぎるだろこいつら。


なんだかんだでここもうまいことまとまったな。特にお嬢がまた隠れ住む生活に逆戻りする理由とか綺麗に繋がってる。
本編も似たような感じで、デス太郎はゴツ男を殺されたことで校長を恨んで復讐を企てていたけど、校長はユウキに侵されてもう助からないゴツ男を楽にしてあげただけでむしろゴツ男は校長に感謝してて、デス太郎はそれを知って満足したみたいな話なんだろうな。あんまり面白そうに思えない。



ということで七つの秘宝編終了。
総じて、やっぱり知らないキャラの知らない話となると感情移入むずかしいというか。どうにも楽しみづらい。
まあこれ以降は全部見てるからこんなのも最初で最後だ。

さて、次回から本筋に戻る展開楽しみ。果たしてここまで逸れてしまった話をもとに戻すことはできるのか!
……なんというか本編は「大人の事情」が次回予告に公式ワードとして頻繁に登場する始末だから、このひどい感じを受け入れて見守れるぐらいじゃないとファンなんて務まらないんだよ……。




ついで
実写36ミリ
そういえば忍者族に女一人なのに変装とか意味ないよね。
さちこ「変装は完璧だったはずなのにどうして!?」
忍者「忍者族に女は一人しかいねーんだよ!」
って展開になるよね。どうやって折り合いつけてたのかもう忘れてしまった。
あとはななこ罵倒が「死ーね」と「気持ち悪ー」が今まであんまり聞いたことない感じでよかった。おんぶするというシチュエーションに萌えるとかそんなこと言ってる場合じゃないよね。



あとzoome有料化。
zoomeは今まで通り続けられるのと(今のところは)削除される心配が少ないって利点に毎月100円払う価値があるのかどうか。
ニコ動は削除対策大変そう。というかニコ動だとコメント付かないって逆だろ!少なくとも私はするしされる可能性多少上がるんじゃないの。
他のコメント機能付き動画サイトにはsaymoveとかぱらすてとかあるけど住民がめちゃくちゃ排他的らしいね。ライトさんが上げたけいおん見たけど恐ろしいことになってたし。というかこの辺は直接当該サイトに動画を上げる形じゃなく、まずzoomeとか他のサイトに上げてそこからリンクしないといけない寄生型らしい。あれ?
あとは可能性あるのはなんとか動画ぐらいだと思う。しかしどの程度消されるのかとかは試してみないとわからない。

まあ最終的に決めるのはにこさんだから私はいちファンとしてついていくだけだ。
  1. 2010/07/26(月) 06:55:24|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍186ミリ雑感


・主人公&ななこ
やった!いい感じにありそうであんまりない夫婦で共同戦線だ!
……と思ったら映像が予想以上に手厳しくてそうでもなかったという。

一緒に戦う方向でななこのツンにも諦めの色が見えてたのにね。ななこのデレ心が本編のそれを上回っているとわかっただけでもよかったか。
もっと本心を出しすぎてしまったことを恥ずかしがってもいいんだよ!


・七つの秘宝
簡単に願い叶いすぎてもアレだから、相応の代償としてロリ少女の命はいい落しどころかなあ。
この条件だとななことか幼馴染とか諦めざるを得ないし。つまりななこにとって3回目ぐらいの絶望の瞬間でもあったのか。どうすんだこれから。

ロリ少女の復活を包含するような願いにすればいいんじゃねって気もするけど。これは成就可能な願いを定義する人がどこまで融通効かしてくれるのかという神の領域に触れる問題で難しい。


・おでこの男
仲間認定した直後のこの展開ひっでえ。


・デス太郎
本編的に考えてオリジナルキャラがずっと味方についてると後々めんどうな事になるからだ、敵にしてしまうってのは簡単な問題解消法だけど、二人とも敵ってまたストレートな……。

そんなこんなでピンメガネはかませで黒幕はなってしまったデス太郎。忍☆忍的にはどうなんだろう。
裏切ったかのように見せかけてって言ってたし、有耶無耶な感じで終わってしまったけど、今から軌道修正はできるのか、むしろ今までと同じ方向性を貫き通すのか。難しいところ。




ついで

実写35ミリ
私も忘れかけていたよアメリカーンの特性。さすがの影の薄さだ。
なんだか失礼しまーすも持ちネタになりつつあるな。無駄にお辞儀するシーン多いもの。
  1. 2010/07/12(月) 21:12:47|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍☆忍183,184,185ミリ雑感


・蝶々
今まで周囲を飛び回ってただけなのに、このシリーズ入ってからやたら指に止まるようになった感。これは蝶々の凶暴化の兆候と言えるのではないか。
そこら中に指を食われてる人がいっぱいいるんだと思う。


・新聞記者vsネクロフィリアの男
新聞記者はいい加減けじめつけるべきだよね確かに。でもどさくさにまぎれてななこと結婚しようだなんて烏滸がましい。そのへんの男で我慢しておけ。


・スキンヘッドの男vs69
すごいハゲ率だ! 
よく考えたら本編的にスキンヘッドの男が登場したことに関して必然性はあるな。ハゲがいっぱいいたから来たと大して変わらないレベルの根拠だけど。

この辺は忍者族の中でも主人公に加担する派と原理主義派の争いで内部分裂的な救出編の焼き回しくさいあれかな。
また奇跡戦争か!
結局1ミリ後には何事もなかったかのように終結してたけど。何の意味があったんだ。


・お嬢
IQは一本取られたというか、気付かなかった。本編ではもうIQ278とかなってんのか。人間じゃねえ。
しかしIQは同年齢の人間に対してテストを行った結果の平均を100とした時の偏差値のようなものだから、子供だからIQが伸びるってのはおかしいんだ。5歳で満点取れればとんでもない数値たたき出せるけど、20歳で満点とっても大した数値にならなかったりして、IQテストという枠組みの中で頭の良さを測ろうとしている限り、どうあがいても時間が経てば経つほどIQ値は下がらざるを得ない。
まあおそらくIQ5000の超能力持った怪獣とかいそうな世界だろうからこんなツッコミは野暮だろうけどね。


・忍者学校
この世界住民はいったいどんな教育を受けて子供時代を過ごしたらこんな大人になるんだっていう謎のうぶさを持ってるな。

しかし忍者学校に恋愛ご法度なんて掟あったっけ……。そこら中で恋愛行われてるし、そもそも規範を示すべき校長ですら恋愛してるし、それどころかホモ同士の結婚が頻発してるということはシステム自体が法に触れてるしあってないようなもんだそんな掟。
そして同性結婚が認められてるということは少なくとも忍者学校は日本国外にあるってことだよね。いやそんな常識通用しない気もするけど。イメージ的には日本国内に独立国家を形成している感じ。


・に組の団長&ピンクのおっさん
ピンクのおっさんはどんどんいい人化してるけどパンツ好きは周知の事実なんだろ。今更こそ泥の事実ぐらいで周囲の印象なんて大して変わらないから、下着を盗んだことを告白して前に進むべき。そして団長を孤立無援にするべき。罪は償わないことには二度とみんなと一緒に笑って変態行為なんて出来ないんだぞ。


・アメリカーン
上の下ってことはものすごくはっちゃけた技使いなレベルアップ後の白髪の男よりも強いということか。レベルアップ前でも巻き込まれて死にかけてたくせにっ。

今回は主人公のそばにいなくてもまるで主人公みたいな活躍できてよかったね。アメリカーンのためのシリーズと言っても過言じゃないんじゃないの。


・眼鏡太郎
眼鏡の何がいけないって言うんだ!
虐げられてきたからってのは合ってんじゃないかな。悪魔女の時しかりで、敵を作って攻めさせるにあたってこの過去設定は便利なんだよ。安直といえば安直。

眼鏡を失って見えなくなったけど第3の目があるから大丈夫の流れはなんだか合理的で綺麗だったな。ますますブラッディアーマーとはなんだったのか感が強調されたけど。

取ってつけたように7つの秘宝のことはすっかり忘れてた。
なんでもできるなら眼鏡が差別されない世界を作るとかもっと良い使い方があったろうに、よっぽど復讐心で目が曇って視野狭窄に陥ってたんだろうな。



眼鏡太郎の思惑はピンメガネの思惑に対して独立してたみたいだし中ボスを倒したぐらいの意味しかないのか。
あとは既に集まっているはずの七つの秘宝とロリ少女に秘められた力の関係とか。「タッカラプト・ポッポルンガ・プピリット・パロ」的な役割をはたすのか。





ついで
やっぱり再炎の本編は見てなかったみたいだ。

実写32ミリ
インテリ野郎は弓矢という武器の性質上再現が難しいからとか、必須戦闘になる変な顔の男の再現も難しいからとか言われてた。実際のところ真相は謎。
わかんないけど話の流れ的に花子(仮名)じゃないのあれ。

実写33ミリ
まあ今回も見えてるよねうん。
何回見てもここらへんはななこが主人公のこと想い過ぎて見てるこっちが恥ずかしくなるなあ……。

実写34ミリ
責任を取れってセリフでななこが主人公に「責任取りなさいよね!」って言ってる様子が思い浮かべべべ。
グラサンの男関連の省略されっぷりに笑った。
この四角い提灯が並んでるのは13ミリの忍者祭りじゃないの。というか音無くても何歌ってるかわかるぐらい何回も見た……。
  1. 2010/07/08(木) 06:57:28|
  2. 忍☆忍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ